Panasonic関連の情報 機材の噂情報・速報 海外機材情報

パナソニックとライカカメラ社が戦略的包括協業契約を締結

パナソニックとライカが技術の共同投資、共同開発、共同マーケティングに関する戦略的包括協業契約を締結したと発表しました。この流れでの新技術・ソリューションは「L2 Technology」と呼ばれる模様。

パナソニックとライカカメラ社は、戦略的包括協業契約を締結

パナソニック エンターテインメント&コミュニケーション株式会社(本社:大阪府守口市、以下パナソニック)とライカカメラ社(Leica Camera AG、本社:ドイツ・ウェッツラー、以下ライカ)は、これまでのライカ商標の使用契約および技術協業の枠組みを進化させ、共同投資、共同開発、共同マーケティングの3分野において包括的な業務提携を行うことで合意しました。さらに両社は、この協業によって生まれる新たな技術・ソリューションを、「LEICA」と「LUMIX」の2つのLを象徴的に用いた「L2 Technology(エルスクエア・テクノロジー)」と冠し、今後、両社のマーケティング活動で展開していきます。

  • 「LEICA」と「LUMIX」という2つのブランドの強みを融合し、カメラおよびレンズの新技術、次世代ソフトウェアの分野で、両社の技術とノウハウを掛け合わせた協業のシンボルとなり、新しい時代に新たな価値を提供する技術・ソリューションを生み出していきます。
  • カメラ・イメージング市場において長年培ってきたパナソニックの映像・デジタル技術とライカの光学技術のシナジーを最大化し、新しい創造性、表現力を共同で探求していくことが可能になる今回の協業の枠組みで、新しいイメージングの世界を創造する革新的なL2 Technologyの開発を進めます。
  • この提携により、両社は、カメラおよびレンズ製品に組み込まれる新たな技術への投資を共同で行い、共同で開発した技術を、お互いの「LEICA」および「LUMIX」製品に取り入れ、更なる商品力の強化を図ります。
  • 今後、「LEICA」と「LUMIX」は、クリエイティブなカメラユーザーに向け、新たな可能性を切り開くL2 Technologyを両社のマーケティング活動にも展開し、協業体制を長期的に発展させていきます。

  • 今後両社はプラットフォームやキーテクノロジーを共同で開発し、両社のカメラやレンズ製品にシナジーを発揮していきます。

とのこと。
今回はパナソニックとライカの協業契約であり、Lマウントアライアンスのシグマとは関係のない話となっている模様。以前から関係の深い2社でしたが、これまでのパナソニック・ライカの関係からどのように変化するのか気になるところ。今後は「L2 Technology(エルスクエア・テクノロジー)」を謳う新製品が登場するのでしょうか?将来的にライカmonochromeのようなLUMIXが登場したり、動画に強いライカが登場するのかもしれませんね。

パナソニック関連記事

-Panasonic関連の情報, 機材の噂情報・速報, 海外機材情報