とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

【比較】『PowerShot G7 X MarkII (2)』は旧モデル『G7 X』と比べて買いなのか?

   

powershot-g7x

ついにPowerShotのプレミアムGシリーズも第2世代に突入し始めた。

出だしはやはりキヤノン初代1型センサーの『PowerShot G7 X』がリニューアル。『PowerShot G7 X MarkII』として発売される予定とのことだ。1型センサーの市場はかなりヒートアップしており、元祖1型のソニーRX100シリーズを初めとしてパナソニックのLUMIX TX1・LX100、そしてニコンも1型センサー市場に参入するとの噂もある。

そこで、様々な1型センサーがある中で『PowerShot G7 X MarkII』を買うならこのポイントで決めよう!という点をご紹介していきたいと思う。

まずは2016.2.13日現在で判明しているスペックを旧モデルと比べやすい様に表を作成。更に情報が増えてきたタイミングでじっくりと先に進めていきたいと思う。

スペック比較

  G7 X MarkII G5 X G7 X
センサー 1.0型 1.0型高感度CMOS 1.0型高感度CMOS
有効画素 2000万画素  2020万画素 2020万画素
レンズ・f値
(35mm換算)
24-100mm
(F1.8-2.8)
 24-100mm
(F1.8-2.8)
24-100mm
(F1.8-2.8)
レンズ構成 9群11枚 9群11枚
手振れ補正 光学手ぶれ補正  光学手振れ補正
3段分
光学手振れ補正
3段分
撮影距離  5cm-50cm
(マクロ時)
5cm-50cm
(マクロ時)
AF 31点 31点
ファインダ 236万ドット
液晶モニタ 3.0型 104万ドット
チルト式可動
タッチパネル
3.0型 104万ドット
バリアングルモニタ
タッチパネル
3.0型 104万ドット
チルト式可動
タッチパネル
ISO感度  125-12800 125-12800
画像処理 DIGIC 7 DIGIC 6 DIGIC 6
シャッタースピード  30-1/2000秒 15-1/2000秒
連写 8コマ/秒  5.9コマ/秒 6.5コマ/秒
静止画記録  JPEG
RAW14bit(CR2)
JPEG
RAW12bit(CR2)
WiFi/NFC ○/○  ○/○ ○/○
水準器 ○2軸 ○2軸
バッテリー NB-13L NB-13L
連続撮影 215枚 (ファインダー)
210枚(モニタ)
320枚 エコモード
210枚
エコモード 310枚
大きさ 112.4*76.4*44.2mm 103*60.4*40.4mm
重量  377g 304g
備考 ボディ内RAW現像可能
ピクチャースタイル

主な変更ポイント

今分かっている範囲では3点。使わない人は使わないし、使いたかった人には朗報かな?というマイナーチェンジ的内容。

画像処理エンジンがバージョンアップ DIGIC 7

キヤノンの新世代画像処理エンジンとなる。

DIGICの最新バージョンはまずコンパクトデジタルカメラから搭載するという以前からのスタイル通り。今年の2月初めに発表されたEOS-1DX MarkIIはデュアルDIGIC6+だ。

処理エンジンによる評価は処理速度以外にも、ノイズ処理や色再現などのさじ加減も大きい。ニコンの画像処理エンジンはEXPEED3から4に変わるときに色再現が結構変わった。

ボディ内RAW現像が可能に

PowerShot G5 Xでも不可能だったボディ内現像に対応した。

パソコンで現像していた方は問題ないかもしれないが、直接クラウドやストレージで保存・プリントしてしまう方には朗報。

ピクチャースタイルが搭載

旧モデル『G7 X』には搭載されていない機能。一眼レフをお持ちの方であれば入っててアタリマエくらいの機能なのだが、実は入っていなかった。

これはカメラ内で様々な表現をする為の設定を細かく調整出来るモード。

キヤノン関連記事

 - Canon, カメラ, カメラ ボディ