SONY αE シリーズ カメラ 海外の評価

ソニーα7R Vはカメラの性能と操作系が釣り合っていない

Digital Camera Worldがソニー「α7R V ILCE-7RM5」のイニシャルレビューを公開。高性能・高機能を評価しつつ、カメラのコントロールレイアウトが釣り合っていないと指摘。「Top Gear」のエピソードのようなカメラとのこと。

Digital Camera World:Sony A7R V hands-on review

ビルド・外観

  • 内部のテクノロジーはバージョンアップのたびにアップデートされが、外観はほとんど時間が止まったままなのはソニーらしい。

バッテリー

  • 以前のα7R IVと同様に、ある厚みのあるグリップを備えた頑丈なカメラだ。
  • 新しい4軸フリーアングルモニタによって厚みが増したようには感じない。

インターフェース

  • 側面にはマイクとヘッドホン端子があるが、フルサイズHDMIはない。必要なときに動画を撮影するように設計されているが、動画用のデザインではないようだ。
    訳注:おそらくレビュワーが見落としていると思われます。α7R Vはマイク・ヘッドホンジャックとは別のドアにフルサイズHDMIポートを搭載)
  • 我々が期待する解像度と品質の画質だ。
  • 動画機能や手ぶれ補正については、まだ試用期間が短いので、これから検証していきたい。

携帯性

  • 記載なし。

グリップ

  • α7ボディに共通するように、ボディの全高が比較的低い。人差し指をシャッターの上や近くに置いて撮影しない限り、3本の指がグリップに収まり、一番小さい指はベースプレートの下にぶら下がったままになってしまう。

操作性

  • 旧モデルの露出補正ダイヤルが無印のマルチファンクションダイヤルに変更されている。
  • 他のソニーのカメラと同様、各カメラの長所に適応した物理的な操作ではなく、カスタムボタンに大きく依存している。
  • トッププレートには旧式のモードダイヤルがある。その下にはスチル、ムービー、S&Qの各モードのレバーがあり、これは歓迎すべきことだが、なぜドライブモードも追加しなかったのか?
  • カメラ上部のシャッターのすぐ後ろに、動画記録ボタンがある。人差し指で押すにはグリップをずらさなければならないので、ちょっと不便だ。
  • モードダイヤルを左側に移動させれば、ステータスLCDを搭載するスペースがありそうなものだが、変更は見られない。

手ぶれ補正

  • 記載なし。

ファインダー・モニター

  • 背面モニタは見事な出来栄えだ。便利なバリアングルとして利用でき、レンズの光軸に合わせたままチルトも可能だ。
  • 最高の解像度を持つEVFは素晴らしい。

メニューシステム

  • 記載なし。

フォーカスシステム

  • 大きなニュースは、ソニー独自のAI処理ユニットによって駆動する新しいAFシステムだ。これにより、カメラが認識・追従できる被写体の範囲が広がり、昆虫、車、電車、飛行機などが含まれるようになった。
  • 動物や鳥の頭や体を認識することができ、顔や目だけでなく、姿、手足、ポーズから人物を認識できるようになったことが大きい。
  • 被写体認識はスポーツカメラに特化した機能だが、結婚式やイベント、野生動物の撮影など、このカメラにとって重要な分野である被写体や人物を認識する機能が強化されたことは、大きなメリットと言える。
  • AIオートフォーカスは、さまざまな被写体で試してみた。
  • フレーム内の人型、それも背中を向けている遠くの人物を拾うのがとても上手だ。
  • 動物の検出も同様に印象的だったが、ゴールデンレトリバーよりも白黒の犬の方がよく追従した。
  • α7R Vは、鳥類検出モードではなく通常のトラッキングAFでも、青空を背景にしたカモメの追尾は優れていた。
  • 地面をつつくカラスには苦戦した。実際、AFは何度か諦めて停止し、カメラの電源を切って再び入れると復帰した。とても不思議だ。
  • 被写体認識は必ずしも便利ではない。モトクロスイベントで人物や風景を撮影していたところ、近くにいる人ではなく、バイクにピントを合わせたいことがあった。さまざまな被写体が混在する撮影では、かえって邪魔になることもある。
  • これが人工知能の難しいところで、カメラを操作しているのが1人ではなく、2人であるかのように感じてしまう。

連写性能

  • 連続撮影時のバッファ深度が大幅に向上しており、前モデルに比べ最大8倍のRAWファイルを撮影することができる。

解像性能:

  • fp LやLeica M11と並んで、フルサイズセンサーとしては最高解像度のイメージセンサーを搭載している。
  • 解像度に関して、さらに上を期待する人もいるだろうが、6100万画素で十分であり、特に改良した2.4億画素のピクセルシフトマルチショットモードで間に合っている。

高感度ISOノイズ

  • 記載なし。

ダイナミックレンジ

  • 記載なし。

画質・仕上がり機能

  • 記載なし。

動画

  • 8K動画については、おそらくα7R Vの最も強力な機能ではない。フレームレートは最高でも24pで、1.2倍のクロップがかかる。
  • 全幅での動画も撮影できるが、4Kのみで、これがオーバーサンプリングされているかどうかはまだ不明だ。
  • 4K 60pを望むなら、やはり1.2xクロップが必要だ。
  • α7R Vは動画のスペシャリストではない。

総評

もっとパワーを!もっとスピードを もっと速く! もっとすべてを!
まるでおバカなテレビ番組「Top Gear」のエピソードのようなカメラだ。

カメラ本体は、大きなプロ用レンズを装着するには小さすぎる、あるいは本体の高さが足りないように感じられ、操作系もこのカメラの長所に合わせたものではなく、一般的なレイアウトに沿ったものとなっている。しかし、どのボタンに何をさせるかを記憶するのに時間がかかる。

新しいAI被写体認識AFは、その高速な認識と捕捉、そして非常に粘り強い「トラッキング」の両方において、注目に値する。画質はα7R IVと同等(ソニーはより良いとしている)であり、バッファが大きくなったことで、長時間の連写でも真価を発揮するだろう。

ソニーはこのカメラを解像度のスペシャリストとして宣伝しているが、動画やスポーツの境界線もすべて曖昧にしてしまい、これまで以上に「正しい」ソニーのカメラを選ぶことを難しくしている。

α7R Vは素晴らしいテクノロジーを搭載しているが、正しい方向に向かっているのか、それとも特定の方向には向かっていないのか?技術的には圧倒され、物理的に圧倒される、そんなカメラだ。

  • 長所
    ・8K動画 クロップあり
    ・大幅に強化されたバッファ
    ・革新的なAIフォーカス
    ・バリアングルチルトモニタ
    ・ボディ内手ぶれ補正が改善
  • 短所
    ・6100万画素を維持
    ・カスタムボタンへの依存度が高い
    ・動画の制限

とのこと。
高性能・高機能なカメラと評価しつつ、コントロールレイアウトのデザインが釣り合っていないと指摘しています。従来機と比べると細かい点で改善は見られるものの、レビュワーとしてはより抜本的なデザインの変更を期待しているように見えます。

私もソニーを始めとしてニコンやキヤノン、オリンパス、パナソニック、富士フイルムなど、各メーカーのカメラを扱っていますが、レビュワーの言わんとすることも何となく理解できます。カスタマイズ性の高さが売りとなっているものの、それに依存していると言われれば確かにそうかもしれません。

ニコンZシリーズのようにカメラごとにレイアウトがコロコロ変わるのも悩ましいことですが、α7R Vも50万円超の高級機らしいコントロールデザインや風格があると良かったですね。α1のように左肩をもっと有効活用していればレビュワーの評価も変わったのかもしれませんが…。

このあたりが上手いと感じるのはやはりキヤノンでしょうか。ソニーほどのカスタマイズ自由度はありませんが、欲しい機能と理想的な配置のボタンは充実しているように感じます。個人的にはパナソニックのLUMX Sシリーズも好みだったりしますが、巨大なボディサイズが悩ましいところ。

ソニー α7R V ILCE-7RM5 最新情報まとめ

α7R V
ソニーストア icon
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連記事

-SONY, αE シリーズ, カメラ, 海外の評価
-,