とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

α6500 ILCE-6500はα6300・α6000と比べて何が違うのか?【比較】

      2016/11/27

速報

国内で公式発表

公式ウェブサイトはコチラ

簡易検索リンクは通販サイトが出品し始めると検索にHITするようになります。α6300と比べてそこまで価格変動がありませんが、機能的に価格差以上の価値が存在します。α6000と比べると遥かに高価なモデルとなってしまいましたが、ハイエンドなAPS-Cミラーレス一眼クラスで考えると安い方だと思います。

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
α6500 ILCE-6500 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

タッチパネルとバッファ超強化で帰ってきたα6500

今年の春にα6300が新登場していただけに、誰もが予想していなかったα6500が突如として正式発表されました。

基本スペックはα6300をベースとして、5軸手ぶれ補正と従来モデルとは段違いのバッファ性能を誇っているようです。

今回は3モデルとなったα6000シリーズを買うなら、今どのモデルが買いなのか?を比較検証していきたいと思います。

外観比較

正面

α6500

a6500-f

α6300

a6300-f

α6000

a6000-f

背面

α6500

a6500-b

α6300

a6300-b

α6000

a6000-b

α6500とα6300のデザインはほぼ変わらないと言っても良さそうです。

上面

α6500

a6500-t

α6300

a6300-t

α6000

a6000-t

α6500はグリップが僅かに大きくなっており(スペック表を見る限りでは5mm増)、カスタムボタンが一つ追加されています。

手ぶれ補正を搭載しているためかボディがやや肉厚になっていますね。

スペック比較

画像処理

センサー

α6500 α6300 α6000
有効画素数 約2420万画素 約2420万画素 約2430万画素
ローパスフィルター あり あり あり
手ぶれ補正 5軸 5.0段 レンズ側対応 レンズ側対応

従来のαシリーズにはなかった5軸5段の手ぶれ補正が搭載されています。

α6000シリーズで初になると共に、ミラーレス一眼(APS-Cセンサーサイズ)における初の手ぶれ補正搭載モデルと言えるかもしれません。
(*補足:PENTAX K-01が初でした…。競合X-T2やEOS M5と比べると優位性がありますね)

レンズのバリエーションが少ないAPS-C用Eマウントレンズの補完として、手ぶれ補正の搭載されていないFEマウントの単焦点レンズなども使いやすくなりそうです。

処理エンジン・記録形式・方法

α6500 α6300 α6000
画像処理エンジン BIONZ X BIONZ X BIONZ X
RAW形式 14bit 14bit 14bit非対応
メディアスロット メモリースティック
SD/HC/XC UHS-I対応
メモリースティック
SD/HC/XC UHS-I対応
メモリースティック
SD/HC/XC UHS-I対応

露出制御

α6500 α6300 α6000
測光方式 1200分割分析測光 1200分割分析測光 1200分割分析測光
測光範囲 EV-2- EV20 EV-2- EV20 EV0- EV20
ISO感度 100-25600 100-25600 100-25600
拡張ISO感度 51200 51200 なし
露出補正 +/- 5 +/- 5 +/- 5
備考

連写・AF

オートフォーカス

α6500 α6300 α6000
方式 ファストハイブリッドAF ファストハイブリッドAF ファストハイブリッドAF
測距点 425点(像面位相差)
169点(コントラスト)
425点(像面位相差)
169点(コントラスト)
179点(像面位相差)
25点(コントラスト)
測距輝度範囲 EV-1~20 EV-1~20 EV0-20
備考

スペックをざっくり見るとα6300と違いがありませんが、内部機構やソフト改善(BIONZ Xの高効率化)によりAF速度が向上しているようです。

シャッター・ドライブ

α6500 α6300 α6000
シャッター速度 1/4000-30秒 1/4000-30秒 1/4000-30秒
フラッシュ同調速度 1/160秒 1/160秒 1/160秒
高速連続撮影 速度 最高 約11fps 最高 約11fps 最高 約11fps
連続撮影可能枚数 JPEG:233枚
RAW:107枚
RAW+JPEG:100枚
JPEG:44枚
RAW:21枚
RAW+JPEG:21枚
JPEG:49枚
RAW:21枚
RAW+JPEG:21枚
備考 電子先幕シャッター
サイレント撮影
電子先幕シャッター
サイレント撮影
電子先幕シャッター

α6300と比較して、バッファが桁違いに改善しています。

秒間11コマの連写スピードでこれだけ連写枚数を稼げるのであれば、バッファが詰まるシーンはあまりなさそうですね。ボタン押しっぱなしでも20秒間連写し続けることが出来るのは驚異的です。

操作性

ファインダー

α6500 α6300 α6000
方式 OLED 0.39型
236万ドット
電子ビューファインダー
OLED 0.39型
236万ドット
電子ビューファインダー
OLED 0.39型
144万ドット
電子ビューファインダー
視野率 100% 100% 100%
アイポイント 23mm 23mm 23mm
倍率(35mm判換算) 0.70倍 0.70倍 0.70倍

 ライブビュー・モニタ

α6500 α6300 α6000
モニター形式 TFT液晶 TFT液晶 TFT液晶
モニターサイズ 3.0型
92万ドット
3.0型
92万ドット
3.0型
92万ドット
モニター可動ギミック チルト チルト チルト
タッチパネル 対応 非対応 非対応

これまでタッチパネルの採用に消極的だったαシリーズですが、ここにきてついにタッチパネル採用モデルとなりました。

競合のタッチパネルを採用しているモデルに搭載されている機能性はα6500でも使えるものと考えて問題ないでしょう。また、メニュー画面もタッチパネルを前提としてデザイン変更がなされているようです。

「タッチフォーカス」機能が搭載されており、ファインダーをのぞいたままタッチパネルを操作することでフォーカスレバーのような役割として機能させることが出来ます。

動画

α6500 α6300 α6000
映像記録方式 XAVC S
AVCHD
MP4
XAVC S
AVCHD
MP4
AVCHD
MP4
音声記録方式 LPCM 2ch
Dolby Digital
AAC
LPCM 2ch
Dolby Digital
AAC
Dolby Digital
AAC
記録サイズ・フレームレート 4K 30p
FHD 120p
4K 30p
FHD 120p
FHD 60p
HDMI出力 4K 30p
4:2:2 8bit
4K 30p
4:2:2 8bit

動画スペックは変わりありませんが、センサーシフト式の手ぶれ補正機構を搭載したので動画撮影時の熱処理が気になるポイントです。

その他機能

インターフェース・搭載機能

α6500 α6300 α6000
映像/音声出力・デジタル端子 マイクロUSB マイクロUSB マイクロUSB
HDMI タイプD タイプD タイプD
外部マイク入力端子 3.5mm 3.5mm なし
ヘッドフォン端子 なし なし なし
Buletuooth 搭載 非搭載 非搭載
WiFi 搭載 搭載 搭載
NFC 搭載 搭載 搭載
GPS 非搭載 非搭載 非搭載
電子水準器 2軸 2軸 なし
防塵防滴 対応 対応 非対応

Buletuoothの搭載によりGPSを搭載したスマホと連携して位置情報を写真に記録することができるようになりました。BuletuoothはWiFiと比べて電力消費が少なく、常時接続した状態を維持できる点でWiFiよりも優れています。

ボディ・電源

α6500 α6300 α6000
USB充電 対応 対応 対応
バッテリー NP-FW50 NP-FW50 NP-FW50
撮影可能枚数の目安 ファインダー 約310枚 約350枚 約310枚
撮影可能枚数の目安 ライブビュー 約350枚 約400枚 約360枚
大きさ 120.0*66.9*53.3mm 120.0*66.9*48.8mm 120.0*66.9*45.1mm
質量 (CIPAガイドライン) 約453g 約404g 約344g
質量 ボディのみ 約361g 約285g

まとめ

今から買うならα6300よりもα6500

a6500-f

なんと言っても5軸手ぶれ補正とタッチパネルが搭載されているので、使い勝手はα6300とは段違いに良好。

レンズに手ぶれ補正の搭載されていない単焦点レンズやオールドレンズもスローシャッターが使いやすくなるほか、ローアングルやハイアングル撮影でのタッチAFの利便性は抜群。

α6300よりもお高くなってしまうものの、その価格差以上の機能性は持ち合わせている。ちょっと背伸びしてでもα6500に行った方が良さそうです。サイズはほぼ変わらず、重量感もあまり変化ないので、これまでのα4桁シリーズ同様の使い勝手で扱うことが出来るのも利点ですね。

*国内で発売開始し次第、検索結果にHITし始めます。

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
α6500 ILCE-6500 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

 α6300は中古市場がねらい目

a6300-f

どう考えてもα6300を買うならα6500をおススメするところですが、α6300を手放してα6500に乗り換える人が続出するかもしれません。そんな時に中古市場でα6300が多くなる可能性があります。

今年の春に出たばかりのモデルですので、状態も良好で使い倒していない中古品も数多くあると思います。

α6000以上の性能でα6500と基本スペックが似ている性能を手に入れる事ができる。」と考えることもできます。そんなα6300をお値打ちプライスで手に入れる事ができれば、それはそれでいい選択肢なのかもしれません。

手ぶれ補正とタッチパネル、連写に魅力を感じなければα6300もなかなかの性能です。

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
α6300 ボディ 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
α6300 ズームレンズキット 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報 新品・中古情報

α6000を買うのもあり?

a6000-f

手ぶれ補正やタッチパネル、4K、電子水準器など機能面では大きく差をつけられているα6000ではありますが、価格が下落傾向にあるのでとても買いやすい値段となっています。

αシリーズの魅力である高速AFはこのモデルでも健在なので、手ぶれ補正搭載の高速AFが可能なレンズを装着して使用する分にはまだまだ現役と言えるでしょう。

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
α6000 ILCE-6000 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

 - SONY, α6300 ILCE-6300, α6500 ILCE-6500, αE シリーズ, カメラ, カメラ ボディ, 機種比較記事