とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

今後のEOS Mシステムの動向について情報【CR2】

      2016/12/20

CanonRumorsがEOS Mシステムに関する噂や情報を発信しています。

  • EF-M 18-55mm F3.5-5.6 STMはそう遠くない将来に廃止される
  • EF-M 18-150mm F3.5-6.3はミラーレス市場においてアジアで人気第2位のレンズとなっています。
  • EOS Mシステムにおける最初の「ハイエンド」ズームは15-85mm F3.5-5.6 IS STMのように開放F値固定ではないズームレンズとして近い将来登場する。
  • 2017年には少なくとも1本の単焦点レンズを見る事になりますが、現在3本のレンズをテストされています。

EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMEF-M 15-45mm F3.5-6,3 IS STMの登場で確かに姿を消しそうな気配となっていますね。「ハイエンドズーム」としていますが大口径ズームでは無くハイパフォーマンスモデルとなるのでしょうか。

次のEOS Mシステム用レンズの情報は年内でも数点挙がっており、当サイトで確認しているだけでも

という3種類のレンズ関する噂・特許情報がありました。

加えて「20mm F3.5(APS-C)」「18-62mm F2.8-8(APS-C)」というレンズの情報もありましたが、こちらはEF-Mというよりはプレミアムコンデジに使われるような情報です。

別記事にてフルサイズミラーレスなんて噂も出てくるくらいなので、今後のEOS Mシステムに期待したいところですね。

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

 

 - Canon, Canon関連の情報, EOS ミラーレス一眼, FFミラーレス一眼, カメラ, カメラ ボディ, 噂情報, 機材の噂情報・速報