「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Samyangレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

サムヤン 12mm F2.0 NCS CSはツアイス Touitと同レベルのシャープネス【海外の評価】

更新日:

Sony Alpha Blogがサムヤン「12mm F2.0 NCS CS」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

フルマニュアルだがZeiss並のシャープネス

  • このレンズはフルマニュアルでEXIF情報は付与されない。
  • 金属鏡筒と高品質なプラスチック製のフォーカスリングだ。フォーカスリングは大きく使いやすい。
  • レンズフードはプラスチック製だ。
  • この画角としては珍しく67mmサイズのフィルターを使用する。
  • シャープネス:α6000
    ・中央:F2~F8までexcellent、F11でvery good、F16で回折の影響がある。
    ・四隅:F2でまずまずだがF4でgoodとなる。F8でピークのvery goodとなる。
    ・端:F2でvery good、F4~F8でexcellentだ。
    ・中央から周辺部まで見事なシャープネスを発揮し、四隅でやや低下するがF5.6まで絞ればとても良好である。
  • 周辺減光はF2で目に見えるが、F4付近で解消する。
  • 色収差はゼロに近い。
  • 歪曲はLightroomのレンズプロファイルで簡単に解消する。
  • フレア耐性はとても良好だ。
  • F11まで絞ると素敵な光芒が発生する。
  • 広角レンズとしては後ボケがとても柔らかい。
  • 発色はとても良好だ。
  • 動画撮影時のマニュアルフォーカスは簡単だが、絞りリングにデクリック機構が無い。

このレンズはとても良好な広角レンズで強くおススメできる。TouitはAF搭載だが高価で本レンズのシャープネスは同程度だ。

長所:優れた中央シャープネス・とても良好なフレーム端のシャープネス・小型軽量・程よい価格設定・柔らかい後ボケ・低色収差・逆光耐性・歪曲はレンズプロファイルで完璧に補正される・67mmフィルター

短所:周辺減光はF2で補正が必要なレベル・四隅まで良好なパフォーマンスを発揮するにはF8まで絞る必要がある・マニュアルフォーカス・デクリック機構無し

とのこと。

中央は開放から良好で四隅は開放でやや甘いようですが、F5.6あたりまで絞ると実用的な解像性能まで改善するようです。これはLenstipも似たような評価ですね。

他のレビューではコマ収差や非点収差が良く補正されているので星空の撮影に使いやすそうなレンズです。

12mm F2.0 NCS CSのレビュー作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

12mm F2.0 NCS CS
CanonEF-M(ブラック) 楽天市場
Amazon
Yahoo
CanonEF-M(シルバー) 楽天市場
Amazon
Yahoo
Fuji X(ブラック) 楽天市場
Amazon
Yahoo
Fuji X(シルバー) 楽天市場
Amazon
Yahoo
SonyE(ブラック) 楽天市場
Amazon
Yahoo
SonyE(シルバー) 楽天市場
Amazon
Yahoo
MFT(ブラック) 楽天市場
Amazon
Yahoo
MFT(シルバー) 楽天市場
Amazon
Yahoo
フィルター購入早見表
プロテクト C-PL ND ソフト
X-CAP

サイト案内情報

Samyangレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

-Samyangレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価