「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canon Canon関連の情報 カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

キヤノンが側面にも可動する新しチルト液晶モニタを開発している?【他大量の特許情報】

投稿日:

CanonNewsがキヤノンの特許出願を大量にピックアップしています

14mm F2.8L

キヤノンは色収差性能を向上させた14mm F2.8L超広角レンズの設計をしている。

  • 焦点距離 14.42
  • Fナンバー 2.80
  • 画角 56.31
  • 像高 21.64
  • レンズ全長 118.28
  • BF 40.00
  • 日本国特許出願2018-054988

EOS Mの新しいチルト機構

この特許出願はEOS-Mシリーズの新しいチルトモニタで側面と上下へ可動する。これは素晴らしい。

  • 日本国特許出願2018-054913

10mm F2.8 APS-C BRと35mm F1.4 BR

  • 35mm F1.4
  • APS-C 10mm F2.8
  • 両方ともBRレンズを採用
  • 日本国特許出願第  2018-54914号

新しい円形絞り

異なる形状の羽根と機構を用いることで構成部品を増やすことなく任意のF値で円形絞りを得ることが出来るように見える。光芒好きには好まれないかもしれないが、これは素晴らしいものだ。

  • 日本国特許出願2018-054925

フルサイズ用大口径単焦点レンズ

新しい24mm F1.4・50mm F1.2・85mm F1.2の特許出願は色収差補正と像面歪曲を改善している。

APS-C用高倍率ズーム

APS-C一眼レフ用の高倍率ズームレンズ(光学16倍)の特許出願だ。

  • 焦点距離…18.09-131.43-294.86
  • Fナンバー…3.49-4.58-5.76
  • 画角…37.06-5.93-2.65
  • 像高…13.66-13.66-13.66
  • レンズ全長…201.18-235.70-245.66
  • BF…41.46-59.71-56.04

とのこと。

新しいチルト機構は富士フイルムの3Wayチルトと似ていますがより角度を稼ぐことができるみたいですね。

小絞りでも円形を保つ絞り羽根やリニューアルが遅れているAPS-C用高倍率など期待したい特許出願が多く登場しています。是非とも日の目を見る特許であって欲しいところ。

サイト案内情報

キヤノン関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Canon, Canon関連の情報, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報