とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

開け放たれた緑:おさごえ民家園(写真ログ) PENTAX K-3 / smcPENTAX-DA★55mmF1.4SDM

      2015/05/29

PENTAX K-3 / smcPENTAX-DA*55mmF1.4SDM

PENTAX K-3 / smcPENTAX-DA*55mmF1.4SDM

福井県福井市の足羽山付近にあるおさごえ民家園にて。かなり古い民家を1ヶ所に集めて公開している福井市の施設だ。一つ一つの古民家に自由に出入りすることが出来るので、いいアングルを見つけて写真を撮りやすいスポットだと思う。ジャパニーズな写真を撮りたいならオススメ出来る場所。しかも入園料は破格の100円なので気軽に利用することが出来る。

福井市周辺で写真スポットに困ったら一度訪れてみては如何だろうか?そこまで広くはないので、土日などで混んでいると人がどうしても写り込んでしまうかもしれないので、平日オススメ。清掃にシルバー人材らしいおじいちゃんがそこら辺で休憩して寝てたり休憩しているのが玉に瑕。ま、それも情緒と思えば許容範囲だ。

基本的に園内は古民家しか無いので、あっと言う間に撮り飽きてしまう人もいると思う。出来るのであれば、知人友人と一緒におとずれて、人がいるとしっくりくるアングルやシルエットを作ることが出来ると思う。また、屋内メインだとかなり照明が暗いので、フラッシュか三脚などは必要。しかし、屋内撮りだと、そこら辺に説明書きなどの看板があるのでアングルを凝らないとどうしても構図内に写ったりするので気をつけよう。

今回はいつものDA★55mmにて。当日はFA31mmとDFA100mmを持って行ったけども、案外屋内が暗く大口径で被写体が切り取れるこのレンズばかり使っていた。使いやすい焦点距離なのよねえ…55mmって。また、当日は少し小雨だった事もありFA31mmは結局出さずじまい、その辺も防塵防滴か簡易防滴のレンズは汎用性が効くので秀でる部分。

ピントは緑の部分に合わせて撮影。F値は3.2。よく見るとやかんが若干ぼやけているのでもうちょっと絞っても良かったかも。しかし絞るとブレるしなあ…、と言うことでやはり三脚は欲しいところ。

 - 写真, 福井市, 道中録