とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

【評価・作例・情報】360°楽しく撮ろうぜ!全天球撮影デバイス『RICOH THETA S』

      2016/07/14

面白い写真をとるならこれだ!

詳しい更新履歴は最下部に掲載

2016.7.14:ファームウェア1.62公開
2016.6.30:THETA360にハッシュタグ「#Firefly3d」が追加

ユニット交換式のGXRや単焦点コンデジの始祖とも言えるGRシリーズなど変化球に富んだデジタルカメラをリリースし続けるRICOHにおいて、もう一つの特徴的なカメラが『RICOH THETA』シリーズだ。このカメラの特徴はなんと言っても撮像センサーを前面と後面に設置する事によって360°の写真を撮ることができる点にある。

旧モデルと比べるとセンサーサイズが大きくなり、普通のデジカメサイズを搭載している。それが両面に2基搭載されているのだから贅沢なカメラだったりする。どうやら全天球で星も撮影可能みたいだ。RICOHの公式ページに作例が掲載されているので気になる方はそちらをチェック。

さらに新型では、今までのモデルで欠点だった「リアルタイムでの確認が困難」だったのに対し、スマホと連動させることによってフレーミングを確認しながら撮影出来るようになっている。家に帰って確認してみたらガッカリ、と言う失敗を防ぐにはかなり有効で、今からTHETAを買うのであれば是非この最新モデルをオススメする。

旧モデル同様、レンズがむき出しになっているので使用に気をつけるか保護ケースを購入しよう。専用ハードケースは防滴ケースとなっているので多少のコンディションの変化にも耐えることが出来るだろう。完全にケースの中に入れてしまうので、操作はスマホとの連動で行うことになる。

一眼カメラの堅苦しい撮影に疲れたそこアナタ。RICOH THETA Sがアナタを待ってますよ。

ユーザーレビュー

作例

 

  • 公式
  • フォトヨドバシ 作例
  • PHOTOHITO 作例
  • KASYAPA 作例
  • 八百富写真機 作例
  • ビックカメラ 作例
  • 東京カメラ部 作例
  • Flickr 作例
  • DPreview 作例
  • Camera labs 作例

購入早見表

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ
RICOH THETA S 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
ストラップ用アタッチメント 新品・中古情報
新品・中古情報
ハードケース TH-1 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
ソフトケース TS-1 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

ニュース

2016.7.14

THETA Sのファームウェアが1.62に更新された。

以前はセルフタイマーが可能となり親指問題が解消しやすくなったが、今回は有線ケーブルを装着する事で遠隔レリーズが可能になる仕様となった。

このアップデート単体では役に立たないが、別売りのリモートスイッチを購入し装着することによって可能となる。今後はこのスイッチを組み合わせた自撮り棒が登場するとより使い勝手が改善していくと思われる。

2016.6.30

THETA公式ウェブサイトにてハッシュタグ「#firefly3d」追加のおしらせがなされている。

360°画像を公開する際にハッシュタグを記入しておくことで、「#sakura3d」の様にホタルを飛ばせる事が可能になった。なかなか旬なアイテムを追加してくれるリコーは素晴らしいぜ!

秋には「#momiji3d」が追加される様な気がしてならない

2016.4.11

スマホ用アプリ『RICOH THETA S』のアップデートが来ている。

RICOH THETA アプリがバージョンアップを実施いたしました。

各RICOH THETA アプリのバージョンアップ内容は以下の通りです。

<基本アプリ>
RICOH THETA S
■iOS/Android
・Facebook へ360Videoを投稿する際、プログレスバーを表示するようになりました。

2016.3.24

『RICOH THETA S』のファームアップデートが公開された!

これでスマホを使わなくてもTHETA Sに指をかけずにシャッターを切ることが可能になった。タイマーの時間はスマホから設定可能で、2秒・5秒・10秒に設定が可能との事。自撮り棒を使った操作なら2秒か5秒、三脚を用いた撮影なら10秒が適切なところだろう。

これは早速アップデートだ!(まずは充電から

・セルフタイマー撮影(静止画)ができるようになりました。※1
-セルフタイマー撮影するにはWifiボタンを押しながら電源ONしてください。セルフタイマー状態でTHETA Sを起動した場合、シャッターボタンの上にあるランプが緑点灯します。
-セルフタイマー撮影時はシャッターボタンを押下するとランプの点滅が始まり、5秒後に撮影されます。
-セルフタイマー時間はスマートフォン用アプリケーションから変更できます。※2

※1:セルフタイマー状態でTHETA Sを起動した場合は動画撮影ができません。
※2:アプリを最新(iOS,Androidともに『バージョン 1.6.0』以上)にする必要があります。

・PCにUSB接続した場合も撮影することができるようになりました。
※USB接続時にTHETA Sの電源を入れた場合、WifiはOFFになります。

 

 - カメラ, デジカメ