SONY αE シリーズ 海外の評価

ソニー α7R Vは画質の向上を期待できないかもしれないが使い勝手は飛躍的に改善した

Amateur Photographerがソニー「α7R V ILCE-7RM5」のイニシャルレビューを公開。操作性やAF性能などが大幅に改善しており、画質の向上は期待できないものの、使い勝手がよくなっているとすぐに感じた模様。

Amateur Photographer:SONY ALPHA A7R V REVIEW: HANDS-ON FIRST LOOK

ビルド・外観

  • 前モデルと非常によく似ており、実際、同社の他のすべての最近のフルサイズ モデルに似ている。しかし、ボディデザインとインターフェースのアップデートを多数取り入れている。

バッテリー

  • 記載なし。

インターフェース

  • 5 GHz Wi-Fi または 10Gbps USB-C 接続のいずれかを介して、Imaging Edge Desktopを使ったテザー撮影が可能だ。
  • Wi-Fi、USB、または USB テザリングされたスマートフォンを介して FTP サーバーに転送できる。
  • カメラをコンピューターに接続して、追加のソフトウェアなしで4K ウェブカメラとして使用することもできる。

携帯性

  • 記載なし。

グリップ

  • 記載なし。

操作性

  • α7 IV からコントロール レイアウトが変更され、専用の露出補正ダイヤルが、機能を再割り当てできる無印ダイヤルに置き換えられた。
  • モードダイヤルの下にあるスイッチは、動画と静止画を切り替えることができる。
  • RECボタンは上部に移動して、手が届きやすくなった。

手ぶれ補正

  • ソニーはボディ内手ぶれ補正を劇的に改善したと述べている。
  • 手振れ補正メカニズムを使用して撮影するピクセルシフトマルチショットはImaging Edge Desktop ソフトウェアがフレーム間を移動する画像要素を検出して補正できるようになった。

ファインダー

  • 記載なし。

モニター

  • ソニーにとってまったく新しい機能の1つが4軸フリーアングル構造の可動液晶モニタだ。これはパナソニックのLUMIX GH6やS1Hとよく似た構造である。
  • チルト機構による素早い展開と、バリアングル機構による自由度の高さを組み合わせている。

メニューシステム

  • 大幅に改善されたメニュー システムと包括的なタッチ インターフェイスを利用できる。

フォーカスシステム

  • AI ベースの被写体検出は新機能だ。これにより、既存の人間、動物、鳥に加えて車、電車、飛行機、昆虫を認識するようになった。
  • さらに以前よりもはるかに被写体を細かく認識できると主張している。たとえば、動物の頭や体、目を認識することができ、カメラが被写体の最も重要な部分に焦点を合わせられるようにするの「姿勢推定」を備えている。
  • 前モデルよりも多くのフォーカスポイント ( 693点 ) を誇り、AFカバーエリアも広がっている。

ドライブ性能

  • 最大連続撮影速度は依然として毎秒 10 フレームだが、連続撮影枚数は増えている。非圧縮RAW+JPEGで88枚の撮影が可能だ。
  • ただし、使用するメモリカードに依存することは間違いなく、CFexpress Type Aカードに対応している。
  • 蛍光灯や LED照明下での撮影時のバンディング効果を回避するためにシャッター速度を自動的に微調整できる「アンチフリッカースキャン」機能が含まれている。
  • カメラの電源がオフのときにシャッターを閉じるオプションがあり、センサーにほこりが入らないようにできる。
  • 長時間露光するためのメニューにバルブタイマーオプションが含まれている。風景写真家の意見に耳を傾けていると述べているが、シンプルにより長い時間のシャッタースピードを追加する方が確実に良い解決策だったと思われる。

解像性能:

  • 記載なし。

高感度ISOノイズ

  • 記載なし。

ダイナミックレンジ

  • 記載なし。

画質・仕上がり機能

  • AI プロセッシング ユニットは、AFだけに使用されるわけではない。ソニーによると、これはオート ホワイト バランスの改善にも役立っている。
  • 自動露出も改善され、特に演色性と肌の色合いが改善されたと言われている。
  • 品質を落とさずにファイル サイズを 20% ~ 50% 削減するロスレス圧縮RAWなど、幅広い画像画質オプションを備えている。
  • 2600万画素と1500万画素の2 つの低解像度でRAWファイルを記録するオプションも利用可能だ。これにより、よりカジュアルな写真に適したカメラになる。

動画

  • 24/25fpsで8K、50/60fpsで4Kを撮影できるようになった。しかし、どちらも 1.2 倍のクロップが発生する。
  • 全幅を使用して、4K 30pの撮影が可能だ。
  • 10bit 4:2:2 出力に対応、S-Cinetoneやフォーカス ブリージング補正に対応している。

総評

正式発表に先立ち、α7R Vを数時間触ってみたところ、大きなアップデートのように感じられた。画質の向上は期待できないかもしれないが、使い勝手の面ではかなりの改善が見られる。新しい被写体認識システムや手振れ補正の改善について判断するにはもう少し時間が必要だが、巨大なファインダー、より柔軟なメニューデザイン、新しいインターフェースはすぐにその良さを実感できる。

とのこと。
イメージセンサーは従来通り6100万画素ですが処理エンジンが新しくなり、AIプロセッシングユニットによりAFやAWBが強化されているのは魅力的ですね。さらにα7 IVのコントロールデザインを継承しており、Fnダイヤルや静止画/動画スイッチを搭載しているのも嬉しいポイント。

また、ロスレス圧縮RAWやRAWのサイズを変更可能になったことでストレージやパソコンにやさしくなったこと、バルブタイムに対応したことで長秒露光が簡単になったなど、細かい改善点も数多く存在しています。α7R IVと比べると高価な機種となってしまいましたが、高解像モデルで使い勝手に不満を感じていたのであれば乗り換える価値がある1台と言えそうです。個人的にもα7R IVからのアップデートを検討中。センサー画質の改善は期待できないかもしれませんが、AWBや露出の精度が高くなるのは歓迎できるポイントなのかなと。

ソニー α7R V ILCE-7RM5 最新情報まとめ

α7R V
ソニーストア icon
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連記事

-SONY, αE シリーズ, 海外の評価
-,