とるなら~写真道楽道中記~

「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

Laowa 7.5mm f/2 MFTは静止画でも動画でもオススメのレンズ【海外の評価】

   

Photo by Richardが「Laowa 7.5mm f/2 MFT」のレビューを掲載しています。

個人的に私も購入しており、概ねレビュワーと同意見です。周辺減光は絞り開放付近では目立ちますので最低でもF4、解消するつもりならF8まで絞った方が良さそうです。

Photo by Richard

  • このレンズは本当に小さい。大口径レンズであるためそれなりの大きさを予想していたが、これは予想外だ。
  • レンズは金属製で非常にしっかりとした造りだ。マニュアルフォーカスと絞りリングは滑らかに動作する。二つのリングの位置は離れているので誤操作する問題は無いだろう。
  • 絞りリングは1段で1クリックだ。とても良好な感じだが、クリックを解除することは出来ない。静止画には向いているが動画撮影には動画用が良いかもしれない。(訳注:動画用のより軽いモデルが存在します。)
  • フォーカスリングの回転角はおよそ90°で他のレンズよりも回転角が少し小さい。無限遠の印字は実際には少しオーバーインフなので注意しなければならない。
  • 細かい問題だが、レンズフードとキャップが干渉する。
  • 画質に関して私は感動している。最大絞り値であっても本当にシャープなレンズだ。F2でも十分良好だが、F2.8まで絞るとさらにシャープネスは向上する。無限遠での像面湾曲は無かった。
  • 明るい単焦点レンズは四隅のシャープネスが甘いものだが、このレンズはF2でも良好だ。これは良い意味で驚きだ。
  • 歪曲は他の広角レンズと比べて優れている訳では無い。
  • 色収差はよく補正されてる。コントラストの強い写真を撮ったとしても縞模様はほとんどない。等倍までズームしてもぼやけている箇所はほとんどない。私はこの項目で再び驚いている。
  • 周辺減光はF2~F2.8で目立つが、F4で改善する。
  • F2ではコマ収差が目立ち、F2.8で改善するが、最小限に抑えるためにはF4まで絞る必要がある。
  • 最大の弱点はフレア耐性だ。逆光シーンが好きであれば、静止画や動画でフレアやゴーストが多くなることを覚悟しておいた方が良いだろう。しかし、私はこのレンズよりも最悪な逆光耐性のレンズをいくつも使っている。それに比べればこのレンズの逆光耐性は恐ろしいものでは無い。

このレンズは全体的に優れた画質、優れたシャープネス、カラーフリンジがとても少ない性能を持っている。これらのポイントはウィークポイントの逆光耐性や周辺減光を忘れさせてくれるものだろう。

レンズの造りは素晴らしく、とても小さくて軽い。使用する予定が無くてもカメラバッグに入れておくことができる。静止画ユーザーでも動画ユーザーでも一度このレンズについて調べてみるべきだ。

Laowa 7.5mm f/2 MFTのレビュー・作例を集めるページはコチラ

購入早見表

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
 Laowa 7.5mm f/2 MFT C-Dreamer 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

Flickr



サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang
 

 - LAOWAレンズ, カメラ, レンズ