SONY ZV カメラ 機材レビュー 海外の評価

ソニー「ZV-E10」は機能的で手ごろな価格の初心者Vloggerに最適なカメラ

Digital Camera Worldがソニー「ZV-E10」のレビューを公開。Vloggerに必要な機能が揃ったうえで、優れたAFや内蔵マイクが長所になると評価しています。手ごろな価格でエントリーしやすいVLOGCAMですね。

Digital Camera World:Hands on: Sony ZV-E10 review

技術的に新境地を開拓したわけではなく、スチルフォトグラファーが欲しいと思う機能をいくつか捨ててしまったが、初心者のVloggerにとってはとても良いカメラだと思う。4K動画、ソニーの優れたAFシステム、バリアングルモニタ、風切り音を抑えるウインドスクリーンなどを備えている。そして何より、ミラーレスの価格がどんどん上昇している中で、かなりお買い得なカメラだと思う。

カメラの紹介

  • ソニーはその新しいカメラを「ZV-E10」と呼んでいるが、これはおそらく、長く続いているα6000シリーズのカメラと区別するためだろう。
  • ソニーはポケットサイズの「ZV-1」でも同じ手法を採用しており、これは本質的に、RX100シリーズのVlogモデルだ。
  • これは賢い選択だ。α6000シリーズは、1,400ドルの「α6600」を筆頭に、これまでに何度も発売されてきたが、そのたびに値段が上がっている。
  • この新モデルは、エントリーレベルのα6100よりも低価格でありながら、Vloggerが求めるすべての機能を備えている。これは、ソニーがずっとターゲットにしてきた市場でもある。

仕様の確認

  • 2420万画素 CMOSセンサーは、α6xxxシリーズに搭載されているものと同じものだ。
  • 従来のモデルよりも横幅が数ミリ小さくなっているが、重量はほぼ同じだ。
  • Eマウントカメラとして、APS-C EマウントレンズとフルサイズのFEレンズの両方に対応している。
  • このカメラには従来機と大きな違いがある。
    ひとつは、ソニーAPS-Cミラーレスでは初めて、バリアングルモニタを搭載している。
    もうひとつの違いは、カメラの上部に3カプセルの指向性マイクを搭載していることで、カメラに付属するクリップ式のウインドスクリーンを装着可能だ。
  • また、通常のマイクソケットも装備しており、アクセサリーシューはデジタルオーディオインターフェースとしても機能する。
  • 3つ目の違いは、あまり歓迎されないかもしれないが、ファインダーがない。Vloggerやビデオグラファーはファインダーを使うことはないだろうが、静止画フォトグラファーにとっては気難しいポイントだ。

ビルド・外観

  • 既存のα6xxxはすでにかなり小型化されたシリーズだが、ZV-E10は特にコンパクトに感じる。
  • それでも、前面の程よい大きさのグリップのおかげで、手に持ったときの安心感はある。
  • このカメラにはモードダイヤルがなく、メニューシステムからモードを変更する必要があり、これも静止画撮影にはマイナスポイントだ。
  • 上部のボタンで静止画、動画、S&Qモードを切り替えるのは十分にわかりやすいが、どのモードにいるのかが一目でわかるように、物理的なレバーがあったほうがはるかにいいと思う。
  • ソニーの背面モニタはいつも小さく、この機種も同様だ。十分な機能を持っているが、それ以上ではない。このカメラを屋外で使用する場、屋外光ディスプレイモードを有効にして、そのままにしておいた方が良い。
  • 広角ズームの「E 10-18mm F4 OSS」は、自撮りVlogにおススメだ。おなじみのソニー16-50mmPZキットレンズは、ZV-E10のズームレバーと連動しているので、特に便利だ。

オートフォーカス

  • ソニーのオートフォーカスシステムは、APS-Cミラーレスカメラの中では最も優れている。
  • 静止画撮影では高速で肯定的な性能を発揮し、動画モードでも優れた性能を発揮する。
  • 顔/瞳検出AFは非常に高速で、俊敏な動きにも追従する。
  • 商品レビュー設定モードも同様に素晴らしく、カメラの前にかざした被写体に素早くピントを合わせてくれる。ただし、顔認識AFと同時に使用することは出来ない。
  • トラッキングモードは、画面上の被写体をタップするだけで作動し、被写体が一瞬見えなくなったり、フレームから出たり戻ったりしても、対象を見失うことなく、被写体にしっかりと「張り付く」ことが可能だ。

画質:

  • 静止画の画質は、ソニーのAPS-Cミラーレスに期待するものと非常に良く似ている。ラボテストで違いが分かるとは思えない。
  • キットレンズのPZ 16-50mmは、あまり期待しないほうが良い。

動画

  • 動画の品質は、一見したところ、ソニーAPS-Cミラーレスに期待していた通りのものだ。
  • サンプルカメラにはウインドスクリーンが付属していなかったので、ウインドスクリーン込みのマイクテストすることはできなかった。しかし、ソニーのZV-1ではこのウインドマフラがとても効果的であることが判明している。

総評

ZV-E10は、多くの点で冒険的ではなく、少し制限が多いと感じさえする。この2、3年でAPS-Cの4K動画技術を全くと言っていいほど強化しておらず、4K 30pでの撮影が当たり前になっている。ファインダーはなく、操作性も他のソニーのAPS-Cミラーレスカメラに比べて静止画撮影には適していない。

しかし、バリアングルモニタ、内蔵マイクとウインドスクリーン、そしてソニーのクラス最高レベルの動画AFにより、エントリーVloggerや、品質を向上させたいスマートフォン撮影者に最適だ。そして何より、カメラを初心者Vloggerが手に入れやすく、かつ必要なものをすべて備えて現実的な価格設定に仕上げている。
ZV-E10は、新境地を開拓するカメラではないが、特定のユーザーに向けた製品としては、まさに正鵠を射たものと言える。

  • 長所:
    ・AFの機能と性能
    ・バリアングルモニタ
    ・クリップオンのウインドスクリーン
  • 短所:
    ・ファインダーが無い
    ・ボディ内手ぶれ補正が無い
    ・α6xxx系と同等のスペック

とのこと。
コンパクトカメラ「ZV-1」と同程度の価格設定で入手可能なAPS-Cミラーレスカメラですね。バリアングルモニタや指向性カプセルマイクを搭載し、動画撮影向けのカメラに仕上がっています。ファインダーやモードダイヤルを搭載していないので静止画撮影には不便ですが、それでも従来のα6xxxシリーズと同様のAF性能や画質を得ることが可能。これで低価格を実現しているのは凄いですね。
DPReviewではローリングシャッターやFullHDの画質が指摘されていますが、Digital Camera Worldでは画質に関してネガティブな情報は無し。この辺りは様々なメディアの情報を確認したいところですねえ。

ソニー「ZV-E10」最新情報まとめページ

VLOGCAM ZV-E10 ボディ ブラック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
VLOGCAM ZV-E10 ボディ ホワイト
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
VLOGCAM ZV-E10 パワーズームレンズキット ブラック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
VLOGCAM ZV-E10 パワーズームレンズキット ホワイト
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

ZV-E10関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-SONY, ZV, カメラ, 機材レビュー, 海外の評価
-