とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

Canonのエントリー機(8000D・X8i)にはバッテリーグリップが付く!

      2015/12/30

他社新機種との比較同社クラス別の比較同社機能別の比較
などなど今まで、Canonのエントリー機を含めて色々記事を書いてきたが…

Canon機ってエントリー機ながらバッテリーグリップがつくのね!

これは思わぬ見落としがあった。他社のエントリー機新製品であるPENTAX K-S2やNikon D5500には装着できるバッテリーグリップが存在しない。「別に要らねえよ!」って人には気にならないかもしれないが、長時間撮影する際はバッテリーが追加で装着できたり、縦持ちしやすいグリップが装着出来るのは嬉しいことだ。

それにあえてカメラを大きく見せることで「良さそうなカメラ使ってるなあ」と一見して見栄を張ることが出来る

特に8000Dのターゲットは「Kiss」のロゴに気が引けるお父さん。8000Dにバッテリーグリップを付ければ、そこら辺の中級機とそんなに見た目が変わらない。しかも、電子ダイヤルも2つ装備していたりサブ液晶も装備していたりと本格的。

形から一眼に入りたいならこの機種はかなり良いのじゃないだろうか?形から入らないのならK-S2を私はおススメするが!(笑

動画と相性が良さそうだ

単にバッテリーグリップ目当てであれば、価格が同程度のEOS70Dと言う選択肢で良いと思う。が、8000Dは特に動画が強化されており、70Dよりも出来ることが多い。

しかし、ひたすらペンタミラーを上げっ放しでセンサーをフル稼働させているのはバッテリーの消費を意味する。バッテリーの交換できるシチュエーションで無い時(例えば1カットで撮影したい時など)などはバッテリー拡張の必要性をかなり意識するはずだ。特にHDR動画やフィルター動画などは処理能力を使う分バッテリーの損耗も激しいと思われる。そんな時にバッテリーを拡張して、少しでも長く撮る事が出来るのはバッテリーグリップの恩恵に他ならない。

風景はやはりNikonやPentaxのローパスフィルターレス機の方が撮り易いかもしれないが、運動会やコンクールなどの動画撮影では8000Dがかなり有利だろう。K-S2もバッテリーグリップ付けれんもんかなあ…。

Canon公式EOS 8000Dページはこちら
各社カメラ購入比較早見表はこちら
各社レンズ購入早見表はこちら

Canon バッテリーグリップ BG-E18

新品価格
¥12,888から
(2015/4/12 16:43時点)

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 8000D ボディ 2420万画素 EOS8000D

新品価格
¥95,060から
(2015/4/12 16:44時点)

Canon バッテリーパック LP-E17

新品価格
¥5,498から
(2015/4/12 16:49時点)

関連記事

 - カメラ, カメラ ボディ ,