とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

【機材紹介】たまには格安スマホ用レンズ(魚眼・マクロ)で遊んでみよう!

      2016/02/24

P1010396

このサイトをご覧になってる方の殆どが、一眼カメラやコンパクトデジタルカメラの利用者だと思う。

それならやっぱり写真は画質の良いデジタルカメラで撮りたいのは至極当然。でも、カメラを持ち歩けない・大きすぎるってシーンもあるのではないでしょうか?そんな時に活用するのがスマートホンの背面カメラ。

ここ最近のモデルは格段に性能が向上しており、iPhone6sでは4K動画すら撮れてしまう。
ちょっと寄って撮影すればボカせるし、広角よりの画角はスナップ的な撮影にも便利。

そして、この背面カメラをもっと活用する事が出来るアタッチメント型のレンズがかなりお手頃に売っていたりする。

今回はそんなスマホ用レンズの話。これが安くて面白いんだな

実売2千円前後でレンズが4つも買えてしまう

P1010399
ということで買ってみたのがコチラ。XCSOURCEのレンズ4点セットでAmazon1360円。同じような商品が同じような価格で出回っているので、取り敢えず安めの商品に手を出した。

  • 180°魚眼レンズ
  • 0.67倍に画角を広める広角レンズ
  • 接写可能なマクロレンズ
  • C-PLフィルターレンズ

これだけ入って1360円ってなんなの?と感じるかと思うが、一眼カメラのレンズと比べると性能差は歴然。画質はもちろんトイレンズ並。しかし、普段使っているスマホに取り付けるだけで遊べるので魚眼やマクロレンズなどインパクト優先のレンズは結構活用出来る。

実写

P1010392 取り付けはクリップ式でレンズの場所に合わせて挟むだけ。もちろんずれる。

また、マクロレンズは画角が狭まるのでいいが、広角・魚眼レンズは周囲がケラれ(四隅が暗くなる)てしまう。これは、このアタッチメントレンズがiPhone6系の出っ張ったレンズに対応しているので、まっ平らなXperiaのレンズでは焦点距離が変わって来るのかな?と推測。

マクロレンズ(XperiaZ1で撮影)

DSC_2827

DSC_2834

如何だろう?まあ面白いくらい接写出来る。

しかし、接写するにはかなり近寄る必要がある上に、スマホのオートフォーカスが迷いまくってあまり役に立たなくなる。さらに周辺がガッツリ流れるので、これがなかなか難しい。接写するので自分の影が写り込む事が多い点からしても悩ましいところ。このマクロレンズにワイドレンズを装着することで接写可能な0.67倍の広角レンズになる。普段使うならコチラがオススメ

マクロレンズ(iPhone4s)

IMG_5695

マクロレンズ+0.67倍広角(iPhone4s)

IMG_5696

180°魚眼レンズ(iPhone4s)

IMG_5700

電話として使うXperianに取り付けておくと何かと邪魔になるので、既にお役御免のiPhone4sに装着。これがXperiaよりも相性が良い。理由は不明なものの、埃かぶっていたiPhone4sの新しい活用方法が見つかった気がする。

どのレンズも接写可能なので、物撮りや花などとは相性が良さそうだ。

235°スーパー魚眼レンズも勢いで買ってみた

P1010403

なんと180°を越えて235°のワイドな画角をカバーする魚眼レンズ。こちらは1つで1600円。価格には相応しく、他のレンズと比べると随分レンズがデカイ。

XperiaZ1

DSC_2839

iPhone4s

IMG_5692

案の定ガッツリとケラれます。しかし、235°の魚眼は伊達じゃない、なかなかインパクトのある歪み方をしてくれるぜ!これを一眼カメラで再現しようとしたらお金かかるものね。お遊び程度なら丁度いい金額で丁度良い画質。ブログ程度ならイケるかな?

ちなみに屋外の写真がXperiaZ1で屋内の写真がiPhone4s。ケラれの範囲がiPhone4sの方が狭いのはセンサーサイズに違いがある為か、レンズ・センサーの作りの問題かは分からない。手持ちのスマホで相性が良いのはどうやらiPhoneの様だ。

Amazonには他にも、望遠レンズや顕微鏡レンズなど面白いレンズが安く揃っている。もし興味があれば下にリストアップをしておくのでご覧になってほしい。

Amazonで探す
スタンダード
望遠レンズキット
顕微鏡キット
235° 超魚眼キット

 - カメラ, スナップ撮影, 写真が面白くなる100の方法