とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

雄島

紹介

島内を半時計回りで周遊すると死んでしまう、東尋坊で身を投げたらこの島に漂着するなどと言われています。そ の為、地元ではホラースポットとして有名であり、特に夜に来て徘徊する物好きもいます。もし、夜にこの島を訪れるのであれば懐中電灯は必須。電灯も何も無 いのでしっかり予備も含めて携帯して行こう。

橋を渡り切ると目の前に鳥居が見える。雄島をここまでで満足したのであれば引き返すポイントとなる。ここから奥に行くと、トイレも無い目立ったモニュメン トも無い全周2キロの上り下りや獣道だったりを進む自然景観が主である。東尋坊の様な柱状節理やヤブニッケイ・タブなどの樹海を見たければさらに奥に進も う。その際は歩きやすい格好や履物がおススメ。水たまりで泥濘んでいたり、雑草・木による擦過傷や蚊・アブなどに注意しよう。

島内に足を踏み入れると鬱そうと木々が茂っているので晴れていても日があまり差し込まない。人気もあまり無い為、静かで鳥のさえずりと風のそよぐ音だけが聞こえてくるだろう。上の写真は島内に入ってすぐの所、まだ道が整備されており歩きやすい。

道中にある鳥居の奥には東尋坊が見える。天気が良ければ望遠レンズで東尋坊が綺麗に撮れるだろう。木々で日差しが入ってこない分、ここがとても明るく感じリフレッシュ出来る。ここからさらに奥に進むと島の北西に出る。

島の西側はまだ東尋坊や三国が見える。遊歩道以外は雑草が生えており歩きにくいがよく釣り人を見かけるのもこの辺りだ、良いスポットなのだろうか。釣り人以外には小ぶりな灯台があるが中には入れない。

島の北に出ると海蝕崖が広がっている。東尋坊よりも歩ける範囲(歩きにくく危険もある、しかも落ちたら助けてくれる人が居ないかもしれない)が広く面白 い。あまり見ない光景だが、変わり映えの無い柱状節理が続くこともあって飽きるのも早い。いい写真などが撮れたらさっさと退散しよう。

 

 

被写体

柱状節理 osima14 osima13
神社 oshima-02-03 oshima-02-05
自然 osima15 oshima-02-07

 

 

 

利用情報

住所 福井県坂井市三国町安島
営業時間 無休
料金 無料
所要時間 15分~1時間
駐車場

MAP

公開日: