「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Tokinaレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

トキナーFíRIN 20mm F2 FE AFはLoxiaよりも良好なシャープネスのレンズ【海外の評価】

更新日:

Sony Alpha Blogがトキナー「FíRIN 20mm F2 FE AF」のレビューを掲載しています。

Sony Alpha Blog

  • オートフォーカスモーターは古典的で超音波ドライブではない。高速AFや静音駆動は期待しないほうが良いだろう。風景撮影やポートレートならば問題無いがBMXのような高速アクションには向いていない。
  • オートフォーカスは正確だが、AF-Cモードで時々AFが迷う。
  • シャープネス:
    ・中央:F2-F11までexcellent。F16で回折の影響を受けている。
    ・四隅:F2でgood。F2.8でvery good、F4-F11でexcellent。F16で回折の影響を受ける。
    ・遠景ではF2から四隅も非常に良好だ。優れたパフォーマンスのレンズである。F2とF11の四隅の画質はあまり変わらない。
  • Loxia 2.8/21との比較:明らかにTokinaのほうがフレーム全体で良好だ。Loxiaはビルドクオリティ、発色、滑らかなフォーカスリングの点で優れている。
  • 絞り開放で周辺減光は視認できるが、MF版のプロファイルで良好に補正可能だ。
  • 色収差を発生させる状況は極僅かである。
  • 歪曲はレンズプロファイルを適用することで良好に補正される。
  • 逆光耐性は良好だ。
  • 玉ボケは心地よく、広角レンズとしては騒がしくない。
  • 発色は良好だ。
  • 動画撮影での使い心地は良くない。オートフォーカスはノイジーで迷いやすく、マニュアルフォーカスでさえ音が発生する。

Tokina Firin 20mm F2 AFは優れた静止画用の広角レンズだ。とてもおススメ出来る大口径広角単焦点だが、アクションやAFを使う動画撮影には向いていない。

長所:フレーム全体で優れたシャープネス(中央はF2~・四隅はF2.8~)でLoxia 2.8/28よりも良好・F2で接写時の素晴らしい後ボケは広角レンズとしては素晴らしい・良好なビルドクオリティ(Loxiaほどでは無いが)・小型軽量・低歪曲・低色収差・良好な発色

中立:AFは歓迎できるがクラシカルな駆動モーターは騒がしくソニー純正ほど高速では無い・標準的なプラスチック製レンズフード

短所:アクションやAF-Cモードで使うにはAFが遅い・動画撮影で使うにはAF駆動がノイジー

とのこと。

安価なレンズではありませんが、価格に見合う高性能な広角単焦点レンズのようです。

残念なことにオートフォーカスは前時代的な機構のようですが、風景撮影やポートレートなどでは特に気にならないと言えそうです。

FíRIN 20mm F2 FE AFのレビュー作例を集めるページはコチラ

サイト案内情報

トキナーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Tokinaレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-