「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

FUJIFILMレンズ FUJIFILM標準レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

富士フイルムXC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZは小型ながらシャープなレンズ【海外の評価】

更新日:

PhotographyBlogが富士フイルム「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」のレビューを掲載しています。

PhotographyBlog

  • このレンズは135gと非常に軽く、収納時は44.2mmとコンパクトだ。エントリークラスのFUJIFILM X-A5との組み合わせが最適である。
  • 軽さには訳があり、レンズ鏡筒もマウントもプラスチック製である。また、防塵防滴仕様が施されていない。
  • 小さなフォーカスリングはクイックな操作が可能だが、滑らかな操作ではない。ピント距離をモニタに表示する機能は他社が採用していない富士フイルムのメリットである。
  • 電動ズームはズームリングの操作速度に合わせて2段階で動作する。素早く回転させると動作は高速だが、モーターノイズが大きく動画撮影には不向きだ。ゆっくり回すとモーター音が静かになるので動画撮影時にノイズを拾いにくくなる。ズームリングに回転方向が記されていないので間違った方向へ回転させる可能性がある。
  • ステッピングモーターのオートフォーカスは正確でとても静かだ。AF/MFの切り替えスイッチが無いため、X-A5を使用する場合はメニュー画面から切り替える必要があるので面倒だ。
  • 色収差に関する問題はない。とても良好に補正されている。
  • 歪曲は後処理でしっかりと補正されている。
  • 周辺減光は15mmでほとんど目立たず、45mmでは開放からほぼ解消している。
  • 7枚絞りのボケ質はまずまずだ。
  • シャープネス
    15mm:中央はF3.5から全ての絞り値で優れ、ピークのパフォーマンスはF4-F11である。四隅でもシャープネスは高く維持されている。しかし、絞り開放ではピント位置によってシャープネスに変化がある(訳注:おそらく像面湾曲の影響)。被写界深度を深めるため、F8-F11まで絞ってもシャープさはピークを維持している。
    30mm:F8がピークの性能でF5.6やF11も非常に良好である。F4.5やF16・F22は四隅が僅かにソフトだが、それでもまだシャープである。周辺画質に妥協は無く、シャープネスは高い。
    45mm:全ての絞り値で中央シャープネスは非常に良好だ。細かく見るとF22がややソフトだがそれ以外に差はほとんどない。

富士フイルムのレンズはお手頃レンズであっても非常に良好な画質が期待できる。本レンズも例外では無かった。X-A5と組み合わせることで分かりやすい明瞭な画質を得ることが可能だ。

コンパクトで手ごろな価格のレンズながらディテールがうまく再現されている。一般的なキットレンズでこうはいかないはずだ。

操作性は平均的だ。この価格帯のレンズとしては予想の範囲内と言えるだろう。最も目を引くポイントはコンパクトなサイズと重量だ。我々はこの点だけで人気が高いレンズになると予想している。

見逃せないポイントは他のキットレンズより広角をカバーしていることだ。風景撮影で換算23mmの画角はとても重宝するだろう。

デザイン…3.5・機能性…3・操作性…3・画質…4.5・VFM…4・総評…3.5

とのこと。

XC16-50mmF3.5-5.6 OIS II」と同じく安価なキットレンズの割によく写るレンズのようです。実写を確認すると絞り開放でやや周辺がソフトですが、絞ると安定した描写のようです。

キットレンズとして15mmをカバーしているAPS-C用標準ズームは少なく、レビュワーが述べているように風景撮影や自撮りで便利そうな画角ですね。今回の実写テストは比較的近距離の被写体でチェックしているので、他のレビューサイトによる無限遠側の性能も気になるところです。

XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZのレビュー作例を集めるページはこちら

サイト案内情報

フジフイルムレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-FUJIFILMレンズ, FUJIFILM標準レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-