カメラ スマートフォン

シャープが1型センサー&19mm Leica SUMMICRON搭載「AQUOS R6」を正式発表

シャープが「AQUOS R6」を正式発表しました。カメラはLeica Camera AG監修の19mm F1.9 SUMMICRONを搭載し、イメージセンサーは1型 2020万画素CMOSセンサーを使用しているとのこと。

 シャープは、ライカカメラ社(Leica Camera AG 本社:ドイツ・ウェッツラー。以下、ライカ)監修のカメラと、世界初 1Hz-240Hzで駆動するOLEDディスプレイ「Pro IGZO OLED」を搭載した5G対応スマートフォンのフラッグシップモデル「AQUOS R6」“co-engineered with Leica”を商品化。株式会社NTTドコモより発売します。

 当社は、100年以上にわたりカメラの歴史を築いてきたライカと、スマートフォンのカメラの開発・設計において、2020年3月より協業を開始。本機は、センサー・レンズの設計、画質の調整まで含めたカメラシステムの開発をライカと共同で行いました。スマートフォンとして最大級の1インチセンサーと、ライカのレンズ「ズミクロン」の称号を得たF値1.9/焦点距離19mmの7枚構成レンズの採用により、圧倒的な集光量で暗い場所でも高感度、かつ広角から望遠までひずみを抑えた撮影を可能にしました。さらに、スマートフォンが得意とするコンピュテーショナルフォトグラフィー(デジタル画像処理技術)を融合。デジタルズーム時にも細部の輪郭まで緻密に再現できるほか、夜景撮影時にはノイズを抑えたダイナミックレンジの広い描写が可能になるなど、昼夜、室内外を問わず、大切な瞬間をその場の“空気感”とともに残します。

 ディスプレイには、世界初 1Hz-240Hzで駆動するOLEDディスプレイ「Pro IGZO OLED」を搭載しました。表示コンテンツに応じて、駆動速度を自動で切り替え、高い省エネ性能と、滑らかで残像を抑えたクリアな表示を両立します。10億色の色彩階調と2,000万:1の高コントラスト、業界最高※3となる2,000nit(cd/m2)の高いピーク輝度により、HDRコンテンツを明るく臨場感のある立体的な映像で表示します。加えて、高い処理性能を持つ最新のCPU「Qualcomm ® Snapdragon TM 888 5G Mobile Platform」と、高速かつ高精度な指紋認証を実現する「Qualcomm ® 3D Sonic Max」、5,000mAhの大容量バッテリーを採用しました。光学特性とコンピュテーショナルフォトグラフィーを融合させたカメラ、およびIGZOとOLEDの強みを生かしたディスプレイで、撮影・映像体験を革新します。

品名

ブランド名

形名

発売時期

スマートフォン

AQUOS R6

SH-51B

2021年6月中旬以降

主な仕様

  • SUMMICRON 7枚レンズ 換算19mm F1.9
    ・1型 2020万画素CMOS
    ・24mmの標準撮影
    ・望遠6倍 152mm 撮影対応
  • 340点レーザーオートフォーカス
ブランド名 AQUOS R6
サイズ 約74 × 162 × 9.5mm
OS Android™ 11
CPU/RAM・ROM CPU
Qualcomm® Snapdragon™ 888 5G Mobile platform 2.8GHz+1.8GHz オクタコア
12GB RAM / 128GB ROM
外部メモリ(最大対応容量) microSDXC(最大1TB)
ディスプレイ 約6.6インチWUXGA+(1,260×2,730) Pro IGZO OLED
HDR
アウトカメラ 有効画素数 約2,020万画素
F値1.9レンズ
インカメラ 有効画素数 約1,260万画素
F値2.3レンズ
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
バッテリー容量 5,000mAh
防水/防塵 IPX5・IPX8/IP6X
おサイフケータイ
生体認証 〇(指紋・顔)
ハイレゾ
外部接続 USB Type-C/イヤホンマイク端子(3.5φ)

スマートフォンとしては最大級のイメージセンサーを搭載した「AQUOS R6」が遂に登場しましたね。レンズは広角19mmの2020万画素のみと割り切っていますが、そのぶん広角~標準の画質には期待したいところ。「加工では無い本物のボケ」「幅広いダイナミックレンジ」「圧倒的な低照度性能」を強調しており、従来の小型センサーとの違いを大きく打ち出しています。

レンズの画角は19mm相当と広く、日常的に使うであろう24mmや28mm、35mmのような画角では1型センサーで電子ズームを使うことになりそう。1型2020万画素を最大限活かす場合は19mmというのが悩ましいところですね。超広角19mmでF1.9の明るさを実現しており、色収差や解像性能が両立できているのかも気になるところ。

Xiaomiも「Xiaomi Mi11 Ultra」で1/1.12型の大型イメージセンサーを搭載しています。ただし、解像度は5000万画素と「AQUOS R6」の倍以上であり、それぞれカメラのコンセプトが大きく異なっているように見えます。Xiaomiはどちらかと言えば「スマホのカメラ」らしくコンピューショナルフォトの印象が強く、シャープは純粋にカメラを目指したようなスペックとなっていますね。

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-カメラ, スマートフォン

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER