とるなら~写真道楽道中記~

「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

最高級標準レンズ NOCTILUX-M 50 mm f/0.95 ASPH【評価・作例】

      2017/11/22

レビュー・作例・参考サイト

購入早見表

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
NOCTILUX-M 50 mm f/0.95 ASPH ブラック 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
NOCTILUX-M 50 mm f/0.95 ASPH シルバー 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

Flickr


レンズデータ

レンズ仕様

レンズ構成 5群8枚
焦点距離 50mm
開放F値 0.95
最短撮影距離 1m
最大撮影倍率 1:17
フィルター 60mm
サイズ 73×75.1mm
重量 700g

MTFチャート

レンズ構成図

競合レンズ

海外の評価

Photozone:最も高価で特殊なレンズ

レンズの造り

  • この金額は多くのものを買う事ができるものだ。大型テレビ、最先端のゲームPC、船(もしくはあなたの妻)、中古車、フルサイズカメラと単焦点レンズ……そしてLeicaの標準単焦点レンズ 50mm F0.95だ。
  • 「Noctilux」はLeicaブランドにおける最も明るいレンズに冠される名前であり、昔はF1.2だったがF1.0となり、現在はF0.95まで明るくなった。
  • Leica Mレンズは一般的に優れた品質のレンズで知られているように、このレンズがプレミアムな一本であることに違いは無い。とてもしっかりしたレンズであり、うまく設計してあり、良好な描写だ。フォーカスリングは美しい操作性であり滑らかに回転する。回転角は無限遠から最短撮影距離までおよそ90°。
  • 最短撮影距離が1mである点は少しがっかりするポイントだ。
  • 絞りリングは半段ごとにクリックストップがある。古いタイプのLeicaと異なり遊びは無い。最小絞り値はF16だ。
  • フードは内蔵式の引き延ばして使うものだ。ロックはかからないものの、ズレることは無い。フードを引き延ばすとレンジファインダーの一部が遮られてしまう。
  • 重量が比較的重く、長時間使用するには向いていない。
  • 歪曲は適度な量の樽型(1.1%)で、単焦点レンズとしては典型的なもので顕著な量ではない。
周辺減光 F0.95 F1.4 F2.0 F2.8 F4.0 F5.6 F8.0 F11
補正なし 4.31 2.79 1.68 0.72 0.28 0.26 0.24 0.25
補正あり 3.33 2.39 1.16 0.47 0.15 0.07 0.09 0.10

周辺減光はカメラで自動補正される。これを切ると無視できるレベルとなるまでF2.8まで絞る必要がある。自動補正はRAWファイルに作用するため、適用するとノイズレベルが発生する。

MTF F0.95 F1.4 F2.0 F2.8 F4.0 F5.6 F8.0 F11
中央 2622 2925 3058 3195 3148 3100 2916 2704
1147 1217 1372 2177 2478 2731 2784 2670
1229 1276 1403 2302 2590 2834 2841 2681

解像力は絞り開放からとても良好(Very good)な中央画質を発揮するレンズだ。絞ることで素晴らしい(Excellent)画質となる。ピークはF2.8で、F8.0以降では回折の影響が顕著になり始める。四隅の話は全く別であり、絞りを開けるとと”解像度”と呼ぶほどの価値がほとんどない。これはF2.8~4まで絞ると大幅に改善する。絞った時のフォーカスシフトはとても少ない。

色収差 F0.95 F1.4 F2.0 F2.8 F4.0 F5.6 F8.0 F11
2.18 1.94 1.58 1.15 0.97 0.84 0.77 0.78

色収差は画像の隅で最大2ピクセル以上に達する。絞り開放で最も目立ち、絞ると徐々に低下する。

ボケはピント面の前後とも、とても滑らかだ。しかし、絞りを開けて撮影すると玉ボケが口径食による影響で”渦巻く”ように描写される。口径食を分けて考慮すると玉ボケの縁取りは僅かでF1.0の旧モデルと比較するとより滑らかだ。

ボケの色づきはこのような大口径レンズではよく見られる問題だ。このレンズにおいても発生するが、驚くようなことでは無い。

結論

このレンズは大きく重いだけでは無く、中央が絞り値に関わらずとても優れた描写のレンズだ。一方で四隅は絞りを開けるととてもソフトな描写だが、絞ることでかなり改善される。

周辺減光は大口径レンズとしては典型的なもので絞ると改善する。驚くことに6ビットコードによる自動補正を使ったとしても周辺減光は目立つ。

ボケはとても滑らかだが、口径食が問題になる場合がある。ただし、これは撮影する被写体によって問題にならない場合もある。

F0.95という課題を乗り越えたことを考えると、間違いなく見事な性能だ。

しかし、このレンズに付けられた値札ほどの価値があるだろうか?遥かに手頃な価格のレンズと比べて描写の違いは微妙な部分もある。しかし、これはF1.0未満という単焦点レンズだ。この明るさを必要としたり、描写特性を本当に必要としている人にとって、このレンズは価格に相当する価値を発揮することだろう。最も高価なLeicaレンズは最良のレンズとは言えないが、最も特殊なレンズの一つであることは間違いないだろう。

ライカレンズ関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

 - Leicaレンズ, カメラ, ライカ, レンズ