「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

OLYMPUS OM-D OM-D E-M1 Mark II OM-D E-M1X カメラ 機材レビュー 海外の評価

オリンパスWorkspaceのUSB RAWは超高速ワークフローを実現する素晴らしい機能【海外の評価】

投稿日:

Robin Wongがオリンパスのミラーレス「OM-D E-M1X・E-M1 Mark II」ので実装されたUSB RAW機能についてレビューを掲載しています。

  • Olympus Workspace(Ver1.1)にUSB RAWという新機能が追加されている。USBケーブルを介してカメラをパソコンと接続することで、カメラ内のTruePic VIIIエンジンを使ってRAW現像することが可能となる。現在この機能はOM-D E-M1XとE-M1 Mark IIのみ利用可能だ。
  • USB RAWを利用するためにはWorkspace Ver1.1とE-M1 Mark II Ver3.0以降、E-M1X Ver1.1以降が必要だ。
  • カメラにUSBを接続し「USB RAW」を選択するとWorkspace側で認識される。
  • このモードではカラーエディット・霞の除去・明瞭などの機能は利用できない。
  • Workspace単体だと手持ちのパソコンではRAW現像にとても時間がかかる(デスクトップで3~5秒、ノートで10秒)。しかし、USB RAWモードだと1つのRAWファイルを1秒以内で現像可能であり、複数の現像でも同じ速度となる。これは生産性において飛躍的な改善効果を得ることが出来る。
  • TruePic VIIIの処理能力を考えると驚くべき結果ではない。
  • 商用カメラマンにとって、携帯性の高いノートパソコン(パフォーマンスはデスクトップに劣る)で素早く編集できる機能はとても便利である。
  • Intel Core i3+4GB RAMのノートパソコンの場合は大幅に処理時間が短縮される。
  • 高機能なソフトウェアと比べると機能的に見劣りするが、この高速性を見逃すことは出来ない。
  • USB RAWにおけるもう一つのメリットは、RAWファイルをパソコンへ移行する必要が無いことだ。カメラ内のSDカードから直接編集することが出来る。これほど高速なワークフローは他に無いはずだ。

とのこと。

私もE-M1Xと組み合わせて使ってみましたが、確かに使いやすそうな機能ですね。Workspaceで気になっていた拡大プレビューの遅延はほとんど発生せず、RAW現像は非常に高速でした。

カメラ内のSDカードを直接編集できるのは面白いですね。私はこの活用方法を見落としていたので、どこかで実践してみたいところ。

サイト案内情報

オリンパス関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

現在のキャッシュバックキャンペーン一覧表

キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
GFX50R&GF 最大15万円 -2019/9/1 -2019/9/17
ツアイス ミラーレス 最大2万円 -2019/8/18 -2019/8/21
E-M1 II+PRO 最大7万円 -2019/9/30 -2019/10/15
フジX・XF 最大3万円 -2019/9/1 -2019/9/17
RX100シリーズ 5千円 -2019/7/28 -2019/8/13
Sony α7 最大3万円 -2019/7/28 -2019/8/13
Sony APS-C α 最大1.5万円 -2019/7/28 -2019/8/13
EOS Kiss M 最大5千円 -20119/9/30 -2019/10/15
Nikon Z 最大4万円 -2019/7/29 -2019/8/23

-OLYMPUS, OM-D, OM-D E-M1 Mark II, OM-D E-M1X, カメラ, 機材レビュー, 海外の評価