OLYMPUS Olympus関連の情報 カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報

オリンパス映像事業がファブレスになる予定は無い

東洋経済オンラインがオリンパス映像事業を買収する日本産業パートナーズへのインタビューを公開。映像事業復活への自信と「ファブレスにするつもりはない」と述べています。

ベトナム工場の生産体制は維持か?

東洋経済オンライン:オリンパス、「カメラ事業」の復活に必要な条件ーJIPの買収によって、「VAIO復活」の再来なるかー

  • 9月末までにデジタルカメラを含む映像事業から撤退、日本産業パートナーズへ譲渡
  • JIPは過去30件の投資で破綻したケースはない
  • VAIO事業での成功に裏打ちされた自信
    (B to CからB to Bへ)
  • 「オリンパス」ブランドは当面維持
  • オリンパスでは医療などにリソースが回され、映像事業に十分な投資が出来ていなかった
  • マイクロフォーサーズのセンサー特性を活かしたコアユーザー市場深掘り
  • 動画・監視カメラまで視野に入れる
  • VAIOのように海外撤退は無い
  • ベトナムの主力工場を残すなど、ファブレスにする予定はない。持続可能な黒字化を目指す
  • 社長と現場の事業継続の熱意があったからこそ買収を決めた
  • デジカメ業界のアナリストは懐疑的

映像事業買収の最終締結まで残り一か月を切りました。どのような体制となるのか、現オリンパスユーザーとしては気になる所ですが、「ファブレス(工場を持たない会社)の予定はない」という一言は頼もしいですね。ベトナム工場では内視鏡も手掛けていたような気がしますが、そのあたりの絡みがどうなるのか気になる所。
カメラ・レンズ共に愛用しているので、映像事業の復活には期待。とは言え、記事の最後にあるように、マイクロフォーサーズシステムの片翼だったパナソニックはLマウントアライアンスを立ち上げ、フルサイズ市場へ参入。APS-Cシステム導入まで噂されています。マイクロフォーサーズシステムが今後どのようなものとなるのか、これから数年間でハッキリするかもしれませんね。
手始めにシャープが8K対応モデルを投入してくれるはず…。

サイト案内情報

オリンパス関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-OLYMPUS, Olympus関連の情報, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER