とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

PENTAX フルサイズ機の四方山話その2 :K-1(仮)にはMilbeaut新型=「PRIME IV」が搭載される?

   

Milbeautとはなんぞや?

sn_pr20151022_01_photo

PENTAXのデジタルカメラに使用されている画像処理エンジンは「PRIME」であり、その「PRIME」のベースになっている物が 「Milbeaut」というイメージングプロセッサだ。元々は富士通が製造していたイメージングプロセッサだが、現在はパナソニックとのシステムLSI統 合会社「ソシオネクスト」の事業の一貫として継続している。
参考:ソシオネクスト「Milbeaut」とは

現行のPENTAX K-3系に搭載されている「PRIMEIII」はその「Milbeaut」の第7世代M7-Mが使用されているらしい。当然、フルサイズ機もPRIMEの流れを組むMilbeautが搭載されると思うのだが、昨月の22日に「第8世代Milbeautの開発と量産出荷の開始」が報じられた。

主な改善点は「4K動画」「パノラマ撮影時の歪み補正」「ノイズリダクション」「高感度機能の最適化」また、「超解像度が最大4倍(デジカメでよくある超解像のシステムの方。RRSではない)」との事らしい。

これが今年の秋に量産出荷を開始して、PENTAX K-1(仮)にカスタマイズされて搭載されるのだとしたら、冬に試行を重ねて春に発表と言うのも頷ける。つまり画像処理エンジン「PRIME IV」の誕生とな?

「ノイズ処理」「4K動画」は期待出来るし「リアルレゾリューションシステム」による解像度の向上まで及ぶと良いなあ…。

まあ、あくまでも「噂話」なので妄想半分・現実半分で楽しみましょう。

ちなみに元ネタ:PENTAX Forum Milbeaut m-8m for K-1?

PENTAX関連

 - PENTAX, カメラ, カメラ ボディ