【セール情報】Amazon「GODOX製品が最大19%OFF」「ProGrade COBALT 325GB 15%オフ
【予約販売開始】キヤノン「EOS R3・RF16・RF100400」ニコン「Z 40mm F2

Canon EOS R3 EOS Rシリーズ SONY α1 αE シリーズ カメラ デジタルカメラ総合 機材比較

「EOS R3」と「α1」の外観やスペックの違い

このページでは「EOS R3」と「α1」の外観やスペックの違いを見比べています。

更新履歴

  • 2021-09-14:「EOS R3」が正式発表されたので「α1 ILCE-1」と外観やスペックを見比べるページを作成しました。空白は現在対応中。

基本情報と価格の確認

EOS R3 ILCE-1
発売日 2021年 11月 2021年3月19日
小売希望価格 オープン オープン
初値 ¥782,633
商品ページ 商品ページ 商品ページ
仕様表 仕様表 仕様表
説明書 説明書 説明書
データベース データベース

EOS R3

ポイント

後日追記予定

EOS R3
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

α1

ポイント

後日追記予定

α1 ILCE-1
ソニー公式
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

外観の違い

正面

管理人
ボディサイズは置いておくとして、前面に操作可能なボタンが4カ所も配置されているのはEOS R3の強みとなる。α1は基本的に右手親指と人差し指の操作がメインとなるものの、EOS R3はさらに中指や薬指を使った操作も可能。同時に扱うことができるボタン数が多いのは便利であり、カメラを撮影状態で握ったまま、自然とボタン操作ができるのも前面ボタンの特徴。
また、前面左下にはN3タイプのレリーズケーブルに対応。α1が側面のUSBポートであるのに対して防塵防滴性の面で有利。
α1はボタンこそ無いものの、「可視光+IRセンサー」をカメラ前面に搭載。難しいシーンでも中庸で安定感のあるAWBを期待できる。

背面

管理人
EOS R3はAFポイントの操作として「視線入力」「光学式センサー(スマートコントローラ)」「ジョイスティック」の3種類を用意。α1は「ジョイスティック」「タッチパッド」に対応。指を使わずに操作できる視線入力や厚手の手袋を装着したままでも操作可能なスマートコントローラの優位性は高い。

ソニーはボディが小さくボタン数こそ少ないものの、自由なボタンカスタマイズに対応。小型軽量ながら柔軟性の高いボタン配置が可能。

上面

管理人
基本的なコンセプトは似ており、左肩にはドライブやフォーカスモードの切替機能を搭載し、右肩には露出モードや露出補正の操作に対応。ただし、それぞれボタンだったり、ダイヤルだったりと、操作のスタイルが異なっています。EOS E3は比較して電子制御がメインとなっており、物理的なコントロールが少ない。そのぶん右肩の余った部位にステータスLCDを搭載。露出状態やモードを確認しつつカメラの操作が可能。どちらが秀でているとは言及できないので、実際にカメラを触って使いやすさを確認するべし。

防塵防滴

管理人
ソニーαも第四世代で防塵防滴仕様が強化されています。EOS R3との違いは主にホットシュー周辺と縦位置グリップ一体型によるカメラ底面の防塵防滴性と言ったところでしょうか。

スペックの違い

イメージセンサー

EOS R3 ILCE-1
センサーサイズ フルサイズ フルサイズ
センサー形式 DP CMOS
裏面照射×積層型
裏面照射×積層型
有効画素数(万画素) 2410 5010
最大記録画素 6000×4000  8640 x 5760
アスペクト比 3:2
×1.6
1:1
4:3
16:9
3:2
16:9
4:3
1:1
ローパスフィルター あり 不明
手振れ補正(補正段数) 8 5.5
光学IS連携(補正段数) 8
除塵機能 シャッター閉幕機能
超音波
帯電防止コート
超音波
管理人
解像性能は圧倒的にα1が優位。APS-Cクロップでも十分な解像性能を発揮する。30コマ秒の高速連写に対応しつつ、この高い解像性能の高さは魅力的。その一方で1枚あたりのファイルサイズはどうしても大きくなってしまう。特にFTPなどで大量のファイルを転送するような使い方の場合は注意したいポイント。

ボディ内手ぶれ補正はメーカー公称値を見る限りではキヤノンが有利。レンズの協調補正にも対応しているので、特に長焦点でシャッタースピードの閾値を超えた際の安定感には違いがあると思われます。

プロセッサー

EOS R3 ILCE-1
画像処理エンジン DIGIC X BIONZ XR
RAW出力形式 14bit
RAW
C-RAW
14bit
圧縮
ロスレス圧縮
非圧縮
その他出力 HEIF HEIF
記録メディア CFexpress B×1
SD UHS-II×1
SDXC UHS-II×2
CFexpress A×2
メディアスロット 2 2
30fps連写時のRAW 14bit RAW 圧縮RAW
管理人
どちらも14bitのRAW出力に対応。ただし、α1は30fpsの高速連写時は圧縮RAW限定となり、撮影後の柔軟性には制限がかかる。一方のEOS R3は連写時におけるRAWの制限が無く(少なくともスペックシート上は)高速連写時でも柔軟なRAW現像が可能だと思われます。

メモリカードスロットには大きな違いがあり、EOS R3は高速転送が可能なCFexpress Type Bに対応。ただし、片方のスロットはSD UHS-II限定であり、書き込み速度に大きな差が発生する。SDカードがボトルネックとなったり、(書き込みカードが切り替わり)急に連写速度が低下する可能性がある点には注意が必要。

その一方でソニーはどちらのスロットもCFexpres Type AとSD UHS-IIに対応。Tyoe Bほどの高速処理に対応していないものの、両スロットでCFexpres Aカードを利用できるのは魅力的。

露出

EOS R3 ILCE-1
測光方式 384分割 1200分割
測光方式 評価測光
部分測光
スポット
中央重点
マルチ
中央重点
スポット(N/L)
画面全体平均
ハイライト重点
測光範囲 -3~20 -3~20
露出モード AUTO
FV
P
S
A
M
B
C3枠
AUTO
P
S
A
M
C3枠
常用ISO感度 100~102400 100~32000
拡張ISO感度 50
204800
50
102400
露出補正 ±3 ±5
フリッカー低減 対応
24fps連写対応
対応
30fps連写対応
DR補正 2段階 5段階
管理人
後日追記予定

オートフォーカス

EOS R3 ILCE-1
AF方式 DPCMOS AF II ハイブリッド
測距点 1053点 759点
F8対応 F22 F22
カバーエリア 最大100×100%
測距輝度範囲 -7.5~20EV
(F1.2 ISO 100)
-4~20
(F2.0 レンズ)
フォーカスモード ワンショット
サーボ
AF-S
AF-A
AF-C
DMF
MF
測距エリアモード スポット1点
1点
領域拡大4点
領域拡大8点
Flexゾーン1~3
視線入力AF
ワイド
ゾーン
中央
フレキシブル(S/M/L)
拡張フレキシブル
ロックオン
顔検出 対応 対応
瞳検出 対応 瞳AF
左右切替対応
追従特性カスタマイズ 被写体追従特性
速度変化追従性
Case1~4 Case Auto
追従感度
被写体検出機能 EOS iTR AF X
人(瞳・顔・頭部・身体)
動物(犬・猫・鳥)
スポーツカー(バイク・車)
動物瞳
鳥瞳
リアルタイムトラッキング
MFアシスト フォーカガイド
ピーキング
ピーキング
ライブビュー拡大 ×8.5
管理人

EOS R3のポイント

被写体検出機能が優れており、初動で任意の被写体を捕捉しやすく、瞬間的なシャッターチャンスに強い。ソニーは強力な追従AFを備えているものの、初動で掴み損ねることがあり、追従中に被写体を補正するのも難しい場合(顔検出や瞳検出が動作しないような状況)がある。さらに視線入力AFにより指を使わずにAFポイントの補正が可能。
毎秒120回の演算が可能なα1ほどの応答性ではないかもしれませんが、AFシステム全体の使いやすさは有利に立てる可能性あり。

α1のポイント

EOS R3のような被写体検出機能は無いものの、毎秒120回(EOS R3の2倍)のAF/AE演算能力を備え、独自の物体認識アルゴリズムを使ったトラッキングAFは確かに強力で応答性が高い。(顔や瞳を検出できない場合の)初動こそEOS R3ほどではないものの、狙った後の追従性は非常に良好。どちらかと言えば近距離で激しく動く被写体に適している印象あり。

ドライブ

EOS R3 ILCE-1
シャッター速度 1/8000~30秒 1/8000~30秒
電子先幕シャッター 1/8000~30秒 1/8000~30秒
電子シャッター速度 1/64000~30秒 1/32000~30秒
フラッシュ同調 ~1/200秒(メカ)
~1/250秒(電子先幕)
~1/180秒(電子)
FF:~1/400秒
APS-C:~1/500秒
ES FF:1/200秒
ES APS-C:1/250秒
高速連続撮影 AF/AE固定 約12.0コマ/秒(メカ)
約30.0コマ/秒(電子)
~30コマ/秒(電子)
~10コマ/秒(メカ)
高速連続撮影 AF/AE追従 約12.0コマ/秒(メカ)
約30.0コマ/秒(電子)
~30コマ/秒(電子)
~10コマ/秒(メカ)
連続撮影枚数 【電子】
RAW:150枚(CFex)
RAW:150枚(SD UHS-II)
【メカニカル】
RAW:1000枚以上(CFex)
RAW:290枚(SD UHS-II)
圧縮RAW:238
ロスレス:96
非圧縮RAW:82
シャッター耐久 50万回 50万回
低速限界設定 対応
オート 7段階
対応
オート調整あり
プリ連写機能 -
セルフタイマー 2/10秒 2/5/10秒
管理人

EOS R3のポイント

前代未聞の1/64000秒の高速シャッターに対応。大口径レンズを使った際の露出や極端な光量のシチュエーションにおいて柔軟性のある露出設定が可能。電子シャッター時の幕速はα1ほどではないものの、スピードライト使用時に1/180秒の同調速度に対応しています。

メカニカルシャッターはα1よりも少し高速な12コマ秒連写に対応。電子シャッターが実用的な両機において、メカニカルシャッターを優先して使う機会は少ないと思うものの、どうしても必要な場合は僅かに有利となる。

EOS R3はCFexpress Type Bカードを採用しており、バッファクリア速度はCFexpress Type Aを採用するα1よりも優れています。その結果もあり、電子シャッターを使った連写撮影でも150枚の連続撮影に対応。バッファが詰まった後の連写でもそこそこの枚数を稼ぐことが出来るはず。EOS R3がC-RAW(圧縮RAW)を使うことでどれほど撮影枚数が伸びるのかは不明。

α1のポイント

まず注目したいのはフラッシュ同調速度。電子シャッターにおける同調速度が低画素センサーのEOS R3よりも高速で、さらにメカニカルシャッター時に1/400秒を利用できるのが魅力的。さらにAPS-Cクロップ時は1/500秒まで利用することが出来る。

連続撮影枚数はEOS R3ほどではないものの、圧縮RAWならば高速連写でも200以上の撮影が可能となる大容量のバッファを搭載。膨大な撮影枚数が必要な場合を除いて十分なバッファ性能を備えている見て問題無いと思われます。

ファインダー・モニター

EOS R3 ILCE-1
ファインダー方式 0.5型 OLED 0.64型 OLED
ファインダー解像度(ドット) 576 944
アイポイント(mm) 23 約25mm
最大ファインダー倍率 0.76 約0.90倍
視度調整範囲 -4~+2m-1 -4~+3m-1
フッ素コーティング 対応
フレームレート 60/120fps 60/120/240 fps
モニター形式 TFTカラー TFTカラー
モニター解像度(ドット) 415 144
モニターサイズ 3.2型 3.0型
可動方式 バリアングル チルト
タッチパネル 対応 対応
サブ液晶モニタ ドットマトリクス表示パネル
管理人
後日追記予定

動画

EOS R3 ILCE-1
映像記録方式 MPEG-4 AVC/H.264
MPEG-H HEVC/H.26
音声記録方式 LPCM
AAC
LPCM
AAC-LC
記録形式 MP4
RAW
XAVC S
XAVC HS
8K 6K RAW
~60p
~2600Mbps
8K
~30p
~400Mbps
4:2:0 10bit
4K 6Kサンプリング
DCI/UHD
ALL-I/IPB
~60p
~940Mbps
5.8Kサンプリング
~120p
UHD
4:2:0 10 bit
~600Mbps
S/SI
FHD ALL-I/IPB
~60p
~180Mbps
~120p
4:2:0 8 bit
222Mbps
ハイスピード ~120fps
4K ALL-I
~240fps
動画クロップ 6K/4K DCI
フル
4K UHD ×1.06
6Kサンプリング(フル)
フル画角 8K・4K
4K 120p(10%)
5.8Kサンプリング(Super35)
連続撮影時間 最長6時間
内部記録
外部出力
4K 60p
4:2:2 10bit
HDR PQ対応
8K 4:2:0 8bit
タイムラプス動画 - -
動画撮影機能 TC/UB
ゼブラ
ピーキング
アクティブ電子IS
ハイブリッドAF
HLG
プロキシ
AFトランジション速度
AF乗り移り感度
フレキシブル露出設定
動画プロファイル Canon Log 3 PP1-PP11
(S-Log2/3)
電子手ぶれ補正 対応 対応
備考 HDR PQ
管理人
後日追記予定

作画機能

EOS R3 ILCE-1
HDR撮影 対応 HLG撮影
多重露光 2~9枚
加算
加算平均
比較明合成
比較暗合成
C-RAW対応
機能・操作優先
連続撮影優先
-
インターバル撮影 撮影間隔
回数
撮影間隔
回数
高解像撮影 - ピクセルシフトマルチ撮影
ブラケット AE/WB/フォーカス AE/WB/DRO
その他機能 ESマルチショットNR ゼブラ
ピーキング
ボディ内RAW現像 対応
HEIF→JPEG可能
-
レンズ補正 周辺光量
歪曲収差
DLO
(強め対応)
色収差
回折
周辺光量
倍率色収差
歪曲収差
回折補正
仕上がり設定 8種 10種
PP1-11
プロファイル調整機能 ・シャープネス 7段
・細かさ 5段
・しきい値 5段
・コントラスト 8段
・色の濃さ 8段
・色あい 8段
・明瞭度
コントラスト ±9
ハイライト ±9
シャドウ ±9
フェード ~9
彩度 ±9
シャープネス ~9
シャープネスレンジ ~5
明瞭度 ~9
ホワイトバランス AWB 2種
太陽光
日陰
くもり
白熱電球
白色蛍光灯
ストロボ
マニュアル
色温度
(2500~10000K)
WB補正
AWB高精度化
可視光+IRセンサー
・オート 3種
・太陽
・日陰
・曇天
・電球
・蛍光灯 4種
・フラッシュ
・色温度
(2500~9900)
・色フィルター
・カスタム 3枠
・水中オート
デジタルフィルター -
管理人
後日追記予定

インターフェース

EOS R3 ILCE-1
デジタル端子 USB 3.2 USB 3.2
Micro USB
特殊端子 1000BASE-T LAN
RJ-45
LAN 1000BASE-T
シンクロ端子 あり あり
HDMI端子 D A
外部マイク端子 3.5mm 3.5mm
ヘッドフォン端子 3.5mm 3.5mm
リモコン端子 N3 USB Micro B
ワイヤレスリモコン BR-E1 RMT-DSLR2
WiFi 802.11b/g/n/a/ac 802.11b/g/n/a/ac
2×2 MIMO
Bluetooth 5 5
NFC - 対応
GPS あり -
環境センサー - -
テザー撮影 EOS Utility Imaging Edge
フラッシュ - -
電子水準器 2軸 2軸
管理人
後日追記予定

電源・ボディ

EOS R3 ILCE-1
バッテリー LP-E19 NP-FZ100
縦位置グリップ - VG-C4EM
USB充電 PD対応 PB対応
C端子のみ
USB給電 PD対応 PB対応
C端子のみ
撮影可能枚数 620枚(EVF)
860枚(LCD)
430枚EVF
530枚LCD
ボディ材質 マグネシウム合金 トップカバー
フロントカバー
リアカバー
内部フレーム
ボディサイズ 幅 150 128.9
ボディサイズ 高 142.6 96.9
ボディサイズ 奥 87.2 80.8
質量(メディア・バッテリー含) 1015 約737g
質量(ボディのみ) 822 約652g
防塵防滴 対応 配慮した設計
動作温度 0℃~40℃
管理人
後日追記予定

比較記事

-Canon, EOS R3, EOS Rシリーズ, SONY, α1, αE シリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材比較
-,