とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

鉄塔のある風景3(写真ログ)PENTAX K-3 / SIGMA 10-20mmF4-5.6 EX DC

      2015/05/16

PENTAX K-3 / SIGMA 10-20mmF4-5.6 EX DC

PENTAX K-3 / SIGMA 10-20mmF4-5.6 EX DC

坂井市の田園にて鉄塔の見える風景。前にも書いたかもしれないけども、このSIGMAの広角ズームって絞るとしっかりコントラストが効く。おかげで解像度はそこまででも無いけど、解像感は出る。特に広角で等倍鑑賞なんてしないから解像感が出ればオーケーオーケー。

正直言うとFA31mmやDA★55mmよりも性に合っていたりする。何かを切り取るよりも「取り敢えず全部撮っちゃいたい」的な。特に福井県は高層ビルが無かったり、無駄に視界の開けた観光スポットが多いので、特に活用する機会が多い。PENTAX純正で一番画角が広いレンズで12~24mmの広角ズーム。これがちょーーーっと高いんだよなあ…。4万くらいなら純正買った。が、実際の所はポイント使って3万円でこっちのレンズを買っちゃった次第でござるの巻。

結果として、10mmの超広角には満足しているしコントラストも強めなので十分満足。SIGMAの18-35mmF1.8は重すぎて手放しちゃったけども、こちらはまあ大きさもソコソコで樹脂性なので軽くて良し。写りもあって手放す予定は今のところ無し。純正の単焦点で14mmや15mmがあるのでちょっと気になる所だけども、もう少し広角寄りが欲しい!それなら多少高くても買ってまう。

純正で出ないもんかなあ、超広角の単焦点…。

 - 写真