「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canon Canon関連の情報 カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報 特許情報

キヤノンの1.5型用と思われる12-48mm F1.8-4.0の特許出願

スポンサーリンク

2019年7月22日付けでキヤノンの気になる特許出願が公開されています。どうやら1.5型用と思われるレンズのようですが…。

  • 【公開番号】特開2019-120821(P2019-120821A)
  • 【公開日】令和1年7月22日(2019.7.22)
  • 【発明の名称】ズームレンズ及びそれを有する撮像装置、撮像システム
  • 【出願日】平成30年1月9日(2018.1.9)
  • 【出願人】
    【識別番号】000001007
    【氏名又は名称】キヤノン株式会社
  •  【課題】  レンズ系全体が小型で、広画角、高ズーム比、大口径比で、しかも全ズーム範囲にわたり高い光学性能を有するズームレンズを得ること。

実施例1 実施例2 実施例3
焦点距離 12.16-47.44 12.11-47.24 12.21-47.63
F値 1.75-4.09 1.75-4.09 1.75-4.00
半画角 41.48-12.77 41.60-12.82 41.36-12.72
全長 129.97 127.99 130.53
像高 10.75 10.75 10.75
BF 13.60-9.59 14.11-10.47 15.23-10.73

像高を見るとフォーサーズセンサーのような印象を受ける実施例ですが、よく考えるとキヤノンは1.5型の「G1 X Mark II」がありましたね。G1 X Mark IIは35mm換算で24-120mm相当のF2.0-3.9となるレンズでしたが、今回の実施例では広角側が少し明るくなった代わりにズームレンジが狭くなったようです。

全長が一定なのでインナーズームタイプでしょうか。監視カメラにしてはF値の変動が大きく、そもそも1.5型と大きなセンサーでズームレンジも大きく不自然な気がします。レンズ一体型デジタルカメラにしても、35mm換算で24-100mm F1.8-4.0のインナーズームは不格好となりそうです。

手ぶれ補正の記述が見当たらないものの、文献では「一部のレンズを動かして手ぶれ補正としても良い」と言ったニュアンスの記載があります。

ちなみに似たような特許出願が「特開2019-120823(P2019-120823A)」「特開2019-120822(P2019-120822A)」と続いています。文献にはドームカバーを装着した例もあり、監視カメラを意識した特許出願なのかもしれません。

スポンサーリンク

サイト案内情報

キヤノン関連記事

特許関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Canon, Canon関連の情報, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報, 特許情報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.