M10 mono カメラ ライカ

ライカM10モノクローム データベース

このページではレンズ交換式カメラ「ライカM10モノクローム」の情報を収集しています。

最新情報

  • 2020-01-18:ライカが「ライカM10モノクローム」を正式発表しました。18日未明現在で国内における予約販売は開始されていません。

データベース

レビュー

作例

参考サイト

購入早見表

メモ

  • 3代目モノクロセンサー搭載モデル
  • 4000万画素モノクロCMOSセンサー
  • ISO 160-10000
  • MAESTRO II 画像処理エンジン
  • ~1/4000秒
  • ライカM10-Pがベースの仕様
  • WiFi内蔵
  • 歴代M型ライカで最も静かなシャッター音
  • 3.0型104万ドット液晶モニタ
  • 外付けEVF対応
  • マグネシウム合金ボディ(上下プレートは真鍮製)
  • 139×80×38.5mm・660g
ライカM10モノクローム(現在は簡易検索リンクです)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

海外の評価

DPReview:所感

Why Leica's M10 Monochrom is more than just a gimmick

  • 同社で3代目となるモノクロセンサー搭載モデルだ。従来の2400万画素では無く、全く新しい4000万画素センサーを使用している。
  • モノクロセンサーはデモザイクの必要性が無いので、画素を補間する必要が無い。このため、とても良好なディテール描写となる。
  • カラーフィルターは2色の光を吸収するため、モノクロセンサーと違い1EV暗くなる。このため、モノクロセンサーは低照度時にカラーセンサーより1EV良好な高感度画質を得ることが可能だ。ダイナミックレンジも同様である。
  • 4000万画素センサーの性能は未知数だ。従来の2400万画素モノセンサーは優れているが、D750などのカメラを僅かに下回っている。
  • ライカは「ゼロから設計されたセンサー」と述べているが、これには懐疑的だ。M10モノクローム専用センサーの開発費をこのカメラだけで賄うことは想像できない。

DPReview:Why Leica's M10 Monochrom is more than just a gimmick

サイト案内情報

ライカM10モノクローム関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-M10 mono, カメラ, ライカ

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~