「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canonレンズ Canon標準レンズ Canon関連の情報 レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

キヤノンEF24-70mm F2.8L ISの開発が最終段階に入っている?【噂】

投稿日:

Canon Rumorsがキヤノンの大口径標準ズームについて気になる情報を発信しています。

我々は「EF24-70mm F2.8L ISが開発中である」と教えられ続けているが、現時点で2018年のレンズロードマップ上に存在するとは考えていない。しかし、このようなレンズが登場することは確信している。

最新の情報によるとレンズの開発は最終段階を迎え、次のフェーズでは選ばれたフォトグラファーによるテストと言われている。

我々は新しい24-70mmの光学特許を見たことが無い。しかし、レンズの開発が最終局面を迎えているのであれば、今後数か月のうちに手掛かりをつかむことが出来るかもしれない。

とのこと。

2018年の登場は期待薄ですが、プロトタイプのテスト後に2019~2020年あたりで登場するかもしれませんね。

現行の「EF24-70mm F2.8L II USM」もバランス良好な大口径ズームレンズです。しかし、登場が2012年とやや古くSWCやASCと言った最新コーティングが施されていない点がネックと言えるかもしれません。

サイト案内情報

キヤノン関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Canonレンズ, Canon標準レンズ, Canon関連の情報, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報