とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

キヤノン超望遠ズーム『EF 200-600mm F4.5-5.6 IS』が発売されるかも?

   

純正の超望遠ズーム登場なるか?

200600-728x200Canon Rumorsにてこんな記事を見つけた。200-600mmと超望遠ズームレンズ。しかもテレ端が結構明るい。
特許を出願中というだけで、まだまだ実現までは遠そうだが、そんなレンズが将来的に発売されるかもしれない。

サードパーティ製のシグマやタムロンからは150-600mmF5-6.3で2種類のレンズを15万前後や10万円前後で発売しているので、キヤノン純正のこのレンズの価格が気になる所だ。一方ニコンは『AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR』と言うズームレンズで15万円前後という純正では破格な価格を発売している。

純正の現行レンズでこの焦点域をカバーするのは『500mmF4』『600mmF4』『800mmF5.6』と価格がぶっ飛ん単焦点が多い。それだけに、比較的お手頃な超望遠ズームレンズを純正で揃えられるようになるのは有難い。(『EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM』で20万円で、以降はエクステンダー搭載型か単焦点レンズのみ)

さてさて、望遠端が100mm長い上でF5.6の明るさを実現したEF200-600mmはおいくらになるのやら。現行レンズの隙間を埋めるレンズとなると50万円前後の価格になると買い手がつきそうな感じがする。

 - Canon, Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, カメラ, カメラ ボディ, レンズ