SONY SONYレンズ SONY関連の情報 カメラ 噂情報 機材の噂情報・速報

「FE 20-50mm F2.8 GM」や「α9 III」などの信憑性が低いソニー関連の噂情報

Sony Alpha Rumorsが信憑性不明のソニーに関する噂情報をまとめて発信。「FE 20-50mm F2.8 GM」や「2022万画素 ExmorRS CMOS搭載の新型カメラ」などなど。

Sony Alpha Rumors:Wild Rumors roundup: Sony A9III, new compact FE primes and 20-50mm GM.

以下の噂は誰が送ってきたのかわからないし、90%は間違っていると思う。
しかし、過去にはそのうちのいくつかが正しかったということもある。だから、今日はそれらを投稿して、最終的には読者とこのことを記録していきたいと思う。

ソース1

  • 新しいコンパクト単焦点
    ・FE 18mm F3.5
    ・FE 31mm F2.2

ソース2

  • FE 105mm F1.4 GM
  • FE 24-70mm F2.8 GM
  • FE 70-200mm F2.8 GM
  • FE 20-50mm F2.8 GM
  • これらは会計年度2021年Q2~2022年Q2の間に登場する

ソース3

  • ソニーは、2022年のオリンピックに向けて、スポーツ向けのばけものカメラを用意した。
  • 新開発 2,022万画素フルサイズ積層型Exmor RS™ CMOSイメージセンサー
  • 進化した画像処理エンジン BIONZ XR™の組み合わせ
  • 静音・無振動の電子専用シャッターでアンチフリッカー撮影機能搭載
  • メカニカルシャッターでの世界最速記録(α1)を上回る1/500秒の電子シャッターフラッシュ同期
  • 最高60コマ/秒のブラックアウトフリー連写撮影
  • センサーの高速読み出しにより、60コマ/秒の連写を含む毎秒120回のAF/AE演算を実現
  • 6.5段分のシャッタースピードを実現する光学式5軸ボディ内手ブレ補正機能
  • 業界最速の内蔵Wi-Fi、SuperSpeed USB 10Gbps、1000BASE-T Ethernetなどでプロのワークフローをサポート
  • 明るく大きな0.64型576万ドット(約)有機ELUXGA電子ビューファインダー(リフレッシュレート240fps)
  • 全画角オーバーサンプリングによる4K 60p 10bit 4:2:2動画撮影で、圧倒的なディテールと解像感を実現
  • 静止画で15ストップ以上、動画で15ストップ以上の広いダイナミックレンジを実現
  • S-Cinetoneカラーマトリクスを採用し、映画のような表現力を実現

とのこと。
信憑性は不明ですが、少し気になるカメラ・レンズの噂ですね。

ソース1のコンパクトな単焦点レンズ群は「FE 40mm F2.5 G」と同じシリーズになると思われ、特に「18mm F3.5」レンズが本当であれば人気が出そうな広角レンズとなりそう。この焦点距離のコンパクトレンズは既に「AF 18mm F2.8 FE」が存在するので、似たような小さなソニーレンズが登場してもおかしく無いように見えます。

ソース2は以前にも噂されている第一世代のG Masterレンズのリニューアルと、これまでにない「105mm F1.4」「20-50mm F2.8」がGMの戦列に加わるというもの。新規レンズ2本はどちらも”無くはない”ような数値に見えます。特にここ最近は広角寄りの標準ズームが増えており、ソニーもその需要を感じているのかもしれません。F2.8である必要はないかもしれませんが…。

ソース3は詳細情報から「α9 III」と言ったところでしょうか?
新型センサーや新型プロセッサなど、やはり”無くはない”仕様のように見えます。確かに「α1」が登場した今なら、2400万画素から低画素化して、より高速連写やスピードに性能を振ったカメラに仕上げても良いかもしれませんね。電子シャッターで1/500秒のフラッシュ撮影が本当に可能となったら凄いですねえ。そして2022万画素の低解像であれば、60コマ秒の連写速度も夢物語ではないのかもしれません。

α7 IVに関する噂のまとめ

α7 IVについて

Sony Alpha Rumors

  • 2021年後半に登場
  • 2021年9月発表→10月に延期
  • 2022年初頭まで発売は延期
  • 世界的な半導体不足で供給が限定的
  • 3000-3200万画素の高速読み出しに対応した新型センサー
  • 369万ドット 電子ファインダー
  • 背面モニターのスペックは低価格寄り
  • 画質とAFは一級品
  • 4K 60p
  • 新メニューシステム
  • 2499ドルあたりの価格設定

Photorumors

  • α7 IIIよりも少し大きく快適なボディ
  • 368万ドットEVF
  • 144万ドットモニタ
  • 新開発3000万画素センサー
  • オーバーヒートのない4K 60p
  • デュアルSD・CFexpress Aスロット
  • α7S IIIの新メニューシステム
  • アクティブモードのボディ内手ぶれ補正
  • 2,499ドル
  • 2021年Q3/4

その他

  • 3000万画素 裏面照射型CMOSセンサー(IMX 554 DQC)
  • BIONZ X
  • 15コマ秒連写
  • 4K 60p・HLG・S-Log3
  • Full HD 120fps
  • バリアングルモニタ
  • 369万ドット OLEDビューファインダー
  • デュアルメモリーカードスロット
  • USB 3.1 C・micro USBポート
  • 3.5mmマイク入力
  • マグネシウム合金ボディ
  • NP-FZ100バッテリー
交換レンズの噂
  • FE 24-70mm F2.8 GM G2
  • FE 70-200mm F2.8 GM OSS G2

参考:購入早見表

α7 III ILCE-7M3 ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo ソニー icon
α7 III ILCE-7M3 レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo ソニー icon

サイト案内情報

ソニー関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-SONY, SONYレンズ, SONY関連の情報, カメラ, 噂情報, 機材の噂情報・速報