とるなら~写真道楽道中記~

「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

ニコン AF-S 500mm F4E FL ED VRは非常に軽量化された最高の500mm【海外の評価】

      2017/08/07

AF-S NIKKOR 500mm f4E FL ED VR

Photographylifeがニコン「AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR」のレビューを掲載しています。

Photographylife

  • このレンズは馬鹿げているほどにシャープだ。このレンズで撮影したコンドル自身が「シャープである」と言っているようだ。
  • このレンズはその前身から2ポンドの軽量化が施されているが、これは本当に差があるものか?これは子供の進学用貯金を崩してでも買う価値のあるものだろうか?答えは言うまでもない。キヤノンEF500mmを持つ友人に「買って後悔したことはないか?」と問うと「一瞬たりとも無い」と返された。そして、このレンズを手に取った私自身もそう言うことが出来る。
  • このレンズは比較的軽量だが、プラスチッキーでは無く質感は一級品だ。全てのスイッチが正確であり、三脚座はとても滑らかに動作する。フォーカスリングの操作感はミロのヴィーナスが肩から掛けているシルクのスカーフのように滑らかなものだ。
  • このレンズはMTF曲線ではなく、MTF直線だ。対照的に500G(前身)のMTF直線は完璧では無く、コーナーに近いほどややチャートが沈み込んでいる。しかし、実写でその差を確認することは難しい。もしもニコンが将来6400万画素クラスのカメラを登場させたとしたら、差が出てくる可能性がある。
  • ベンチテストの結果は500Gよりも優れているが、それだけで500Eを買うのは馬鹿げている。どちらも非常にシャープであり、500Gは恥ずべき性能のレンズでは無い。
  • 実際に違いが出てくるのは操作性だ。400mm F2.8や600mm F4と比較して軽く、さらに500Gよりも2ポンドも軽量化が施されている。決して軽いレンズでは無いが、フィールドを走り回って撮影したいと思うのであれば、軽量化されて持ち運びが便利な500Eは検討してみる価値があるだろう。
  • このレンズには蛍石が2つ採用されている。他の光学ガラスよりもはるかに軽いものだ。これが500Eの軽量化のキーポイントであり、蛍石を大きな前玉に採用することで500Gのようなフロントヘビーを解消している。
  • フロントが重くないので、適切な撮影姿勢を取ればとても安定した手持ち撮影が可能だ。500Gでは3:21が限界だったところ、500Eでは4:39まで耐えることが出来た。1分18秒と言う数字は大きな数字では無いと感じるかもしれないが、スポーツや野生動物の撮影でこの時間差は非常に大きな意味を持っている。
  • メモリリコールボタンは滅多に使わない。手持ち撮影の場合には左手のポジションから遠い位置にあるためだ。
  • スイッチはフロントヘビーな500Gよりも操作し易い。
  • ピープ音は野生動物を怯えさせないためにオフにしているが、騒がしいスタジアムでオンにしているスポーツ写真家を見たことがある。
  • 手ぶれ補正の性能は500GとEでは似ているが、長時間使用する場合には500Eが勝るだろう。手ぶれ補正の作動音は500Gよりも500Eの方がとても静かだ。
  • オートフォーカスはGもEも似たような性能でどちらも高速だ。メモリリコールを使用する場合には明らかに500Eが速い。
  • このレンズは理想的なBIF(Bird in flight)レンズになることを期待していたが、残念ながら、課題は他のレンズと同様だ。レンズよりも撮影技術を問われるだろう。500Eはオートフォーカスが改善されているとニコンは主張するが、私の見解としてはとても軽微な改善だ。これが500Gと比べる唯一のポイントならば、500Gからアップグレードしないだろう。
  • フォーカスリングを1/4ほど回転させると500Gは38フィート、500Eは23フィートとなる。500Gはピントの微調整が得意であり、500Eは素早いフォーカシングが得意だ。しかしこれは静止画で目立つ差では無く、動画撮影において違いに気が付く程度だろう。
  • 電子絞り化による影響で、500Gで10コマ連写するところを500Eでは11コマ連写できた。コマ数でみると僅か1カットの追加だが、これは「補足力が10%向上している」と置き換えることが出来る。
  • 両方を同じ露出設定で撮影したところ、やや暗く写る。
  • 玉ボケは丸くて均一だ。
  • このレンズはシャープすぎるので、ローパスフィルターを搭載していないカメラではモアレを引き起こす可能性がある。
  • 付属するストラップは何故か短くなっている。
  • CT-505ケースは前身のCT-504と比べてはるかに巨大だ。これは国内の機内持ち込みサイズを超えており、殆どの国際線の持ち込みサイズをはるかに超えるものだ。
  • 大きな三脚座にはアルカスイス互換のプレートはついていない。
  • このレンズにおける最大の問題は価格だ。このレンズを買わずに結婚することも出来る。
  • TC-14E IIIはIIと比べて周辺減光が大きい。しかし、有能なコンビネーションであり、テレコンによる解像度の低下を確認するのは難しい。
  • 最大撮影倍率は500Gと同じはずだが、500Eの方が僅かに大きく写すことが出来た。

このレンズに使われている光学技術は本当に驚異的だ。その前身よりもはるかに手持ち撮影が容易であるにも関わらず、シャープネスは抜群だ。電磁絞りによる連写性能の恩恵もある。

500Gよりもシャープだが、それはベンチマークテストにしか表れない。違いは極僅かであり、将来に超高画素機が登場するまでは大丈夫だろう。

「これは500mmにおける最高の単焦点レンズか?」と言う問いには「Yes」と回答することが出来る。

AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VRのレビュー・作例を集めるページはコチラ

購入早見表

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ
AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズフード HK-34 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
組み込み式円偏光フィルター C-PL405 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
AF-S TELECONVERTER TC-20E III 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
AI AF-S TELECONVERTER TC-17E II 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
AF-S TELECONVERTER TC-14E III 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
超望遠レンズ用ストラップ LN-2 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
トランクケース CT-505 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
40.5mmネジ込み式フィルター 40.5NC 新品・中古情報
新品・中古情報
かぶせ式レンズキャップ(AF-S 500mm f/4E FL ED VR用) 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

Flickr


サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

 - Nikonレンズ, Nikon中・望遠レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価