「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

LUMIX DC-GX7MK3 LUMIX GX/GM/GFシリーズ Panasonic カメラ 機材レビュー 海外の評価

DPREVIEWがLUMIX GX7MK3のファーストインプレッションを掲載【海外の評価】

投稿日:

DPREVIEWがパナソニック「LUMIX GX7MK3」のファーストインプレッションを掲載しています。

DPREVIEW

DPREVIEW

  • 最も注目すべきはローパスフィルターレスの2000万画素センサーと5軸手振れ補正、僅かに改善した連写速度、Bluetooth接続だ。さらにGX8と比べてシャッターショックが80%低減していると言われている。
  • GX8と比べてスポイルされているポイントは防塵防滴非対応・小型EVF・バッテリーライフである、GX8からアップグレードしていると感じる人もいれば、ダウングレードしていると感じる人もいるだろう。
  • GX7MK3には追加ハンドグリップ「DMW-HGR2」に対応している。DPREVIEWのスタッフが手に取ったところ不満な点は無かった。一つ欠点を挙げるとすれば、バッテリーとメモリーカードにアクセスできなくなることだ。
  • ファインダーを屋外で使用したり、覗きながらカメラを安定させるためには別売りアイカップ「DMC-EC5」を使用するべきだ。
  • カメラボディはトッププレートとボトムプレートが金属製である。残りのパーツは複合素材だ。
  • 電子ビューファインダーの解像度は実際に276万ドットではなく、総ドット数は236万ドットである。
  • 内蔵フラッシュは手でおさえることでバウンスが可能だ。
  • カスタマイズ可能なボタンは3カ所だ。
  • LモノクロームDがフォトスタイルに追加されれいる。映画のような粒状感があり、新しいグレインエフェクト機能を持っている。
  • 4K PHOTOで撮影された写真を多重露光のように合成することが出来る。出来栄えには関心した。
  • GX8と比べて防塵防滴仕様では無いが、しっかりとしたフィーリングは健在だ。劇的と言う訳では無いが、小さくて軽い。

とのこと。

いつもの画質テストやAFテストはこれからと言った感じですね。ファーストインプレッションは概ね肯定的な意見となっているようです。

GX7MK2には存在しない追加のハンドグリップはなかなか良さそうですね。大型アイカップと合わせて購入しておきたいアイテムと感じます。

4K PHOTOの新機能について分かりやすいGIF動画を公開しているので、興味がある方はご覧になってみてはいかがでしょうか。

ちなみにDPREVIEWはGX9のサンプルギャラリーを公開しています。

サイト案内情報

LUMIX GX7MK3関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-LUMIX DC-GX7MK3, LUMIX GX/GM/GFシリーズ, Panasonic, カメラ, 機材レビュー, 海外の評価