Canon Canon関連の情報 EOS Rシリーズ カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

「EOS R3」登場後はEOS RP後継モデルやAPS-C EOS Rが登場する?

Canon Rumorsが「CR1」と低い格付けでEOS Rカメラについて噂情報を発信。EOS R3登場後は低価格のカメラボディに注力し、EOS RP後継モデルが登場するのだとか、そしてAPS-Cカメラについても言及しています。

Canon Rumors:After the EOS R3, Canon will introduce new “affordable” RF mount cameras [CR1]

EOS R3が話題となっており、来年末にEOS R1が登場するまで、キヤノンのRFマウントのフラッグシップカメラとなるだろう。

私は、EOS R3が発売され、サプライチェーンの問題が解決された後、キヤノンはRFマウントの下位機種に注力すると聞いている。

キヤノンEOS RPの後継機が登場するが、これは明らかにRFラインアップの新しいエントリーレベルのカメラになるだろう。このカメラの価格は積極的なものになる。

RFマウントのAPS-Cセンサー搭載モデルも「準備中」だ。価格的にはEOS RP後継機の上に位置し、RFマウントのラインアップの中で最も小さなカメラになる。

行間を読むと、APS-C RFマウントカメラが、多くの人が期待しているEOS 7Dシリーズの後継機になるとは思えない。私の読みが間違っているかもしれないが、現時点ではそのように感じている。個人的に、EOS M6 Mark IIやEOS M5のRFマウント後継機の方が、ミラーレスの7Dシリーズよりも現在の市場では売れると思う。
また、EOS Rの直接的な後継機については、実現しそうにない。価格的にはEOS RPの後継機とEOS R6の間にもう1機種あるかもしれないが、そのようなカメラの話は聞いていない。

とのこと。
以前から囁かれているEOS RP後継モデルに関する噂ですね。「CR1」と低い格付けのため、割り引いて聞いておく必要がありそうです。

EOS RPはEOS R登場後の2019年に投入されたカメラであり、既存のイメージセンサーやプロセッサを使ってコストを抑えた手ごろな価格のモデルです。正直なところセンサーが古く、ダイナミックレンジは期待できませんが、フルサイズらしい高感度ISO性能は今でも現役。私も以前に使用していました、当時は小型軽量レンズが少なく、アダプター経由でEFレンズと組み合わせる必要性が高かったように感じています。
しかし、売り出し価格は他社を含めてフルサイズミラーレスで最も安く、今ではキャッシュバックキャンペーンを組み合わせることで10万円切りそうな値段で購入することが出来ます。エントリーモデルとしては非常に優れたカメラに違いありません。

EOS RP

個人的に、このカメラを急いでアップデートする必要な無いように感じますが、より小さなカメラボディで携帯性に優れているとしたら魅力的。EOS RPは軽量ですが、思ったよりも大きいのですよね。(そのぶんグリップはしっかりとしている)

さらに気になるのは「APS-C EOS R」の噂。いつか登場するだろいうとは思っていましたが、思っていたよりも早くなりそうです。どのようなコンセプト・位置づけのカメラとなるのかまだ分かりませんが、Canon Rumorsが言及しているようにEOS MシリーズのM6 Mark IIやM5と同クラスのカメラとなるのかもしれませんね。

まだAPS-C用のRFレンズはありませんが「RF50mm F1.8 STM」や「RF35mm F1.8 IS Macro STM」などはAPS-Cでも使いやすそうなサイズに仕上がっています。さらに専用レンズや小型軽量なフルサイズ用レンズが増えると良いですねえ。

EOS Rカメラに関する噂

ボディ

  • EOS R3
    ・開発発表済み
  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS RPに代わる新しいエントリーモデル
    ・EOS RPよりも低価格
    ・2021年前半
    ・999ドル以下
    ・製造上の問題で遅れる可能性あり
  • EOS RP後継の上位ボディ
    ・EOS RPよりも高価
    ・EOS R6とRPの中間
    ・製造上の問題で遅れる可能性あり
  • APS-C RF
    ・2021年発表の可能性がある
    ・2021年後半
    ・静止画と動画の両方で訴求力がある
    ・EOS RPより小さくなるわけではない
    ・RF-Sレンズの計画はない
    ・新型APS-Cセンサー
    ・新型APS-Hセンサー
    ・2000万画素・3250万画素・4500万画素のプロトタイプが存在する
    ・DIGIC Xプロセッサ
    ・デュアルピクセルCMOS AF II
    ・4K UHD 60p・Full HD 120p・10Bit内部記録
    ・5軸ボディ内手ぶれ補正
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF24mm f/1.8 IS STM Macro
    ・コンパクトな広角マクロは第4四半期に登場予定だった
    ・計画は2022年まで延期された
  • RF100-400mm f/5.6-7.1 IS USM
    ・このコンシューマーグレードのレンズは2021年第2四半期の終わりに発表される予定だった
    ・少なくとも6か月は延期された
  • RF35mm F1.2 L USM
    ・2021年Q4
  • RF300mm F2.8
    ・2022年
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年
  • RF200-500mm F4 L IS USM
    ・2022年

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-Canon, Canon関連の情報, EOS Rシリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER