とるなら~写真道楽道中記~

「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

αFE初の300mm望遠ズーム FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS【評価・作例】

      2017/05/07

  • 2017.5.7:Photozoneを「海外の評価」に追加・抄訳
  • 2017.3.3:ページを更新
  • 2016.7.15更新:参考サイト ePHOTOzineレビュー追加

レビュー・作例・参考サイト

購入早見表

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ
FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
フロントキャップ ALC-F72S 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
リアキャップ ALC-R1EM 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
72mm プロテクトフィルター 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
72mm PLフィルター 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
72mm NDフィルターフィルター 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

レンズデータ

レンズ仕様

名称 FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS
型名 SEL70300G
レンズマウント ソニー Eマウント
対応撮像画面サイズ ●35mmフルサイズ
焦点距離(mm) 70-300
焦点距離イメージ(mm) *1 105-450
レンズ構成 (群-枚) 13-16
画角 (APS-C) *1 23° – 5°20′
画角 (35mm判) 34° – 8°10′
開放絞り (F値) 4.5-5.6
最小絞り (F値) 22-29
絞り羽根 (枚) 9
円形絞り
最短撮影距離 (m) 0.9
最大撮影倍率 (倍) 0.31
フィルター径 (mm) 72
ADI調光対応
手ブレ補正 レンズ内手ブレ補正方式
テレコンバーター (1.4x)
テレコンバーター (2.0x)
フードタイプ 丸形バヨネット式
外形寸法 最大径x長さ (mm) 84 x 143.5
質量 約 (g) 854
付属品
フード (型名) ALC-SH144
レンズフロントキャップ
レンズリヤキャップ
ケース ソフトケース
その他付属品

MTFチャート

FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS-mtf

レンズ構成図

FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS-lens

純正フルサイズ対応Eマウントのレンズとしては初の300mmをカバーする望遠ズームレンズだ。

非球面レンズ4枚にEDレンズが2枚採用して諸収差を徹底的に補正、さらにナノARコーティングで逆行耐性の向上を図っている。この徹底した光学設計により、周辺部まで安定した描写を得ることが出来る。さらに最短撮影距離は0.9mとかなり近寄る事が出来るので、最大撮影倍率は0.31倍とテレマクロ的な使い方も可能だ。

このクラスにしてはお高めな印象を受けるが、その分描写性能はライバルに差をつけるパフォーマンスを十分に持ち合わせている。広角端・望遠端共に高コントラスト・高解像で、開放から中央・周辺部全域で安定した性能を発揮出来る。

リニアモーターによる高速なAFを実現すると共に、フォーカスリミッターやホールドボタンを搭載しているので操作性も秀逸。さらに、光学手ブレ補正を搭載しているのでローライトなシチュエーションでの撮影もより快適に楽しむことが出来るだろう。

また、防塵防滴に配慮した設計から急なコンディションの変化が心配される場合にも安心して担いでいく事が出来るだろう。

海外の評価

Photozone:望遠側の周辺画質が弱点

  • α7との組み合わせではバランスに疑問を感じるかもしれないが、これでも望遠レンズとしてはまだまだ妥当なものだ。
  • 製造品質は70-200mm F4 G OSSまではいかないものの、非常に良好なものだ。2つレンズにおける大きな違いは70-300mmはテレ端にズームするほど大きく鏡筒が伸びる点にある。
  • ズーミングによる動作は滑らかでがたつきはない。
  • AF性能はカメラボディに依存する部分が大きい。α7R IIで使用限りだとAF速度は印象的なものではなかった。
  • マニュアルフォーカスはバイワイヤ式だが機械的なフォーカスリングとの違いを見つけるのは難しい。
  • 手ぶれ補正は3段分の効果と評価している。
  • 歪曲は70mmで中程度の糸巻き型だが、中間域から望遠端にかけてとても僅かなものに変化する。
  • 周辺減光は絞り開放で1.5段程度であり、絞ると改善される。フルフレームの望遠レンズとしては一般的なものだ。
  • このレンズの解像力におけるスウィートスポットは広角端~中間域だ。70mmでは絞り開放でも優れた描写性能を発揮する。四隅はまだ非常に良好なものだが、F4.5は弱点となる。F5.6でこの点は解決している。
  • 200mmでは無視できる程度だが、より望遠端にズームするほど画質は低下してゆく。中央画質は300mmでもまだ良好だが、中央より外の領域ではF5.6では非常に苦しい。四隅でピークの性能を発揮する場合はF8まで絞ることをお勧めする。
  • テストした個体に偏芯は大丈夫そうだった。
  • 倍率色収差の補正はかなり良好だ。
  • ボケにおける最大の弱点はハイライトの玉ボケだ。非常に粗く不快なパターンとなっている。ボケ始めのアウトフォーカス領域ははるかに優れており、後ボケはやや騒がしいが前ボケは非常に滑らかだ。

正直に言えば、このレンズに少し失望している。このようなレンズは望遠端のパフォーマンスが大事であり悪くはない性能だ。しかし、高価なプライスタグやGレンズとしての価値を持っていないことは明らかだ。中央の解像力は300mmでも非常に優れておりどのようなセッティングでも性能を維持している。しかし、本当に心配なのは四隅のパフォーマンスだ。

広角~中間域までの画質はとても優れており、中央の非常にシャープな描写と概ねまともな周辺描写を持っている。倍率色収差は低く、歪曲はデジタル補正無しでも良好だ。

ボケは良いところ、悪いところが入り混じっており、ハイライトの玉ボケは粗いが一般的なボケ味は滑らかだ。ボケの色づきはこのレンズで気にしなくても良いだろう。

レンズの造りで不平を漏らすことはない。高品質な部材と耐候性のシールが施されている。ズーミングするとレンズがかなり伸びるがこのクラスでは一般的なものだ。手ぶれ補正は他のレンズと同じ3段程度の効果が得られる。

最終的な結論として、このレンズはパフォーマンスと比べてやや高価だ。300mmを使いたい場合、今のところ選択肢が他に無いが少し焦点距離に我慢出来るのであれば「FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G」がオススメだ。

更新履歴

2016.4.10

発売に先駆けてDPreview・FStoppersでレビュー記事が投稿されている。

α7RIIで使用した場合でも細部のディテールはしっかり解像しており、競合クラスよりもワンランク上の実力を発揮している。レビュワーによると、70-200F4 G OSS並だと言う。色収差は徹底的に補正されており、絞った状況では見つけるのが困難とのことだ。

ボケ味が綺麗ではなく、唯一のウィークポイントという意見があるので、実際に作例を見て確認すると良いと思われる。しかし、そのポイントを考慮しても買うに値する十分なパフォーマンスを備えている。

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

 - SONYレンズ, SONY中・望遠レンズ, カメラ, レンズ