とるなら~写真道楽道中記~

「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

EOS 5Ds R Mark IIは6000万画素センサーを搭載する?

   

CanonRumosがCR2の情報としてキヤノンEOS 5DsRの後継モデルに関する噂情報を発信しています。

CanonRumors(CR2)

  • 2017年に登場することはない
  • 2018年 第3四半期~第4四半期
  • 開発段階のプロトタイプがテスト中である
  • 5Dsシリーズは1台に統一される
  • ローパスフィルターレス
  • 新型6010万画素センサー
  • 新しいタイプの低画素モード
  • 4K動画対応だが、動画機能はこのカメラにおける重要なファクタではない
  • EOS 5D Mark IVと同じボディ
  • フォーカスピーキングは別の一眼レフカメラで最初に実装される
  • DPAF
  • WiFi
  • タッチパネル
  • GPS

とのことです。

Nikon D800・D800EからD810のローパスフィルタレス機へ統合されたように、EOS 5Dsシリーズもローパスレス機に統一されるのかもしれませんね。

正確には5DsRはローパスフィルタを2種類実装してローパス効果をキャンセルしてるモデルです。5DsR後継モデルでは他社と同じようなローパスフィルターレス機となるのか、キャンセラーを引き続き踏襲するのか気になるところです。

デュアルピクセルCMOS AFは最近のキヤノン一眼にとってトレンドとなった機能ですが、果たし5Ds系にライブビューの高速AFが必要なのかどうか…。それよりもミラーレス一眼のように瞳AFの必要性が高まってくるかもしれません。

フォーカスピーキングの実装は個人的にも歓迎したいポイント。EOS Mシリーズで実装されているにも関わらず、なぜ一眼レフで導入しないのか気になっていました。5DsR後継よりも前に登場する一眼レフとの事ですので、APS-C用の80Dや7D Mark IIの後継モデルが控えていると言う事でしょうか?

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

 - Canon, Canon関連の情報, EOS 5Ds R, EOS 一眼レフ, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報