「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONY α7 III ILCE-7M3 αE シリーズ カメラ デジタルカメラ総合 機材レビュー 海外の評価

DPREVIEWがソニーα7 IIIのハンズオンレビューを掲載【海外の評価】

投稿日:

DPREVIEWがソニーα7 IIIのハンズオンレビューを掲載しています。

DPREVIEW

  • α7 IIから顕著な違いはボディがα7R IIIやα9と同じく第3世代に変更されたことだ。グリップは改善され、中には大容量化したZバッテリーを搭載するスペースがある。
  • 大きなグリップに加えて、デュアルカードスロットが採用されている。UHS-II対応だが、スロット1のみである。両方のカードに同時書き込みをすると遅いメディアカードが連写速度に影響を与えることになる。
  • α7R IIIやα9と同じ耐候シールが施されているが、α9と比べてはるかに軽いと感じる。
  • α7R IIIと同じく高度なカスタマイズが可能である。
  • オートフォーカスポイントを移動させる時にエリアが点灯しないため視認し続けるのが難しい。
  • バッテリーライフはα9やα7R IIIよりも優れているので感心した。α7 IIからアップグレードを検討しているならば、このポイントには感激するはずだ。
  • 2400万画素の裏面照射型CMOSはα9の1/160秒読み出し速度と比べて1/18秒と遥かに遅い。これは電子シャッターで素早く動く被写体を撮影すると歪みやすいことを意味している。
  • 手振れ補正はα7 IIの4.5段から5.0段に向上している
  • オートフォーカスはα7 IIIのエキサイティングなポイントだ。α9のAFシステムに基づき、α7 IIのAF性能と比べて2倍と言われている。我々が限られたテスト環境でチェックしたところ、α9の瞳AFと同等以上の性能を発揮していることが判明した。
  • 電子ビューファインダーは前世代と同じ236万ドットのOLEDファインダーだ。α7R IIIよりも低解像だが、ファインダー倍率は同等である。
  • タッチパネルモニタは第3世代のα7シリーズと似たインターフェースを備えている。最高のタッチUIとは言えないが、実装したことは有意義なことだ。
  • 4K 24p時は6K領域で撮影されるが、4K 30p時は5K領域となるため×1.2クロップとなる。内部記録は100Mbpsの4:2:0 8bitに対応しているがHDMI出力で4:2:2の出力が可能である。HLGやS-log3を使用する場合は8bitと言う点がネックとなるかもしれない。
  • スローモーション動画はフルサイズ領域で1080/120pで撮影可能だ。
  • 最近のソニー機と同様に「PlayMemories Camera Apps」は対応してない。ほとんどのカメラマンに影響はないはずだが、タイムラプスやインターバル撮影機能が使えなくなることを意味している。

とのこと。

個人的に「スカイHDR」は使いたかったのでアプリ非対応は残念です。また、インターバル撮影がカメラ内で設定できないのでインターバル撮影に対応するリモコンを用意する必要がありそうですね。

サイト案内情報

α7 III関連記事

ソニーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-SONY, α7 III ILCE-7M3, αE シリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材レビュー, 海外の評価