とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

STYLUS1レビュー第3弾:TCON-17xテレコンの実力は?

      2016/07/20

TCON-17x装着 換算510mmF2.8

第一弾が中古で買った失敗編
第二弾が外観と機能編
そして第三弾はテレコンを使った望遠撮影機能だ。

中古で買ったSTYLUS1にテレコンTCON-17xとアダプターのCLA-13が付いてきた!という訳で早速合体。
手のひらサンニッパが手のひらからこぼれるゴーニッパに変身した。

PENTAX K-3/SIGMA 18-35mm F1.8

PENTAX K-3/SIGMA 18-35mm F1.8

でけえ…まさにバズーカ…もはや手のひらサンニッパでは無い。
しかし、換算510mmを備えてこの大きさはまだまだ評価するに値する。ミラーレスの望遠レンズよりはまだ幾分も小さい。
本体のレンズはボディ付け根の筒状の中を仕様通り前後する。その先にテレコンバージョンレンズを装着した感じだ。

PENTAX K-3 / SIGMA 18-35mm F1.8

PENTAX K-3 / SIGMA 18-35mm F1.8

まあ、このテレコンを付けてやっとネオ一眼と大きさが一緒くらいだろうか。
本体がコンパクトなだけにレンズの大きさが目立ってしまう。
コンデジしか使ってない人からすると抵抗感のある大きさかもしれない。

PENTAX K-3 / SIGMA 18-35mm F1.8

PENTAX K-3 / SIGMA 18-35mm F1.8

ちなみにコンバージョンレンズアダプタ「CLA-13」を装着した状態。この先にテレコンをネジってつける。
これだけではただの筒だが、案外広角端でもケラれない

PENTAX K-3 / SIGMA 18-35mm F1.8

PENTAX K-3 / SIGMA 18-35mm F1.8

と言うことで、フード代わりにも使える。望遠端だとさすがに効き目は薄そうだが、レンズは露出しないので保護フードとしての役割はありそうだ。しかし、当然の様に電源オフ時にレンズを保護するオプションのキャップは外さなければCLA-13が装着出来ない

使い方は、撮影地に到着してCLA-13を装着。ポケットにテレコンTCON-17xを忍ばせておいて、必要なシーンにおいてTCON-17xを装着するって感じだろうか。テレコンはでかいのでポーチに入れるなど必要。

PENTAX K-3 / SIGMA 18-35mm F1.8

PENTAX K-3 / SIGMA 18-35mm F1.8

テレコン使用時は広角側が使えない。いや、使えるがケラれる。

あと、このTCON-17x、リアキャップは付いているが、フロントキャップはそもそも存在もしない。ネジが切っているわけでもないのでフィルターを取り付けることも出来ない。取り扱う際はフロントレンズを角にぶつけないように気をつけよう。

もしくは自前で改造して取り付けるしかない。どうも77mmのフィルター枠がスポっと嵌るらしいので、必要な方は調べて改造してみよう。

野鳥撮影が出来る

通勤途上に鴨がいっぱい飛び交っている鴨池と言うところが存在するので、そこで撮ってきた。

野鳥撮影をトライした方なら感じると思うが、野鳥って近づくとあっと言う間に飛び去る。もしくは遠くにスイーっと泳いで逃げる。すると、あっと言う間に510mmでは距離が足りなくなる。そこで2倍デジタルズーム作動

Olympus STYLUS1 TCON-17x /1020mm F2.8

Olympus STYLUS1 TCON-17x /1020mm F2.8

1020mmにして撮影してなんとか使えるかな?と言ったところ。この焦点距離でもF2.8が使えるのには驚きだ。しかし、デジタルズームは実質トリミングと変わらないので、絞り開放で撮影すると色収差がかなり目立つ。開放で2.8なので、絞ってもシャッタスピードには余裕がある。しっかり絞って撮影しよう。

ブログにアップしてる最中に気がついたが、F2.8の開放でしか撮っていない…。これはしまった、お蔭様で色収差がもろに出ている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Olympus STYLUS1 TCON-17x /1020mm F2.8

木に留まっている雀を取ってみた。まあまあ、これなら結構寄ることができる。が、これも絞り開放で撮っていた。

OLYMPUS STYLUS1 / 510mm Dzoom=1020mm

OLYMPUS STYLUS1 / 510mm Dzoom=1020mm

という訳で後日改めて絞って撮影。東尋坊にてカメラマンを後ろからパチリ。絞れば色収差もまあ抑えられているので常用には耐える。トリミングはどうだろう、ちょいとフリンジが目立つかも。

何はともあれ、一眼カメラで焦点距離を1000mm以上にしようと思うと相当の資金の投入が必要だ。それを思うとこのSTYLUS1なら新品でも4万強に1万のテレコンで6万円ほどでシステムが完成する。しかもF2.8通し。

TCON-17xを使うときの注意点

  • 広角側はケラれて使い物にならない
  • 絞らないと晴天時は色収差が目立つ
  • フロントキャップが存在しないので、気をつけて扱うか自前で保護フィルターを作る。
  • コンデジの割には案外嵩張るので、持っていくポーチを用意しよう。

便利なリンク集を作成中

現在、高級デジカメや一眼のボディ・レンズなどの最安値をダイレクトにリンク出来る早見表を作成中。
詳しくは下記のリンクから飛ぶことが出来る。

STYLUS1/STYLUS1s用アクセサリーの購入早見表は コチラ
その他、高級コンパクトデジタルカメラの購入早見表は コチラ
一眼ボディレンズなども作成中。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ他のPENTAXユーザーのブログも見てみよう
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ他のデジタル写真のブログも見てみよう

 - OLYMPUS, カメラ, カメラ ボディ, デジカメ, 機材レビュー ,