「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canonレンズ Canon広角レンズ Canon標準レンズ Canon関連の情報 RFレンズ カメラ 機材の噂情報・速報 特許情報

キヤノンの減光が少ない小型軽量RF20mm F2・35mm F2・45mm F2.8と思われる特許出願

2019年9月12日付けでキヤノンの気になる特許出願が公開されています。

  • 【公開番号】特開2019-152683(P2019-152683A)
  • 【公開日】令和1年9月12日(2019.9.12)
  • 【発明の名称】光学系及び撮像装置
  • 【出願日】平成30年2月28日(2018.2.28)
  • 【出願人】
    【識別番号】000001007
    【氏名又は名称】キヤノン株式会社
  • 【課題】  小型かつ周辺光量の低下を低減させた光学系及び撮像装置を得ること。
実施例1 実施例2 実施例3
焦点距離 35.70 20.50 35.70
F値 1.85 2.06 2.88
半画角 31.22 46.54 31.22
像高 21.64 21.64 21.64
全長 81.87 90.13 60.00
BF 13.49 13.50 13.15
実施例4 実施例5 実施例6
焦点距離 44.70 35.91 16.48-33.75
F値 2.85 2.06 4.12
半画角 25.83 31.07 52.70-32.66
像高 21.64 21.64 21.64
全長 62.63 50.50 117.64-110.13
BF 13.13 15.05 11.50-29.63

スポンサーリンク

パンケーキタイプのレンズながら周辺減光の小さな光学設計を目指している模様。

これまで見てきた大口径レンズと異なり、口径が小さく小型軽量なRFレンズ用と思われる特許出願となっているようです。どのレンズもバックフォーカスを15mm前後まで切り詰め、ミラーレスを意識した設計となっていますね。像高はフルサイズをカバーしているので間違いなくEOS R用でしょう。

実施例では「35mm F1.8」「20mm F2」「35mm F2.8」「45mm F2.8」「35mm F2」「16-34mm F4」が示されています。20mm F2や35mm F2はなかなか面白そうな選択肢ですね。特に実施例5の35mm F2はレンズ構成枚数が少なく、小型かつそこそこ明るいレンズとなっています。

これら特許出願の内容がそのまま商品化することは少ないですが、EOS Rユーザーとしては期待したい実施例が多いですねえ。

スポンサーリンク

サイト案内情報

特許関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Canonレンズ, Canon広角レンズ, Canon標準レンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, カメラ, 機材の噂情報・速報, 特許情報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.