「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canon Canon関連の情報 カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報 海外機材情報

キヤノンはダイナミックレンジを拡張するデュアルピクセルセンサーを開発している?

THE NEW CAMERAが気になるキヤノンの特許情報をピックアップしています。

スポンサーリンク

キヤノンセンサーは将来的にダイナミックレンジが大きく拡張する?

キヤノンの新しい特許は新バージョンのデュアルピクセルセンサーを開発していることを示している。このセンサーはサブピクセルにより一回の露光でマルチショットが可能だ。従来の一眼レフ・ミラーレスと比べて高ダイナミックレンジの画像となる。

従来のデュアルピクセルCMOSはサブピクセルを使って位相差AFを実現している。今回は2画素もしくは4画素で異なる露出値の撮影を可能とし、ダイナミックレンジを拡張するために画像を合成する。

フローチャートからわかるように2度のダイナミックレンジ拡張処理後にメモリーカードへ記録されるアルゴリズムだ。

一般的に特許が正式製品となるまで1~2年ほどかかり、全ての特許が製品化するわけではない。そして、この技術が一眼レフ・ミラーレスで使われると確認は出来ていない。しかし、キヤノンはニコンやソニーと比べてダイナミックレンジの評価が低いため、重要な機能となるはずだ。

とのこと。

これがキヤノンのカメラに実装されるとしたらダイナミックレンジは大幅に拡張しそうですね。ただし、ディテールを維持しながら綺麗に合成できるのかが気になるところです。

個人的に気になったのが図のカメラ。

背面モニタ下部にボタンが配置されているカメラはEOS-1D系だと思うのですが、コレを見る限り他の要素は5D Mark IIIなのですよね。

背面モニタ左にバリアングルモニタを示すかのよな筋が2本入っています。ひょっとしたらEOS 5D Mark Vはバリアングルモニタを搭載してボタンを下部に配置するのかもしれませんね。

スポンサーリンク

サイト案内情報

キヤノン関連ページ

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Canon, Canon関連の情報, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報, 海外機材情報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.