「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Leica カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報 機材レビュー 海外の評価

Leica TL2のダイナミックレンジはAPS-Cトップでα7 IIIと互角となるエリアも【海外の評価】

Photons to Photosがライカのミラーレスカメラ「TL2」のダイナミックレンジテストの結果を公開しています

スポンサーリンク

APS-Cトップクラスどころか…

「ライカTL2」は、新開発のAPS-CサイズCMOSセンサー(2400万画素)を搭載し、高性能なイメージプロセッサー「LEICA MAESTRO II(ライカ・マエストロ・ツー) 」との組み合わせにより、幅広いダイナミックレンジ、高コントラストかつ優れた色再現性で、ディテールまでシャープ描写します。(Leica TL2 公式ウェブサイト

低感度のダイナミックレンジはAPS-Cでトップクラス、ISO800以降はα6500やX-T2と比べて0.5~1EVほど差を開くぶっちぎりのパフォーマンス。(2400万画素に合わせるためX-T3では無く、あえてX-T2です)そして、フルサイズ「α7 III」と同程度というのは凄いですね。

TLやTと比べた場合の差は明らかで「一体全体どうしちゃったのライカさん?」とでも言いたくなるような状況ですね。凄い。

最後の画像で示したように「アクセラレータユニット」を搭載したPENTAX K-70やPENTAX KP並となっています。これらはRAW出力の段階でノイズリダクションを施していると言われていますが、Leica TL2が同様の機能でダイナミックレンジを向上させているのか気になるところですね。(単純に新型センサーの性能という可能性はもちろんあります)

ライカLマウントはパナソニック・シグマと「Lマウントアライアンス」を発表し、シグマはAPS-Cレンズの登場も示唆していますね。TL2互換のシグマレンズが登場して今以上に馴染みやすいカメラシステムとなるかもしれません。

今後に期待大。

スポンサーリンク

Leica TL2

ライカ Lマウントシステムの一覧表はコチラ

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31
フルサイズα 最大4万円 -2019/9/30 2019/10/15
APS-C α 最大1.5万円 -2019/9/30 2019/10/15
ソニーRX 最大1万円 -2019/9/30 2019/10/15
Nikon全般 最大4万円 -2019/10/7 2019/10/31
EOS R/RP/RF 最大3.5万円 -2019/9/30 2019/10/15
GFX50R&GF 最大15万円 -2019/9/30 2019/10/11
E-M1 II+PRO 最大7万円 -2019/9/30 2019/10/15
フジX・XF 最大3万円 -2019/9/30 2019/10/11
EOS Kiss M 最大5千円 -20119/9/30 2019/10/15

-Leica, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.