とるなら~写真道楽道中記~

「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

オリンパスEーM10 Mark IIIは使って楽しい小型でパワフルなカメラ【海外の評価】

   

DPREVIEWがオリンパスOM-D E-M10 Mark IIIのフルレビューを公開しています。

「マイナーアップデート」としながらも酷評している感じではなさそうです。

特にJPEG画質は推しており、青空などの色は「我々のお気に入りである富士フイルムよりも魅力的だ」と述べています。ただし、結論でも述べているようにノイズリダクションやシャープネスはきつ過ぎる傾向があるようです。

私自身、同じ処理エンジンを搭載するE-M1 Mark IIを使っていてもそう感じます。よって、私はノイズリダクションをオフに、シャープネスは-1かー2に設定しています。

DPREVIEW

長所
  • 優れたJPEGを生成する画像処理エンジン
  • 良好なRAW画質
  • 効果的な5軸手ぶれ補正
  • スタイリッシュでコンパクトなボディ
  • 良好に配置されている操作性
  • 高解像OLEDファインダー
  • 素晴らしい手ぶれ補正を持つ4K動画
  • 新しいユーザーインターフェース
  • チルト可動のタッチパネルモニタ
  • なかなかシンプルなWiFi機能
短所
  • オートモードでは仕上がり設定が制限される
  • 古い1600万画素センサーのように見える
  • オートフォーカスが信頼できない
  • ノイズリダクションやシャープネスの初期設定はきつ過ぎる
  • USB充電非対応
  • シンプルなオートISO、マニュアル露出での動画撮影は使用不可

E-M10 Mark IIIはマイナーアップデートだが、インターフェースのアップデート、4K動画の追加、AF追従性能の改善で訴求力を向上させている。

画質は特にJPEGが優れている。Naturalの色彩表現には感銘を受けているが、残念なことにオートモードではi-Finishに固定される。また、シャープネスやノイズリダクションは初期設定だときつすぎる。

もし細部まで確認するのであれば、ノイズリダクションや「低」か「オフ」で良いだろう。やや古いセンサーだが、RAW画質はかなり良好だ。2400万画素のAPS-Cセンサーには敵わないが、それほど差がある訳でも無い。

オートフォーカスは高速だが一貫性を持っていないことが問題だ。4K動画はとても見事な機能に仕上がっているが、AF性能が足を引っ張っている。

OM-D E-M10 Mark IIIはマイナーアップデートだが、変更された点は重視すべきものだ。APS-Cセンサーカメラが数年前には2400万画素に達していることを考慮すると1600万画素はやや古く感じるかもしれない。

オリンパス機としては4K動画機能を有する貴重なカメラであり、優れた手ぶれ補正を搭載している。

スペックシート上では魅力的な仕様に見えないかもしれないが、小型でパワフル、様々な機能が利用しやすく、柔軟性があり楽しいカメラだ。

購入早見表

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo 公式
OM-D E-M10 Mark III
ボディ
ブラック 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報 新品情報
シルバー 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
OM-D E-M10 Mark III
EZダブルズームキット
ブラック 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
シルバー 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
本革ボディージャケット ブラック CS-51B 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

 - OLYMPUS, Olympus関連の情報, OM-D, OM-D E-M10 Mark III, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 海外の評価