「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Tamronレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

タムロン 70-210mm F/4 Di VC USDはキヤノン・ニコンよりも優れた光学性能【海外の評価】

投稿日:

Lenstipがタムロン交換レンズ「70-210mm F/4 Di VC USD」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

Lenstip

  • このレンズはベトナム製である。
  • 28mm幅のフォーカスリングの感触はとても好みだ。ピント距離全域の回転角は190度である。リングは滑らかに動作し程よく減衰されている。
  • 39mm幅のズームリングは70mm・100mm・135mm・210mmで印字されている。リングは滑らかに動作するが、もっと減衰されていると良かった。しかし、不満を言うほどのものでは無い。
  • 手振れ補正の効果は実際にテストしてみると3.8-3.9EVの最大値を示した。これはタムロンが主張する補正効果と合致した良好な結果で賞賛に値する。
  • 解像性能:
    ・中央:135mmが最も良好で絞り開放からすでに40lpmmを超え、絞ると45lpmmに達するパフォーマンスだ。バランスは明らかに望遠側だが、70mmで何か問題があるわけでは無い。キヤノンと比べて全体的に良好、ニコンと比べて望遠側で優れており、トキナーとは似たような特性だ。これらレンズの中ではベストのパフォーマンスで良くやっている。
    ・APS-C枠:135mmが特に優れており、他は均質だ。弱点はどこにも無く、絞り開放で32~33lpmmに達している。ライバルはタムロンよりも優れておらず、ニコンが互角でキヤノンとタムロンは少し劣っている。
    ・隅:意外にも135mmが最も弱い。F4との組み合わせは明らかに弱いが絞るとF8付近で急速に改善しズームレンジ全域でベストとなる。全体的に賞賛すべきパフォーマンスでわずかな弱点は135mm F4くらいだ。ライバルが痛いほど弱点に苦しんでいるのでタムロンの弱点は些細なものだ。ライバルと比べてタムロン有利だが、ニコンとはいい勝負である。
  • 軸上色収差は完璧ではなく、135mmと210mmで僅かな影響がある。トキナーとニコンはこのカテゴリで同様の問題を抱えている。
  • 倍率色収差は全ての焦点距離・絞り値で平均的な性能だ。このカテゴリやライバルと比べて不利である。
  • 135mmで球面収差に関する問題は何もない。210mmではF4からF5.6に絞ると無限遠に向かって僅かにシフトする。
  • 歪曲はAPS-Cでもフルフレームでも不満の無い性能だ。70mmで僅かな樽型、210mmで1.48%の糸巻き型だ。このカテゴリは他のレンズよりも優れている。
  • コマ収差は70mmのフルフレーム四隅で視認できる収差が発生するが、210mmへ移動するにつれ緩和する。
  • 非点収差は我々の測定で6.9%と程よい数値だ。トキナーよりも良好でキヤノンと同等、ニコンよりも遥かに悪い。
  • ボケに関して不満を言うことは無い。玉ボケは美しく、縁取りも特に強くない。
  • 周辺減光は70mm  F4で-0.78EV、135mm F4で-0.66EV、210mm F4de-0.78EVだ。トキナーと同等でニコンよりも優れている賞賛すべきカテゴリだ。
  • 従来の70-200mmは逆光耐性があまりよろしくなかった。トキナーはただただ悲惨な結果で、ニコンはまだマシだが良好ではない。タムロンはニコンと似ている。
  • オートフォーカスの精度で大きな問題はないがフォーカス速度が我々が良質と定めている基準と比べて遅い。(D500でピント距離全域を0.8-0.9秒:理想は0.5秒未満)

長所:頑丈で防滴構造の鏡筒・優れた中央画質・とても良好なAPS-C枠の画質・程よいフレーム隅の画質・穏やかな軸上色収差・低歪曲・程よい非点収差補正・素敵なボケ・僅かな周辺減光・静かで正確なAF・効果的な手振れ補正・良好なコストパフォーマンス・5年保証(*海外の話です)

短所:AFリミッターが無い・倍率色収差の補正が効果的ではない・逆光耐性が弱すぎる・付属品がライバルと比べて少ない

本レンズは同カテゴリのレンズの中では最良の結果を発揮したレンズだ。ニコンAF-S70-200mm F4G EF VRは敗北を認めなければならない。さらに価格が約半分と言う事実を考慮するとさらに見事だ。

逆光耐性は本レンズで最も深刻な問題だが、補足すると他のどのレンズも逆光耐性は良くない。

要約すると、このレンズに対する評価は肯定的なものだ。キヤノンやニコンより光学的に優れ、そして遥かに安価である。

とのこと。

全体的に良好な光学性能のようですが逆光シーンは気を付けたほうがよさそうですね。作例を見ると確かにフレアとゴーストが発生しています。

オートフォーカスは「速く無い」と評価していますが、ニコンF4Gのテスト結果も似たようなものとなっています。ただし、タムロンにはフォーカスリミッターが無いのでピントが迷った時に差が出そうです。

参考 Lenstipによるライバルレンズのレビュー

70-210mm F/4 Di VC USDのレビュー・作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

-Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-