とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

Kマウントの貴重な純正超広角ズーム smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]

      2016/11/03

現行のKマウントの純正レンズでは、10-17mm魚眼の次に画角の広い12mm始まりの超広角ズームレンズだ。むしろ超広角ズームレンズのラインナップではこれしかない。あとは単焦点レンズが14mmや15mmである程度。よって超広角ズームレンズを買うなら自ずと目に付くこのレンズかサードパーティ製のレンズとなってくる。

周辺減光や歪曲は良く補正されているのだが、色収差が目立つ。これは広角レンズの常のような現象なので、特にコントラストが強く出るシーンではしっかりとチェックして撮影に臨みたい所だ。耐候性能は有してないが描写が良くて綺麗な光芒が表現出来るだけにシーンによっては下記のレンズと選択が悩ましいところ。

なんと言ってもその光条が本レンズのキーポイントで、F11まで絞り込む事で風景写真に美しい8本の光条をアクセントして入れる事ができるのは大きな強み。最近のレンズでここまで綺麗な光条がでるレンズもそう多くない。

smcPENTAX-DA★16-50mm F2.8ED AL[IF] SDMと比べ

対候性能を有するレンズでの最広角レンズは★16-50mmとなる。特に山登りの方はかなり悩ましい選択だろう。防塵防滴の超広角レンズがリリースされれば言うことは無いのだが、ロードマップに載っている幻のワイドズームが不透明な以上はじゃじゃ馬の★16-50mmも選択肢に入ってくる。

12-24mmと比べて、対候性能は高いが描写においては不安定な要素が多く、12-24mmに歩があるだろう。逆光耐性も12-24mmの方が高く、サードパーティ製のレンズと比べても良好。山頂からギンギラギンの眺望を撮る際に、フレアによるコントラストの低下耐性は重要な要素だろう。

特に山頂からのワイドな撮影が必要なければ★16-50mmの方が使えるシーンが多いので重宝するだろう。逆光耐性がどうしても気になるのならば12-24mmを選ぼう。

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSMと比べ

競合レンズと比べると、SIGMAのレンズはF3.5通の超音波モーターを導入しており、価格も純正よりは安く、若干明るいレンズとなっているのでスペック的に見ると一歩リードしている。

順光であればコントラスト濃い目の描写も可能だが、逆光にすこぶる弱いので目立つゴーストが飛びやすい。

購入早見表

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ
smc PENTAX-DA 12-24mm F4ED AL[IF] 新品・中古情報 新品情報
新品・中古情報
Kenko 77mm PRO1D C-PL 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
Kenko 77mm PRO1D ND4 新品・中古情報
新品・中古情報
 
Kneko 77mm PRO1D プロテクト 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズフード PH-RBI77
レンズキャップ O-LC77 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

レンズ仕様

MTFチャート

レンズ構成図

img-smcpentax-da12-24_02

 - PENTAXレンズ, PENTAX広角レンズ, カメラ, レンズ