とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

PENTAX K-3IIIが2016年のカメラショーに出展?

      2015/12/03

PENTAX FORUMにてこんな動画が投稿されていた。
いや、かなりうそ臭いので話半分くらい、もとい妄想くらいの感じで見て見よう。

PENTAX K-3III

HAHAHA!さすが海外のPENTAXIANはイケイケだ!
出だしの実機の画像が「K-3II」に「I」一つ加えただけ感が半端無い。

来春にフルサイズも出るし、K-3II出たばっかりだし。今回は妄想で決定でしょうねえ。
しかし、K-3IIの後継機が出るとしたら次の個体名はどうなるのでしょう?
K-2とも言いづらいし、「ケースリー・スリー」は頃悪いし。

とりあえず動画内の情報を拾うと

  • CES 2016 カメラショー 出展
  • 個体名『PENTAX K3 MarkIII』
  • フルマグネシウム合金のボディ
  • PRIME4
  • APS-C
  • 2,420万画素
  • クロップモード(フル・1,620万・1,020万)
  • 86,000RGBセンサー
  • AFポイント90 クロスセンサー36 (ココが超嘘くさい)
  • 秒間10コマ連写
  • 高速連写 秒間11コマ
  • 14bit・12bit・JPEG
  • 4K対応30p15分
  • 4K100MBPS
  • 動画AF 不明
  • ISO 50-104,800
  • 3.2型 タッチパネル液晶 140万ドット
  • カメラ内手振れ補正搭載
  • HDMI 出力
  • 2100~2200ドル

『PRIME4』は確度が高いかも

以前の記事で紹介したように、ソシオネクストから次世代イメージングプロセッサ『第8世代Milbeaut』の量産が始まっている。これはPRIMEのベースとされているプロセッサであり、進化のポイントは4K動画の対応やノイズ処理、高感度の最適化だったりする。よって4K動画が搭載される可能は十分に高い。しかし、敬虔なPENTAXIANにとって4K動画が必須機能なのかどうか?

これは今度出るフルサイズ機にこそ搭載して欲しい処理エンジン。まさかPRIMEIIIで発売しないよなあ…。

AFは進化しすぎ

超うそ臭くなっているポイント。現時点でSAFOX11が27点25クロスですよ?

フォーカスポイントが3倍でワイドレンジになったらビックリして心臓止まってしまうレベル。
いや、レンジはそのままでさらに3倍の密度のAF…。PENTAXならやらかしてくれそうな気がする…!

2100~2200ドル

7D Mark2の様なAPS-Cのハイエンド機を出すとしても、同じような価格設定なら7DMark2いきますがな。私なら7D Mark2を買うと思う。(むしろD750買おうかな…)

出すとしたら、7D Mark2とは別の土俵でPENTAXフルサイズ機の様な飛び道具を搭載したモデルかな~と思ったり。

フルサイズ機はよ(焦り)

この前ディザーサイトの更新があったが、スペック公開がまだなので妄想全開で待ち焦がれるしかない。すると、焦らしプレイを受けているユーザーが段々とトリップしてしまい、期待が膨らみすぎる傾向にあるような…。

そろそろ公式として何か確定的なスペックを部分的にでも公表してもらいたいところ。

 - PENTAX, カメラ, カメラ ボディ