とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

動画機能に特化したLUMIXの新次元ミラーレス『LUMIX DMC-GH5』情報まとめページ

   

速報

2016.12.6:手ぶれ補正・デュアルスロットは確定か?

43RumorsにおいてGH5に関する追加情報が発信されており、(FT5)と同サイトでは最も確度の高い情報のようです。

  • GH5はセンサーシフト式の手ぶれ補正があります
  • GH5はデュアルSDカードスロット
  • ヨーロッパでは29分の動画記録時間制限
  • オーディオXLRマイクロフォンはGH4と互換性があり取り付け可能です
  • サイズはGH4と同等でGH3やGH4で使用していたケージやアクセサリを使用することができます

センサーの手ぶれ補正は以前の情報でかなり濃厚でしたが、それに加えてデュアルスロットなど期待されていた噂に真実味が増してきた形となりました。

来年の早春に発売するかもしれないとの事なのでこれから徐々にスペックが明るみになりそうですね。

2016.11.29:GH5は来年の早春(3月~4月)に発売か?

43Rumorsが信頼できるソースから情報を受け取ったとの事です。

それによると来年の非常に早い春に発売されるとの事で、3月~4月になるのではないかと発信しています。

記事自体は非常に信頼度の高い(FT5)として発信されています。

現在の信頼できそうな情報

  • 来年の早春に発売
  • ボディ単体で欧州では21~23万円程度
  • レンズキットで欧州では34万円程度
  • 手ぶれ補正搭載

2016.11.21:欧州では21~23.5万円程度で確定か

43RumorsがFT5の非常に濃厚な情報を発信しています。

それによると

  • LUMIX DMC-GH5はヨーロッパで1800~2000ユーロ(21~23万円)
  • Leica 12-60mmレンズキットが2900ユーロ前後(34万円)

との事です。事前情報通り、E-M1 Mark IIと同程度の価格設定となるようです。

スチールカメラとして考えるとやや割高かもしれませんが、動画機能が非常に高性能となりそうですので人によっては「安い」と感じるかもしれません。

DMC-G8が従来モデルよりもスペックアップしていますので、スチールならG系・動画ならGH系と住み分けになってきそうです。

2016.11.14:GH5はGH4と同サイズ

43Rumorsがサロン・ド・フォトパナソニックでGH5のサイズがGH4と同程度であることを確認しました。

これはGH4のために購入している周辺機材をそのまま使えるかもしれないということを意味しています。

2016.11.11:GH5はE-M1 Mark IIとほぼ同じ価格

43Rumorsが信頼できるソースから情報を得たようです。

それによると、

ヨーロッパでは1,800~2,000ユーロになる。私はすぐにGH5の詳細スペックを手に入れたいと考えている、

との事です。E-M1 IIの強烈な価格設定に「ひょっとしたら…」と考えているGH4ユーザーの方は多かったかもしれませんが、どうやら濃厚のようですね。

とは言え、GH5のスペックは従来モデルと比べて大きくスペックアップしている可能性が非常に高いので妥当と思える価格設定かもしれません。

Gシリーズからのステップアップにはハードルが高いモデルとなりそうですが…。

2016.11.11:GH5は手ぶれ補正搭載が確実か?

43RumorsにてGH5とライカブランドのレンズ展示の写真が掲載されています。

それに補足する形で「GH5がIBISを100%搭載していることを再確認できる」と記載しています。

たしかに掲載している写真にIBISと記載されていますね。

ただし、「……?」と締めくくっているので、まだ100%とは言えないような気もしますが。

2016.10.7:5軸手ぶれ補正が搭載される

43Rumorsにおいて、信頼のできるソース(複数)からDMC-GH5が手ぶれ補正搭載モデルであることを明らかにした。と発信しています。

LUMIX DMC-G8にも手振れ補正が搭載されたので、GH5はどうなのか?と注目が集まっていましたが、どうやらGH5にも搭載されるようですね。つい先ごろ発表されたソニーのα6500にも手ぶれ補正が搭載されていたので、これからのミラーレス一眼はボディ内蔵の手ぶれ補正が主流となっていくかもしれません。

2016.9.19:フォトキナで発表

image_gh5

不確定スペック情報まとめ

濃厚なスペックは赤色で表示

  • フォトキナ(9月19日)に試作機・部分的な発表
  • 2017年の早いうち(1月かもしれない)に発売
  • クロップしない4K動画
  • 6Kフォト 30p
  • AFの改良
  • 4:2:2 10bit 4Kのボディ内記録
  • 4K 60p
  • 1600万画素でGX7 Mark IIと同等のセンサー
  • 2000万画素に高画素化
  • センサーはソニー製
  • GH5は従来とは全く異なる別のプロセッサを使用する
  • デュアルSDカードスロット
  • 高感度が1段分改善
  • 手ぶれ補正5軸が搭載

*以下は作成中です。GH4の一部スペックのみ記載してありますが、その他は情報収集中につき随時更新しています。

外観比較

正面

LUMIX DMC-GH5

LUMIX DMC-GH4

gh4-f

背面

LUMIX DMC-GH5

LUMIX DMC-GH4

gh4-b

正面

LUMIX DMC-GH5

LUMIX DMC-GH4

gh4-t

GH5とGH4のスペック比較

画像処理

センサー

LUMIX DMC-GH5 LUMIX DMC-GH4
4/3型Live MOS
有効画素数 2000万画素 1605万画素
ローパスフィルター あり
手ぶれ補正 5軸 非搭載(レンズ依存)
備考 GH3比で2倍の読み出し速度
ローリングシャッターの抑制
新マルチプロセスNR
広帯域輪郭強調処理

処理エンジン・記録形式・方法

LUMIX DMC-GH5 LUMIX DMC-GH4
画像処理エンジン ヴィーナスエンジン
RAW形式
TIFF形式
メディアスロット デュアルSDカードスロット SD、SDHC、SDXCメモリーカード
UHS-I U3規格に対応

露出制御

LUMIX DMC-GH5 LUMIX DMC-GH4
測光方式 1728分割測光方式
測光範囲 EV 0~18
ISO感度 100-25600
拡張ISO感度
露出補正 +/- 5
備考 高感度が1段改善

連写・AF

オートフォーカス

LUMIX DMC-GH5 LUMIX DMC-GH4
方式 コントラストAF
測距点 49点
測距輝度範囲 EV -4~18
備考 空間認識AF
タッチパッドAF

シャッター・ドライブ

LUMIX DMC-GH5 LUMIX DMC-GH4
形式 フォーカルプレーンシャッター
シャッター速度 60~1/8000 秒
シャッター動画時 1/30~1/16,000秒
フラッシュ同調速度 1/250秒
高速連続撮影 速度 約12コマ/秒(AFS時)
約7コマ/秒(AFC時)
約40コマ/秒(電子SH)
連続撮影可能枚数 RAWなし:約100枚
RAWあり:約40枚
電子シャッター時:約120枚
備考 サイレントモード搭載
シャッター耐久20万回

操作性

ファインダー

LUMIX DMC-GH5 LUMIX DMC-GH4
方式 有機EL(OLED) LVF
約236万ドット
視野率 約100%
アイポイント 約21mm
倍率 約1.34倍(35mm判換算:約0.67倍)

モニタ

LUMIX DMC-GH5 LUMIX DMC-GH4
モニター形式 約104万ドット有機EL(OLED)モニター
モニターサイズ 3.0型
タッチパネル 対応
モニター可動ギミック バリアングル
備考 タッチパッドAF対応

動画

LUMIX DMC-GH5 LUMIX DMC-GH4
映像記録方式 MP4
MOV
AVCHD Progressive
AVCHD
音声記録方式 MP4: リニアPCM 2ch/AAC 2ch
MOV: リニアPCM 2ch
AVCHD: Dolby Digital 2ch
記録サイズ・フレームレート 4K 60p 4K 30p
C4K 24p
FHD 60p
圧縮形式
フォーカスモード
備考 4:2:2 10bit 内部記録
全画素読み出し 4K
4:2:0 8bit 内部記録
4:2:2 10bit HDMI出力
シネライク D
シネライク V
シンクロスキャン(フリッカー低減)

その他機能

作画機能

LUMIX DMC-GH5 LUMIX DMC-GH4
HDR撮影 対応
多重露光 対応
ボディ内RAW現像 対応
3D撮影 対応
クリエイティブコントロール 22種類
4K PHOTO 60 fps 30fps
6K PHOTO 30 fps
フォーカスセレクト 対応

インターフェース・搭載機能

LUMIX DMC-GH5 LUMIX DMC-GH4
デジタル端子 USB 2.0 High SPEED マルチ
AV OUT モノラル、NTSC/PAL(システム周波数切換に依存)
特殊端子
シンクロ端子
HDMI micro HDMI TypeD
外部マイク入力端子 φ3.5mm
ヘッドフォン端子 φ3.5mm
リモコン端子 φ2.5mm、別売DMW-RSL1
ワイヤレスリモコン
Eye-Fiカード
WiFi 搭載
NFC 搭載
GPS 非搭載
内蔵フラッシュ 搭載 GN12 24mm
電子水準器 2軸
防塵防滴 対応
ボディ素材 マグネシウム合金

ボディ・電源

LUMIX DMC-GH5 LUMIX DMC-GH4
バッテリー DMW-BLF1
撮影可能枚数の目安 静止画 約530枚
撮影可能枚数の目安 動画
実撮影可能時間
約90分 4K
約110分 AVCHD
撮影可能枚数の目安 動画
連続撮影時間
約180分 4K
約220分 AVCHD
連続出力時間 約180分 4K HDMI
大きさ 132.9*93.4*83.9
質量 (CIPAガイドライン) 約560g
質量 ボディのみ 約480g

サイト案内情報

パナソニック関連ページ

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

過去の速報履歴

2016.9.11:フォトキナではプロトタイプの展示か?

Photo Rumors43Rumorsでやや情報が違うが、何らかの形でGH5が登場するのは間違いなさそうだ。

以前から情報が出回っているように、熊本地震による影響でGH5の出荷が遅れ2017年始めにずれこむのだろうか?なお、パナソニックからは新しい交換レンズの噂も出回っている。GH5は来年の楽しみとして、今年はレンズを楽しんでみるというのもありかもしれない。

2016.9.1:4K 60pについてのソースからの補足説明

43Rumorsが困惑した4K 6K Photoモードについてソースから補足があったようだ。

  • ソー ス1:4K 60pの動画モードは存在する(4:2:2 10bit)。6K 30pはフォトモードの機能である。しかし、6Kはフォトモードのみの機能で、動画で撮影するにはセンサーの幅が足りない。6KフォトはGH4の4Kフォ トモードの様に動作する。GH5の6Kフォトモードは4:3で1800万画素の30fpsと言う事だ。
  • ソース2:6Kはフォトモードのみで動画から1800万画素の静止画を切り抜くためのものだ。
  • ソース3:6Kフォトモードはビデオストリームから写真を切り抜くものです。

2016.8.31:信頼できるソースからの情報

43Rumorsに信頼できるソースからの情報があったようだ。

  • 2000万画素
  • 4K 4:2:2 10bit
  • SDカードスロットは二つ
  • 4Kはクロップ無し(=全画素読み出しか?)
  • 4Kフォトは60fps(現行モデルは30fps)
  • 6K 30fps(6K PHOTOモード)*元ソースが修正しています(6K>6Kフォト)
  • 高感度が1段改善している

いやあ…すさまじいスペックですね。他の一眼カメラとは別路線をひた走るパナソニックらしいカメラです。もはやスチールカメラと言うより、スチールも撮れるムービーカメラと言った感じです。

2016.8.26:4K動画は4:2:2 10bit内部記録

43Rumorsにおいて(FT4)とやや信頼度の高い情報が発信されている。

それによるとGH5はクロップしない4K動画を撮影する事ができ、4:2:2 10bitでカメラ内に録画できる性能を持つとの事らしい。

Sonyのα7RIIですら確か4:2:0であったり全画素読み出しはスーパー35mm時のみで、フルサイズ時はピクセルビニング。外部記録装置を使って4:2:2 8bitという事を考えると、60p対応ならば凄まじいスペックとなりそうです。

また、α7シリーズはハードに使うにはややナイーブな部分があるので、その辺りもGH5には期待したいところです。

 - LUMIX DMC-GH5, LUMIX G/GHシリーズ, Panasonic, Panasonic関連の情報, カメラ, カメラ ボディ, 噂情報, 速報