「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Samyangレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

サムヤン35mm F1.2 ED AS UMC CSはソニーAPS-C Eマウントで最高の35mm【海外の評価】

更新日:

Sony Alpha Blogがサムヤンの交換レンズ「35mm F1.2 ED AS UMC CS」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

F1.2から四隅まで実用的な性能のレンズ

  • 絞りリングを備えたフルマニュアルレンズである。
  • フォーカスリングは幅広く、理想的な抵抗感でとても操作しやすい。
  • 絞リングはクリックストップがある。
  • 金属製で良好なビルドクオリティの鏡筒だ。
  • シャープ:
    ・中央:F1.2でgood、F2でvery good、F2.8-F8はexcellent、F11で回折の影響が出始める。
    ・四隅:F1.2でgood、F2でvery good、F2.8-F8はexcellent、F11で回折の影響が出始める。
    ・四隅はF1.2で既に中央と同じくらい良好であり優れたパフォーマンスである。
  • 周辺減光はF1.2で少し発生するが、F4まで絞ると無視できる。
  • 色収差はとても少なく、私は見つけることが出来なかった。
  • 歪曲はゼロに近い。
  • フレア耐性はとても良好だ。
  • 玉ボケは問題無いが完璧な丸ではない。
  • 後ボケはとても良好で滑らかだ。
  • 発色はとても良好だ。

サムヤン 35mm F1.2 AS UMC CSはずば抜けたレンズだ。

長所:小型・F1.2から完全に実用となる良好なシャープネス・中央と同程度にシャープな四隅・色収差が無い・ほぼゼロ歪曲・周辺減光が少ない・フレアが発生しない・とてもクリーミーなボケ

短所:マニュアルレンズ・全ての条件で完璧ではない玉ボケ

光学性能はシグマ30mm F1.4 DC DNより優れているが、オートフォーカスに対応するシグマを買う人は多いはずだ。もしマニュアルレンズで問題無ければソニーAPS-C E-mountにおける最高の35mmである。

とのこと。

とても良好な光学性能を持つレンズのようですね。特に絞り開放から四隅まで実用的な描写性能を持つF1.2レンズはマニュアルレンズながら汎用性が高そうです。

同レンズをePHOTOzineは同じように評価し、Focus Numeriqueは「解像性能はシグマのほうが良好」と評価しています。どちらも「強くおススメできるレンズ」と評価している点は同様の模様。

価格はシグマ30mm F1.4 DC DNよりも高いのが悩ましいところ。

35mm F1.2 ED AS UMC CSのレビュー・作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

マウント 楽天市場 Amazon Yahoo KenkoTokina
CanonEF-M 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報 新品情報
Fuji X 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報 新品情報
SonyE 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報 新品情報

サイト案内情報

Samyangレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Samyangレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価