とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

【評価・作例】コンパクトなキットレンズ『LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.』

   

パナソニックのDMC-GMシリーズやGFシリーズのキットレンズとして所有するユーザーの多い標準ズームのキットレンズだ。

35判換算で24-64mmとキットレンズとしては広角側に強く望遠側が短い仕様になっている。マイクロフォーサーズのセンサーサイズから標準ズームレンズでボケを演出するのは難しい。よって、望遠側を切り捨てて広角側に強く、レンズ重量70gとスナップし易い軽量コンパクトなコンセプト。

特に一眼カメラでは最小クラスのGM1やGM5に取り付けると1型センサーのコンパクトデジタルカメラ顔負けのコンパクトさを誇る。それでいて解像度の高い描写を吐き出すので、コストパフォーマンスは高い。

加えてこのレンズには手ぶれ補正が内蔵されている。多少絞ってスローシャッターになっても補う事が出来る点はかなりいいポイント。ちなみに搭載されているのはMEGA O.I.Sと言って、現行のPOWER O.I.Sの前モデルな手ぶれ補正。

描写性能も良好で海外の評価サイトでは同クラスでサイズの大きいレンズと較べてもいい線を行ってるそうだ。

ちなみに今年の正月に『LUMIX DMC-GM1S』のキットレンズとして手に入れた。コントラストAFながら、フォーカス速度も快適な範囲でピンポイントAFを使えばかなり正確にピントも得られるのでオススメ。

購入早見表

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ
LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S. 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

レンズ仕様

品番 H-FS12032
レンズ構成 7群8枚(非球面レンズ3枚、EDレンズ1枚)
マウント マイクロフォーサーズマウント
画角 W(f=12mm):84°~T(f=32mm):37°
光学式手ブレ補正 ○(Gシリーズに準じたMODE切換えが可能)
焦点距離 f=12mm~32mm(35mm判換算 24mm~64mm)
最小絞り値 F22
開放絞り F3.5(W端)~F5.6(T端)
絞り形式 7枚羽根 円形虹彩絞り
撮影可能範囲 0.20m~∞(f=12-20mm)(撮像面から)/ 0.30m~∞(f=21-32mm)(撮像面から)
最大撮影倍率 0.13倍(35mm判換算:0.26倍)
フィルター径 φ37mm
最大径×長さ φ55.5mm×約24mm(沈胴レンズ収納時)
質量 約70g

MTFチャート

mtf_graph

レンズ構成図

lens_component

 - Panasonicレンズ, Panasonic標準レンズ, カメラ, レンズ