とるなら~写真道楽道中記~

「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

EOS X8iや8000Dの後継モデルにはDPAFが搭載される?【噂情報】

   

CanonWatchがRabel T7iやT7sについて情報を発信しています。

Rabelは海外におけるEOS Kissシリーズの名称であり、T7iはX8iの後継モデルとされ、T7sは8000D系列だと考えられています。

私は「Canon Rabel T7iとRabel T7sに2800万画素センサーが搭載されるかもしれない」と言われました。このRabelの一つにはDPAF機能を持っているかもしれません。

ほんの数日前に、ロシアの認証機関に未発表のキヤノン製カメラが登場しました。CanonのRebelも載っていると思います。

私は公平に考えて、次のRabelに2800万画素のDPAFが搭載されることに対して疑問を持っています。キヤノンが”エントリレベル”の一眼レフカメラにDPAFを実装するでしょうか。

これまでのところ、キヤノンはDPAFの有無にかかわらずハッキリとモデルを選別してきました。キヤノンはEOS M3にはDPAFを与えていませんので、私はRabelにDPAFを搭載するか疑っています。

2800万画素でDPAFと言うとKissというよりも平行して噂情報が流れているEOS 6D Mark IIの方が印象強いですが、Kissは一体どうなるのか気になりますね。

2016年に登場したキヤノンのカメラはEOS 80D・EOS-1D X Mark II・EOS M5はどれもデュアルピクセルCMOS AFを採用しています。クラスはエントリーと言うよりはミドルクラスやハイエンドです。

エントリーカメラにDPAFが搭載された実績はない(ハイブリッドAFは搭載されました:EOS M3やEOS 8000D)のでやや疑わしい情報かもしれませんね。Canon Watchではこの情報をCW2としています。

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

 - Canon, Canon関連の情報, EOS 一眼レフ, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報