Canon Canon関連の情報 EOS R3 EOS Rシリーズ カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

キヤノン「EOS R3」は次世代のDPAFや”解像度のトリック”を搭載している

Canon Rumorsが「CR2」と中程度の格付けで開発発表されているキヤノン「EOSR3」に関する噂情報を発信。まだまだ曖昧な情報が多いようですが、センサーとAFに関する話題があるようです。

Canon Rumors:Let’s talk about the Canon EOS R3 [CR2]

キヤノンが「EOS R3」をどのようなカメラとして計画しているのか、少し漠然とした情報を受け取った。

最初の質問の一つは、EOS R1があるかどうかだ。その答えはイエスだが、EOS R1のために貯金し始めるのは時期尚早だ。すぐには登場しない。私は東京オリンピックの前にR1の開発発表があるのではないかと推測していたが、それはEOS R3のようだ。

また、ある有力な情報源から、非常に曖昧な表現でいくつかのことを聞いている。

撮像素子は全く新しいものであり、積層型裏面照射型の撮像素子であることが判明している。キヤノンから聞いた話以外に、このカメラには「解像度のトリック」があると聞いている。ピクセルシフトか何かを搭載するのだろうか?

2つ目の情報として、AFシステムは「次世代のデュアルピクセル CMOS AF」と聞いている。これは当然のこととして、EOS R3にはクアッドピクセルAFが搭載されると考えている。キヤノンのマーケティングでは「DPAFを搭載する」と言っているが、それは進化する可能性があるものだ。

キヤノンがEOS R3についてより情報を公開し、テスターなどの手にカメラが渡るまでは、リーク情報がかなり曖昧なものになりそうだ。

とのこと。
まだ漠然とした情報しか入ってこないようですね。テスターにもカメラが行き渡っていない模様。

「解像度のトリック」が1D X Mark IIIのように特殊なローパスフィルターを搭載するのか、手ぶれ補正を活用したピクセルシフト系の撮影機能に対応するのか、もしくは全く新しい機能を搭載するのか気になるところ。「trick」と記述しているので、魔法のように見える新機能でしょうか?

今のところプレスリリースで「デュアルピクセル CMOS AF」により、高速・高精度・広範囲なAFを提供する」と述べており、「次世代のAF」でクアッドピクセルAFを期待するのは時期尚早な気がします。リリース通り、アルゴリズムの強化がメインとなるのではないかなと。

いずれにせよ、EOS R3のスペックを語るには早すぎるようですね。オリンピックで試作品をテストするとしたら、夏以降は徐々にリーク情報が増えてくるのかもしれません。

最新情報と噂のまとめ

キヤノン「EOS R3」最新情報・噂まとめページ

開発発表

  • 自社製フルサイズ裏面照射積層CMOSセンサー
  • 高性能映像エンジン DIGIC X
  • 電子シャッター 最高30コマ/秒のAF・AE追従撮影
  • 瞳と胴体を検知機能を追加
  • 視線入力対応ファインダー
  • EOS-1D系と同等の防塵・防滴性能
  • 縦位置グリップ一体型
  • Mobile File Transfer対応
  • ハイアマチュアモデル(プロモデルではない)

  • 「解像度のトリック」
    ・ピクセルシフトマルチショット?
  • 次世代のデュアルピクセル CMOS AF

参考:開発発表時のプレスリリース

PRTIMES:フルサイズミラーレスカメラ“EOS R3”を開発 高速・高感度・高信頼性によりユーザーの撮影領域を拡大

現在開発中の“EOS R3”は、高速・高感度・高信頼性をコンセプトとしたモデルです。デジタル一眼レフカメラのフラッグシップ機「EOS-1D X Mark III」(2020年2月発売)に代表される「EOS-1」シリーズと、フルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」(2020年7月発売)に代表される「EOS 5」シリーズに加え、新しいラインのカメラとして投入予定です。動体撮影を含む静止画、動画撮影ともに本格的な作品づくりを行うプロやハイアマチュアユーザーのニーズに応えるカメラを目指しています。

EOSシリーズ初搭載となる、新開発の35mmフルサイズ裏面照射積層型CMOSセンサーによる高速読み出しと、映像エンジン「DIGIC X」の高速画像処理により、電子シャッター撮影時においてAF/AE 追従で最高約30コマ/秒(※1)の高速連写と高感度を両立しています。加えて、電子シャッターによる像の歪みを大幅に抑制するとともに、室内や夜景など暗いシーンでもノイズを抑えた動体撮影を実現しています。また、各画素が撮像と位相差AF の両方の機能を兼ねる「デュアルピクセル CMOS AF」により、高速・高精度・広範囲なAFを提供するとともに、ディープラーニング技術を活用したアルゴリズムの強化により、人物の頭部・瞳の検出機能の向上と新たに胴体の検出を実現し、ポートレートや被写体の動きが大きいスポーツなどの撮影シーンでも高い被写体追尾性能を発揮します。新たに検出が可能となる被写体の追加に向けた開発も進めています。さらに、キヤノンのデジタルカメラで初めて視線入力機能(※2)を搭載し、静止画撮影時において、ファインダーを覗いた瞳の動きに合わせてAFフレームを動かすことができるため、ピントを合わせる被写体を素早く切り換えながら快適な撮影が可能です。

「EOS-1」シリーズで培った防じん・防滴性能や、縦位置グリップ一体型ボディーなど、信頼性と操作性を踏襲するとともに、本日発表したプロの撮影現場におけるワークフローの高速化に寄与するモバイルアプリケーション「Mobile File Transfer(※3)」に対応し、プロの高いニーズに応えます。

「EOS Rシステム」は、今後も魅力的なカメラと「RFレンズ」のラインアップを拡充することで、ユーザーの撮影領域の拡大を目指していきます。

※1 組み合わせるレンズや撮影条件によっては連続撮影速度が低下する場合があります。
※2 サングラスやミラーサングラスなど特殊コーティングが施された眼鏡、ハードコンタクト、遠近両用メガネを使用した場合や、目の大きさやまぶたの厚さ、まつ毛の長さなどの個人差や、使用環境などにより、視線入力機能が使用できないことがあります。
※3 iOSのみに対応。“EOS R3”に対応するバージョンは有償。有線・無線接続に対応し、有線接続には通信に対応したUSBケーブルが別途必要です。
* IOS は、米国およびその他の国々における Cisco 社の商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。

ハイライト

  • 自社製フルサイズ裏面照射積層CMOSセンサー
  • 高性能映像エンジン DIGIC X
  • 電子シャッター 最高30コマ/秒のAF・AE追従撮影
  • 瞳と胴体を検知機能を追加
  • 視線入力対応ファインダー
  • EOS-1D系と同等の防塵・防滴性能
  • 縦位置グリップ一体型
  • Mobile File Transfer対応

参考リンク

EOS R3関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-Canon, Canon関連の情報, EOS R3, EOS Rシリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER