「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

FUJIFILMレンズ FUJIFILM標準レンズ OLYMPUSレンズ OLYMPUS標準レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

オリンパス25mm F1.2 PROとフジフイルム XF35mm F1.4 Rの描写性能を見比べる【機材比較】

投稿日:

レンズの基本仕様や使い勝手

 

型番 25mm F1.2 PRO XF35mmF1.4 R
レンズ構成 14群19枚 6群8枚(非球面レンズ1枚)
焦点距離 25mm(35mm判換算50mm相当) f=35mm(35mm判換算:53mm相当)
画角 47° 44.2°
最大口径比(開放絞り) F1.2 F1.4
最小絞り F16 F16
絞り形式 9枚
7枚
撮影距離範囲 0.3m
28cm
最大撮影倍率 0.11倍
(35mm判換算0.22倍相当)
0.17倍
(35mm判換算0.25倍相当)
外形寸法:最大径×長さ(約)
※先端よりマウント基準面まで
Ø70 x 87mm ø65.0mm×50.4mm
質量(約)
※レンズキャップ・フード含まず
410g 187g
鏡筒材質 金属 金属
フォーカス方式 インナータイプ レンズ繰り出し
フィルターサイズ 62mm 52mm
防塵防滴 対応 非対応
絞りリング 非搭載 1/3段クリック
フォーカスリング 電子制御式
動作:滑らか
ハードストップあり
電子制御式
動作:少しざらついている
AF/MF切替 リングクラッチ式 カメラ側制御
ブリージング

25PROは性能と価格なりのサイズ。携帯性を重視すると許容範囲ギリギリ。比較してXF35はAPS-CのF1.4と考えると非常にコンパクト。

サイズや耐候性を無視すると似たような使い勝手ですが、マニュアルフォーカスの滑らかさや精度は25PROが遥かに良好です。

レンズの描写傾向

M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

描写傾向

後ボケ

芯を溶かすほど滲みのある極上のボケ。

芯が残らないボケ質は視覚的に被写界深度を浅く感じさせ「おや?マイクロフォーサーズの割にボケが大きいぞ」と感じるかもしれません。

滲みのあるボケ描写はおよそ絞り開放からF2まで続く。F2.8~F4まで絞ると収差が無くなり一気に被写界深度が増すように感じます。

前ボケ

前ボケも悪くは無いものの、後ボケと比べてやや硬調。

前景がある程度フレームに入るのであれば1段くらい絞ると良い感じ。

ボケの色づき

後ボケは滲みが大きいためか色づきが目立たない。やはりF2程度まで滲みが伴い、それ以降の絞り値では一般的なボケ質に変化する。

前ボケの縁には色づきが発生するものの、発生量は軽微。

口径食

XF35と比べて口径食の影響は軽微。

絞り開放の解像性能

XF35と比べて明らかに良好。フレーム四隅まで大きく描写が乱れていない点はGood。

解像性能が高いレンズやボケ質が綺麗なレンズは多いですが、両方を併せ持つレンズは少ないですね。

その他
  • 大口径レンズながらオートフォーカスは高速かつノイズレス。フルサイズから1型センサーまで一眼カメラを使ってきましたが、ここまでオートフォーカスが快適な標準大口径レンズはお目にかかったことがありません。
  • マニュアルフォーカスはレスポンスが良く精密なフォーカシングが可能。フォーカスクラッチを操作することでハードストップのあるフォーカシングに変化する点もGood。
  • インナーフォーカス。
  • ブリージングが小さく高速AFや動画撮影時に恩恵が大きい。
  • 防塵防滴。
  • 高価(XF35 F1.4 Rの倍)

使いこなしのポイント

絞り開放から2段絞り程度までシャープさと美ボケを両立。それ以降の絞り値では後ボケの滲みが消えて状況描写に向いたボケ。

近接では前ボケを引き締める意味でF1.4~F2まで絞って使うと良い感じ。

ボケの色づきは皆無で無いものの、実写で描写を損ねるほど色づきが発生するシーンは稀。それでも気になる場合は1段絞ると改善し、2段絞ると解消します。

解像性能は開放から安定していますが、絞って劇的に向上することはありません。

XF35mmF1.4 R

描写傾向

後ボケ

25mm F1.2 PROと違い芯が残るものの、滲みを伴う滑らかなボケ質。25PROと比較しなければ十分に綺麗と言う事が出来るでしょう。被写体と背景の距離が近い場合は25PROの滲むボケが有効となりますが、背景までの距離が遠い場合にはセンサーサイズで有利なXF35のボケが大きくなる。

気になるポイントとしてフレーム四隅における大ボケがイビツな形状に変形している。口径食の影響でしょうか?

1段絞るとこの傾向は改善され、2段絞るとスッキリ解消します。

前ボケ

後ボケと比べて硬調ですが、25PROよりも滑らか。

後ボケと同じくフレーム隅のボケが変形していますが、後ボケほど影響は受けていないようです。

2段絞るとレンズの味が消えて使い易いボケ質へ変化。

ボケの色づき

色ずれ量は25PROと同程度。

後ボケは口径食とボケの縁取りが相まって25PROよりも騒がしい印象。

一方で前ボケは口径食の影響を受けながらも滲みが25PROより強くソフトな描写となっています。

口径食

25PROと比べて小口径のレンズながらフレーム四隅における口径食は比較して大きい。

特に点光源が多数フレームに入るようなシーンでは玉ボケが騒がしくなる可能性があるため、必要に応じて絞るシーンが出てくるかもしれません。

絞り開放の解像性能

25PROに差を付けられるポイント。中央はとてもシャープで像高7割程度まで良像をキープしているが、さらに外側はとても甘い。

XF35でF5.6まで絞った描写と25PROのF1.8~F2.8の描写が同程度。

像面湾曲による影響も僅かにあるらしく、試しにピントを四隅に合わせてみると僅かに解像性能が向上しました。

その他
  • オートフォーカスがノイジー、さらにフォーカス速度はミラーレス一眼のレンズとしては遅い。
  • 三脚に固定してオートフォーカスを作動させたところ、一定して前ピンの傾向がありF1.4の被写界深度でピント合わせが難しい。(レンズ個体の問題かは不明)
  • マニュアルフォーカスの精度が25PROと比較して悪い。と言うよりも細かい動作に対応出来ていない。
  • 繰り出し式のフォーカシング。
  • 1/3段ごとにクリック感のある絞りリング搭載。
  • 非防塵防滴
  • 比較的安価。

使いこなしのポイント

25PROほどではありませんが、滲むボケ質はなかなか良い。芯がやや残り、口径食の影響も大きいため、後ボケが騒がしいと感じる場合は2段絞ると良し。

ボケは25PROよりもニュートラル寄りで前ボケが比較して良好なので積極的に前ボケを入れてみたくなる。

F1.4からシャープな中央フレームと違い、四隅はとても甘い。これを改善するためには少なくともF4、ピークに達するためにはF8まで絞る必要があります。

実写サンプル

ボケ質比較

絞り開放

F1.4

F1.8

F2.0

F2.8

F4.0

F5.6

ボケ質比較2

絞り開放

F1.4

F1.8

F2.0

F2.8

F4.0

F5.6

ボケの色づき

絞り開放

F1.4

F2.0

F2.8

解像の安定性

*25PROは50MPハイレゾショットでレンズの粗が目立つように撮影しています。

F1.4

25PRO(F1.8)・XF35(F5.6)

 総評

M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PROはスペシャルなレンズ

どちらも滲みを伴う上質な後ボケですが、XF35mmが”綺麗なボケ”だとすると25PROは”スペシャルなボケ”。

絞り開放からのシャープさと滲みのある後ボケを両立している点で凄まじい。

欠点が少なく状況に依らない安定した描写は頼もしく使いやすい反面、レンズの味を楽しみたい人にとってツマラナイと感じるかも。

被写体や構図が定まっており、尚且つイメージ通りに表現したいのであればXF35mm F1.4よりも適しています。

高価なレンズなので諸手を挙げて万人にオススメできるレンズとは言えませんが、軍資金に余裕があるのであれば悩む必要が無い選択肢。

XF35mm F1.4 Rは機能的にリニューアルが必要

XF35は芯が残り口径食の影響が大きいボケ質のため、状況によって当たり外れのある描写。ハマるときは25PROよりもハマる。これをレンズの味として楽しめるのであればアリ。

描写以外の部分で気になるポイントがいくつか存在し、フォーカス駆動は特に目立つ。オートフォーカスでもマニュアルフォーカスでも駆動音が大きく、細かい微調整に対応できていない。その精度は接写の絞り開放で影響をモロに受けるかもしれません。

さらにAFは快速な25PROの速度と比べて遅く、ハンチングし易い暗所での撮影テンポが低下します。

しかし、価格を考えると楽しい描写のレンズ。後ボケはとても滑らかで綺麗ですので、フジフイルム一筋ならば是非買うべきオススメの一本。

購入早見表

M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

オリンパス公式ショップ

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahooショッピング
M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズフード LH-66B 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズキャップ LC-62F 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

フジノンレンズ XF35mmF1.4 R

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
フジノンレンズ XF35mmF1.4 R 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズキャップ  FLCP-52 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

サイト案内情報

オリンパスレンズ関連記事

フジフイルムレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-FUJIFILMレンズ, FUJIFILM標準レンズ, OLYMPUSレンズ, OLYMPUS標準レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー