「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

カメラ デジタルカメラ総合

オリンパスはフォトキナ2019で大きな発表を準備している?

Camera Jabberがフォトキナでオリンパスの杉本繁美氏へのインタビュー内容を記事として発信しています。

スポンサーリンク

オリンパスは次のフォトキナに注力か?

  • 混迷する最近のフルサイズカメラは映像業界にとって良いことと考えている。カメラへの関心を引くだけでなく、ミラーレスへの移行を促す結果となるだろう。
  • フルサイズカメラとマイクロフォーサーズは棲み分けが容易だ。サイズと重量のメリットはラージフォーマットセンサーのカメラと比べて明らかだ。
  • マイクロフォーサーズのレンズマウントはセンサーに対して2倍のサイズを持つため光学設計の自由度が高い。
  • オリンパスユーザーがハイクオリティな望遠レンズを求めていることを知っている。これは同社にとって”改善・成長”したい領域であり、近い将来新しい望遠レンズを期待できるように見える。
  • オリンパスは三脚の必要性をさらに減らし、携帯性を高めたいと思っている。これは手振れ補正の開発が重要であることを意味している。手振れ補正を強化する際にサイズと補正効果のバランスを維持することが課題となる。
  • 現在のシステムを改善するためにはセンサー・レンズの可動範囲を広げる必要があり、両方のサイズが大きくなる。しかしながら、オリンパスはカメラのサイズを維持しつつ、望遠レンズを小型軽量化できる新技術を持っている。
  • 杉本氏は新製品について何も言及はなかったが、2019年5月に開催されるフォトキナでの大きな発表は確実だ。

とのこと。

そういえば来年からフォトキナが5月開催となりますね。フォトキナ2018では静かなオリンパスでしたが100周年となる2019年は賑やかとなりそうですね。

内容を見る限りではハイグレードな望遠レンズや大口径レンズ、そしてカメラの登場が期待できそうですね。

従来の噂情報では「1月」と言う話でしたが、オリンパスは「5月のフォトキナ」で大きな発表があると述べているようです。噂情報が間違っていたのか、別の機種の話だったのか気になるところ。

オリンパス100周年記念モデルに関する情報を収集しているページはコチラ

スポンサーリンク

サイト案内情報

オリンパス関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31
フルサイズα 最大4万円 -2019/9/30 2019/10/15
APS-C α 最大1.5万円 -2019/9/30 2019/10/15
ソニーRX 最大1万円 -2019/9/30 2019/10/15
Nikon全般 最大4万円 -2019/10/7 2019/10/31
EOS R/RP/RF 最大3.5万円 -2019/9/30 2019/10/15
GFX50R&GF 最大15万円 -2019/9/30 2019/10/11
E-M1 II+PRO 最大7万円 -2019/9/30 2019/10/15
フジX・XF 最大3万円 -2019/9/30 2019/10/11
EOS Kiss M 最大5千円 -20119/9/30 2019/10/15

-カメラ, デジタルカメラ総合

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.